「春を背負って」のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「春を背負って」のネタバレあらすじ結末と感想

春を背負っての概要:笹本稜平による同名小説を『剱岳 点の記』の木村大作監督が映画化した作品。立山連峰を舞台に、主人公・亨が山小屋主人として人生を再出発する様子が描かれている。1年かけて実際に立山連峰の四季折々が撮影された。

春を背負っての作品情報

春を背負って

製作年:2014年
上映時間:116分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:木村大作
キャスト:松山ケンイチ、蒼井優、檀ふみ、新井浩文 etc

春を背負っての登場人物(キャスト)

長嶺亨(松山ケンイチ)
子供の頃から父・勇夫と一緒に山へ登っていたが、大人になり、東京でトレーダーとして働く。父の訃報を聞き田舎へ戻った亨は、父の山小屋を継ぐことを決心する。
長嶺勇夫(小林薫)
亨の父で、立山で「菫小屋」という山小屋を経営している。滑落した登山客を助けた際、岩に頭をぶつけて亡くなってしまう。
長嶺菫(檀ふみ)
亨の母。山の麓で民宿を営む。年を取っても美しく、勇夫の自慢の嫁であった。
高澤愛(蒼井優)
1年前から山小屋で働く若い女性。冬の間は菫の民宿を手伝っている。明るい性格で、料理が得意。
多田悟郎(豊川悦司)
通称ゴロさん。勇夫の大学山岳部の後輩。長髪の風来坊。勇夫のことを慕っていたため、勇夫の死後菫小屋に訪れ、山に不慣れな亨をサポートする。
中川聡史(新井浩文)
亨の幼馴染。家具職人の父の跡を継いでいる。結婚しており、小さな息子もいる。
須永幸一(池松壮亮)
関西弁の就活生。登山が趣味で1年前も菫小屋に来ており、悟郎に「おおめしくん」というあだ名をつけられるほど大食い。

春を背負ってのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『春を背負って』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

春を背負ってのあらすじ【起】

20年前。親子が雪山を登っている。小学生ぐらいの少年・長嶺亨が滑って転げ落ちてしまい、父・勇夫がザイルを引っ張って亨を手繰り寄せる。勇夫は意気消沈した亨の頬を叩き「しっかりしろ」と言った。

2人は標高3000メートル地点の山小屋・菫小屋に到着した。雪に埋もれた菫小屋の中に入ると、テーブルやイスなど全てが凍っていた。その景色を亨は「寒い」「怖い」と思った。

大人になった亨は、東京に出てトレーダーとして働いている。次の日までに資料を作るよう指示された亨は、徹夜で作業をしていた。朝になり、亨は母からの留守電に気付いた。その内容は、父が遭難した人を助けようとして死んだというものだった。

亨は作成した資料を提出し、上司から「期待している」と言葉をかけられた。

そして、そのまま実家へと向かったが、事故渋滞にはまってしまって車がなかなか進まない。

亨が遅れて到着し、父の祭壇の前へ行くと、2人の救助隊が土下座をした。彼らが勇夫に応援を頼んだのだという。2人の話によると、勇夫は滑落した登山者をかばい、岩に頭をぶつけたのだという。

春を背負ってのあらすじ【承】

後日、亨の母・菫と1年前から菫小屋で働く若い女性・高澤愛と共に、亨は菫小屋へ行った。麓では山桜が咲いているが、山にはまだ雪が残っている。亨は久々の登山に息が上がっている。

菫が小屋を別の人へ譲ると言い出すと、亨は自分が小屋を継ぐと言った。菫の反対を押し切り、亨が東京の仕事を辞めて小屋を継ぐことになった。

亨は幼馴染の聡史の家へ行き、菫小屋を継ぐことを話した。聡史は「小屋を継ぐことは勇夫さんの夢も背負うこと」だと言った。家具職人の父の跡を継ぐ聡史は、自分は父親にはまだまだ敵わないと言っている。

菫小屋へ食材を運ぼうとする亨だが、重い荷物を一気に運ぶことはできなかった。仕方なく3箱ほど段ボールを残し、亨は山を登り始めた。一人の男が亨を追い越して行き、「一歩一歩負けないように」と亨にアドバイスした。彼は亨が残してきた段ボールを背負っている。

亨とその男が菫小屋へ到着すると、愛が「ゴロさん!」と嬉しそうに叫んだ。男は多田悟郎といい、勇夫の大学の山岳部での後輩にあたるという。悟郎は夢で勇夫から亨のことを任されたと言った。

菫小屋は登山客で賑わい、不慣れな亨を愛と悟郎がサポートしている。

春を背負ってのあらすじ【転】

雨の強い日、亨と悟郎が食材を取りに山を下りていると、小屋に残っている愛から連絡が入った。小屋の近くの沢に迷い込んだ人がいるらしいので、愛が助けに行くというのだ。連絡を受けた亨は、荷物を悟郎に任せ、一人先に山へ戻った。愛は若い女性を保護し、暴風雨の中、亨の到着を待った。亨は無事二人を発見し、菫小屋へ避難させた。

ある日、関西弁の若い男・須永幸一が菫小屋へやってきた。愛は彼のことを「おおめしくん」と呼んでいる。去年も菫小屋へやって来たという須永は、現在就活中で、願掛けの意味も込めて今回は登山をしているという。

低気圧が近づいており、亨は須永に下山するか、出発を遅らせるよう頼んだ。しかし、須永は言うことを聞いたように見せかけ、裏口からこっそりと抜け出した。

亨の言った通り、低気圧がやってきて天気は大荒れとなった。須永から電話を受けた亨と愛は、彼を探しに向かった。

岩場に仰向けに倒れている須永を発見した亨は、怪我している須永の足に応急処置をした。救助隊も駆けつけ須永は無事助けられたが、亨は強く責任を感じた。そして、山小屋には登山客を無事下山させる使命があると亨は思った。

春を背負っての結末・ラスト(ネタバレ)

亨は小屋の2階のスペースに個室を作ることを提案した。愛も悟郎も賛成し、悟郎は亨に「山小屋の主人らしくなってきたな」と言った。

3人でお酒を飲んでいると、愛が自分の話をし始めた。3年前に認知症の父が亡くなり、母も後を追うように亡くなったのだという。愛は自分のことを分かってくれる人がこの世に誰もいなくなったと感じた。

愛は両親が出会った立山に来たが、遭難してしまった。そこへ勇夫が現れ、助けてくれた。そして、愛は菫小屋に自分の居場所を見出したのである。

小屋仕舞いの日、聡史が自分で作った椅子を亨に持って来てくれた。

その時、愛が2階で倒れている悟郎を見つける。電話で救助隊を呼び、医師に症状を話すと、脳梗塞の可能性があるという。3時間がリミットだと聞いた亨は、自分が背負って行くと言った。

亨が悟郎を背負い、愛と聡史が亨をサポートしながら3人は雪の山道を急いだ。亨の体力も限界に達したころ、救助隊と合流した。

亨、愛、聡史、菫が菫小屋にいると、悟郎が杖をついて登場した。みんなが悟郎を歓迎する。

亨は愛をみんなから少し離れた所に連れて行き、愛の手を取った。二人は楽しそうに笑っている。

この記事をシェアする