映画『捜査官X』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「捜査官X」のネタバレあらすじ結末と感想

捜査官Xの概要:1917年中国雲南省のリウ村で事件が起こった。紙職人のジンシーと強盗犯達が揉み合いになり、その強盗犯達が亡くなってしまうという事件だった。捜査官のシュウ・バイジュウはこの事件を調べ、いくつかの不思議な点を発見する。

捜査官Xの作品情報

捜査官X

製作年:2011年
上映時間:115分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ピーター・チャン
キャスト:ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング etc

捜査官Xの登場人物(キャスト)

リュウ・ジンシー / タン・ロン(ドニー・イェン)
リウ村で暮らす、紙職人。本当は「七十二地刹」という名の暗殺集団のナンバー2であり、ボスの実子。リウ村では皆から好かれている。
シュウ・バイジュウ(金城武)
捜査官。かつて同情して放免した少年に毒を盛られ、殺されかけたことがある。それをきっかけに人を信じられなくなり、法を順守するようになる。リウ村で起こった事件を担当する。人体のツボに詳しい。
アユー(タン・ウェイ)
リュウ・ジンシーの妻。前夫との間に息子が1人と、ジンシーとの間に息子が1人いる。前夫が突然出て行ったことがトラウマになっており、ジンシーに家族のことや生い立ちなど、詳しく追及できずにいる

捜査官Xのネタバレあらすじ

映画『捜査官X』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

捜査官Xのあらすじ【起】

1917年中国雲南省のとある小さな村。リュウ・ジンシーは紙職人として働きながら、妻と2人の子供と共に穏やかな日々を送っていた。ある日、男2人の旅人が両替商に現れ、金を強奪しようとした。店主は抵抗したため、ボコボコに殴られてしまう。その場に偶然居合わせたジンシーは、1人の男にしがみつき店主を守った。もう1人の男が刀を振り回しジンシーを攻撃しようとするが、中々当たらなかった。それでも旅人達は攻撃の手を止めずにいると、1人は棚に当たって死亡した。ジンシーはもう1人の男に池の中に引き摺られて殴られるが、突然男は動くのを止め、そのまま亡くなった。

警察による司法解剖が行われた。死体の1つは手配中の盗人、イェン・ドンシェンだった。イェンの手口は残忍極まりなく、多くの凶悪事件を起こしていた。3日前警察は一度逮捕したのだが、逃げられていた。知事は自分の県で凶悪犯を始末してくれたジンシーに感謝した。だが、捜査官のシュウ・バイジュウは、凶悪犯を始末したジンシーに疑念を持った。

1917年立夏。バイジュウはリウ村を訪れ、両替商で起こった事件の調査を行った。イェンは武術に長けており、丸腰の紙職人が簡単に倒せる相手ではなかった。村人に話を聞くと、ジンシーはリウ村の生まれではないことが分かった。ゴン村で生まれ、家は屠畜人の仕事をしていた。

バイジュウがイェンの遺体を調べ直すと、目が充血していた。それは、脳が衝撃を受けた証拠だった。こめかみの下には迷走神経があり、心臓の働きを司るツボがあった。衝撃を受ければ心臓は停止するのだが、素手で迷走神経を断ち切るのは普通の人間では無理だった。バイジュウの脳裏には3人の逃亡犯が浮かんだ。優秀な武官だったが残虐な性格により罷免されたファン・リーショウ、強盗を働いたら証人を残さない非道な男ジャオ・イーグアン、刀の達人で凶暴な男ブー・ユエン。

捜査官Xのあらすじ【承】

バイジュウはかつて犯人に同情し、悲惨な目に遭ったことがあった。養父母の金を盗んだ少年を捕まえ放免にしたのだが、その少年は食事に毒を盛ったのだ。養父母は死に、バイジュウの体には毒が残った。それから、バイジュウは人を信じられなくなり、法と物を重視するようになった。

バイジュウはジンシーの妻のアユーに話を聞きに行った。だが、アユーはジンシーの生い立ちについて、あまり知らないようだった。前夫はアユーと子供を残し、突然家を出て行っていた。アユーはその時のことがトラウマになり、ジンシーに深く追求できずにいるのだ。

小暑、バイジュウは初めてジンシーを尋問した。バイジュウはジンシーの話と両替商に残されていた足跡を見て、ジンシーが相手の力を借りて逆に相手の動きを操っていたことに気づく。さらに話を聞き、ジンシーが武術を使って相手と戦ったことが予想できた。イェンの相棒の男も、ジンシーに雲門穴というツボを押され殺されたのだ。

バイジュウはジンシーの後を執拗につけ回すが、何も手がかりが得られずにいた。バイジュウは自分の故郷の話をしながらジンシーに質問するが、ジンシーは言葉少なで何も話そうとはしなかった。唯一、愛馬を父に殺され、知らぬ間に食べさせられたことを話した。父はジンシーの恐怖心を失くそうとしたのだ。バイジュウはそれ以上何も聞けなくなる。

捜査官Xのあらすじ【転】

ジンシーはバイジュウの執念さに負け、かつて殺人を犯して10年刑に服していたことを打ち明けた。他の屠畜人が父から金を借りていたのだが返せなくなってしまい、父はその屠畜人の始末をジンシーに言いつけたのだ。バイジュウが人を殺して10年で済むはずがないと驚くと、大赦があったことを教えられる。それから、ジンシーは過去を変えるため、故郷を離れたのだ。

バイジュウはジンシーの話を信じ切れず、武術の達人かどうか試すために背後から鎌を振り下ろした。ジンシーは避けなかったため、肩に鎌が刺さってしまう。バイジュウは驚き、戸惑った。村人達は心優しいジンシーを傷つけたバイジュウが許せず、非難した。

バイジュウは密偵から話を聞き、ジンシーが生まれたゴン村という場所がなかったことを知る。しかし、屠畜人一家が殺された事件は、10年前に起こっていた。その一家は殺された後、肉まんの具にされ、村人達に振る舞われていた。殺したのは「七十二地刹」と呼ばれる、西夏族の暗殺組織だった。その事件以降、組織のナンバー2が行方不明になっていた。それは、ジンシーがリウ村に来た時期と重なった。ナンバー2の名はタン・ロンだった。

バイジュウは逮捕状を取りに戻るが、タン・ロンが手配犯ではなかったこともあり、上司から20両払わないと出せないと拒まれる。年俸が4両のバイジュウにとって、簡単に払える金額ではなかった。バイジュウは仕方なく前妻に頭を下げ、借りに行った。前妻は父を逮捕したバイジュウを許せずにいた。バイジュウの義父は偽薬を販売したのだが、それは何の害のないものだった。だが、バイジュウは法を犯した義父を許さず、逮捕したのだ。義父はそれを苦に自殺していた。

バイジュウは後味の悪い思いをしながら前妻から金を借り、逮捕状を手に入れた。一方、バイジュウの上司は「七十二地刹」にタン・ロンの在処を密告していた。そこで、バイジュウの上司は衝撃の事実を聞かされる。なんと、タン・ロンは「七十二地刹」教主の実子だった。そのため、タン・ロンを殺せと暗に命じてしまったバイジュウの上司は、「七十二地刹」に殺されてしまう。「七十二地刹」はタン・ロンを連れ戻すために動き出した。

捜査官Xのあらすじ【結】

「七十二地刹」がリウ村に現れ、町に火を放った。ジンシーの前にも養母が立ちはだかり、ジンシーを連れ戻そうとした。だが、ジンシーは義母から殴られても反撃せず、自分は「リュウ・ジンシー」だと譲らなかった。しかし、村人達が襲われているのを見て、戦うことを決意する。ジンシーが戦っている姿を、アスーは悲しげな表情で見ていた。ジンシーはアスーに何も言うことはできなかった。

ジンシーと義母は場所を変え、激しい死闘を繰り広げた。しかし、義母は暴れる牛に押し出され、小屋の外に落ちそうになる。ジンシーは咄嗟に腕を掴むが、義母はそのまま激しく流れる川に落ちていった。義母は落ちる間際、「タン・ロン」と戦えたことを喜び、笑顔を見せた。その後、ジンシーは家に戻り、アスーに別れを告げた。

リウ村に戻って来たバイジュウは、村の惨劇を見て驚きを隠せなかった。一緒に来た警官は「七十二地刹」の報復を恐れて、タン・ロンを逮捕するのを嫌がり村を離れた。アスーを含むリウ村の人々は、砦に避難した。バイジュウはジンシーと村に残り、今後のことについて話した。バイジュウはツボを使ってジンシーを仮死状態にし、警察と「七十二地刹」の目を欺いて逃げようとした。

警察のことは無事に欺けたため、荷台に乗せてジンシーを運ぶことにした。「七十二地刹」の目も欺けたが、ジンシーの遺体の前で祈り始めてしまう。15分以上仮死状態を維持すれば、ジンシーは本当に死を迎えてしまう。バイジュウは仕方なくジンシーの仮死状態を解いた。目覚めたジンシーは「七十二地刹」のメンバーに囲まれていることに気づき、自らの左腕を切り落とすと絶縁を申し出た。申し出を受けたのは、ジンシーの兄だった。兄は弟が生家を捨てたことを悲しみながらも、仲間を連れて去って行った。

ジンシーが家に帰ると、アスーや子供達と共に教主が待ち構えていた。教主はジンシーの切り落とされた腕を見て、激しい怒りを見せた。そして、昔を懐かしみ、ジンシーが幼い頃に自分を慕ってくれていた頃の話をした。ジンシーはそれを涙ながらに聞いていたが、絶縁する思いは変わらなかった。すると、教主はジンシーの実子に手を出そうとした。ジンシーは我が子を助け、教主に切りかかった。

バイジュウは密かに家の下に侵入し、教主の足のツボを押して攻撃するが、反撃され投げ飛ばされてしまう。ジンシーは教主と戦い激しい死闘を繰り広げるが、外に投げ飛ばされ殺されそうになる。バイジュウは立ち上がると、必死に教主にしがみつき首に針を刺した。すると、教主の首に雷が落ち、絶命した。教主の足には、バイジュウが刺した針が残っていた。

1917年霜降、捜査は終了した。ジンシーはアスーや我が子と共に暮らしていた。

この記事をシェアする