映画『スピード・レーサー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「スピード・レーサー」のネタバレあらすじ結末と感想

スピード・レーサーの概要:原作は日本のアニメ『マッハGoGoGo』。レースを裏から操作し、利益を得る大企業の悪事を暴くために、主人公が奇想天外なレースに参加し、家族一丸となって困難を乗り越えていく。レースのスピード感とマシンの奇抜な操作が度肝を抜くファミリー映画。

スピード・レーサーの作品情報

スピード・レーサー

製作年:2008年
上映時間:135分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
キャスト:エミール・ハーシュ、クリスティナ・リッチ、マシュー・フォックス、スーザン・サランドン etc

スピード・レーサーの登場人物(キャスト)

スピード・レーサー(大人:エミール・ハーシュ / 幼少期:ニコラス・エリア)
レーサーになるのが夢。父と母、兄と幼い弟がいる。家族を深く愛しており、家族のためなら強敵に立ち向かうことも厭わない。天才レーサーである兄に憧れを抱いている。
トリクシー(大人:クリスティーナ・リッチ / 幼少期:アリエル・ウィンター)
スピードの幼馴染であり恋人。長年スピードの運転を見てきたために、運転技術も中々のもの。勇気がありスピードを支えている。
レーサーX(マシュー・フォックス)
捜査局に協力している覆面のレーサー。実は整形して顔を変えたスピードの実兄。天才的な運転技術を持っており、スピードに本物のレーサーになるよう説く。
ママ(スーザン・サランドン)
スピードの母。家族を深い愛で包み、一家の根底を支えてくれる存在。
パパ(ジョン・グッドマン)
レースマシンの設計士でスピードの父。家族を深く愛しており、長男を亡くした後は1年もの間、仕事ができなかったほど。体格が良くいい父親。
ローヤルトン(ロジャー・アラム)
大企業ローヤルトン・インダストリーズ社の社長。レースを裏で操作し、利益を生み出している。スピードをスカウトするも、断られたために潰そうとする。

スピード・レーサーのネタバレあらすじ

映画『スピード・レーサー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スピード・レーサーのあらすじ【起】

スピード・レーサーは、レーサーの兄とマシンの設計士であるパパの影響を強く受け、幼い頃からカーレースに夢中で、憧れの兄のようにレーサーになるのが夢だった。
兄は常にレースのトップを走る天才的な選手だったが、ある日突然、家を出て行きそれっきり戻らなかった。

兄は5年もの間、マフィアの命令で汚い仕事をしていたと言う。その後、不慮の事故で亡くなったと報道されたが、弟思いの兄が本当に家族を裏切っていたとは信じていなかった。

8年後、スピードは兄のタイムをも凌ぐレーサーへと成長。大企業からのスカウトが殺到した。その中でもローヤルトン・インダストリーズ社は、飛び抜けた高額な契約金を提示。レーサー一家はローヤルトン社社長ローヤルトンの案内により、社内見学へ向かうことになった。

大企業の中の大企業と言うだけあって、ローヤルトン社ではありとあらゆる面から、レーサーの教育やマシンの製造をしていたが、レーサー一家は逆に圧倒されてしまい、スピードは悩んだ末にスカウトを断ってしまうのだった。

スピード・レーサーのあらすじ【承】

ローヤルトン社のスカウトを断ったせいで、その後のレースにて妨害に遭い、敗北を期してしまうスピード。更には、ありもしない改造疑惑でパパが起訴されてしまう。全てローヤルトン社の陰謀である。

一気に窮地へと追いやられることになったレーサー一家。そんなある日、レーサーXを伴った刑事がやって来て、ローヤルトンの罪を暴き逮捕するため、レーサーXと共にクロスカントリーラリーに参加して欲しいと言われる。
クロスカントリーラリーとはならず者が集まった、何でもありの極めて危険なレースだった。実はスピードの兄もそのラリーに参加して亡くなっており、パパは断固反対する。

一家の長が反対するレースに参加すると言えなくなったスピードだったが、幼馴染で恋人のトリクシーがパパに内緒で協力を申し出てくれる。そうして、密かにクロスカントリーラリーへと出場することになるのだった。

捜査局の協力によりラリー用にマシンの改造を行った。これで、どんな妨害にも対応できる。スピードは家を出て行った兄の気持ちを知り、家族を守るために決意を新たにした。

日の出と共にラリーが開始。早々に脱落するマシンが続出する中、スピードが乗るマッハ号は無事に次のステージへ。ラリーは3人1組のチーム戦だ。仲間の助けとアドバイスを受けつつ、ラリーを順当に進むスピード。
空からはトリクシーがナビをしてくれる。様々な妨害を回避し、スピードは2台のマシンを倒した。そして、仲間を妨害から救出。

スピード・レーサーのあらすじ【転】

その頃、パパは呑気にも芝刈りをしていたが、末っ子の失敗によりスピードがラリーに参加していることが知られてしまう。

第1レースをどうにか通過した捜査局のチーム。だが、第1レースの有様では、優勝など難しいと仲間に言われる。スピードはレーサーXの走りに疑問を覚えていた。もしや亡くなったと思われる兄なのではないかと。
トリクシーとそのことを話していると、ホテルの部屋へ来客の訪問を告げられる。廊下にはかんかんになったパパと家族が来ていた。

トリクシーとスピードはパパに叱られ意見が対立。ママの仲裁により、ひとまずは事なきを得た。
その夜、スピードの仲間達が何者かに襲われる。それぞれに撃退するも、1人の仲間がやられてしまう。

翌日、第2レースが開始。やられた仲間の代わりにトリクシーがラリーに参加していた。長年、スピードの運転を見てきたトリクシーも中々の運転技術である。スピードと仲間達は第1走者を躱して1位に躍り出る。その間にローヤルトン社の手先を捕まえることに成功。レースを一時中断し、奴らを懲らしめてやった。

トリクシーと回復した仲間のレーサーが交代。氷の洞窟内でスピードがスピンしてしまいコースを逸脱するも、咄嗟の機転で窮地に一生を得た。激しい戦闘を回避したスピードのチームは、そのまま独走して優勝する。

スピード・レーサーのあらすじ【結】

しかしその後、ラリーの優勝により状況が好転するわけでも、ローヤルトン社を懲らしめることもなかった。自暴自棄になったスピードを止めに来たのはレーサーXである。スピードはレーサーXの正体を問うたが、彼は兄ではなかった。兄は本当に亡くなっていたと知らされ、世界を変えるレーサーになれと言われたスピード。彼は家を出る決意を固める。

そんな息子にパパが自分の気持ちを話して聞かせた。パパは自分が意地を張ったせいで、兄を亡くしてしまったと後悔している。だから、スピードにはそうなって欲しくなかったのだ。父は息子を快く送り出そうとしてくれる。

そこへ、仲間だったレーサーの妹がやって来て、好意によりグランプリファイナルの招待状をくれる。今度こそ優勝すれば、ローヤルトン社の陰謀を暴くことができる。一家は総出でマッハ号の整備を行った。

マッハ号は素晴らしい出来に仕上がったが、譲り受けた招待状で問題が起こる。捜査局の協力により招待状は正当なものだと証明され、スピードはグランプリファイナルへ出場が許された。それをよしとしないローヤルトン社は、裏で妨害の陰謀を企てる。

レース開始直後からスピードは激しい妨害に遭うも、ラリーでの経験を活かして華麗に躱していく。レースでは激しいカーチェイスが展開された。レーサーは誰もがスピードを狙っている。次々と妨害を躱したスピードは、ローヤルトン社筆頭レーサーとトップを争い対決。
対決に負けそうになった筆頭レーサーが反則技を使ったため、スピードはカメラに見えるようマシンを操作。反則が周知され、ローヤルトン社は失格となる。しかし、そのせいでマッハ号がショートして動かなくなってしまう。

スピードは自らを落ち着かせて、マッハ号の起動に成功。コースを爆走するスピードの脳裏に、今まで自分に掛けられた様々な言葉が過っていく。残り2台を躱し1位に躍り出たマッハ号。そうして、彼は勝利のその先へと辿り着くことができたのだった。

スピードの勝利を目にしたレーサーXに刑事が声をかける。真実を明かさなくても良いのかと。レーサーXはやはりスピードの兄だった。だが彼は、真実は明かさないと告げ、静かに立ち去るのだった。
スピードの優勝により、ローヤルトン社の悪事が露呈し社長のローヤルトンが逮捕される。
こうして、スピード・レーサーは世界を変える本物のレーサーになったのだった。

この記事をシェアする