「アリスのままで」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アリスのままでの概要:若年性アルツハイマー病に罹った言語学者アリスと、家族の絆を描く感動作。主演のジュリアン・ムーアが自分を失っていく主人公を演じ、女優史上初となる、アカデミー賞他世界主要6大映画賞の主演女優賞制覇を成し遂げた。

アリスのままでの作品情報

アリスのままで

製作年:2014年
上映時間:101分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:リチャード・グラツァー、ワッシュ・ウェストモアランド
キャスト:ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース etc

アリスのままでの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『アリスのままで』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

アリスのままでの登場人物(キャスト)

アリス・ハウランド(ジュリアン・ムーア)
コロンビア大学で教鞭を執る言語学教授。頭脳明晰で、愛する夫と3人の子に恵まれ順風満帆の人生を送っていた。若年性アルツハイマー病の発症により人生が一変する。若い頃に母と姉を事故で亡くしている。ランニングが趣味。
ジョン・ハウランド(アレック・ボールドウィン)
アリスの夫で、大学で働く医学博士。アルツハイマー病となったアリスを献身的に支える。しかし心の底では受け止めきれない部分もあり、仕事に打ち込んで彼女の病気を直視することから逃げている。
リディア(クリステン・スチュワート)
ハウランド家の次女。女優志望で、ロサンゼルスで小さな舞台に出演しながら夢を追っている。大学に進学しなかったことで、母のアリスとは口論することも多かった。
アナ(ケイト・ボスワース)
ハウランド家の長女。法律の道に進んだ。現在は夫チャーリーと暮らしており、人工授精を予定している。アルツハイマー病の遺伝子を受け継いでいることが判明する。
トム〈ハンター・パリッシュ)
ハウランド家の長男。医学院生として病院での勤務に忙しい毎日を送っている。

アリスのままでのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アリスのままで』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アリスのままでのあらすじ【起】

アリスはコロンビア大学に勤める高名な言語学者。50歳の誕生日を迎えたばかりだ。夫ジョンと、アナ・トム・リディア・3人の子供にも恵まれ、公私共に順風満帆な生活を送っていた。しかし、ある日講演で「語彙」と言う言葉を度忘れしてしまったのを境に、物忘れの傾向が散見するようになった。大学のキャンパス内で道に迷ったり、得意なはずの言葉が出てこなかったり、ついさっき紹介されたトムの恋人を忘れてしまったりと言った具合だ。心配になったアリスは神経科を受診、医師は記憶テストの結果から、アルツハイマー病を疑っていた。今まで積み重ねてきた事がすべて消えてしまうような強い不安に、アリスは怯えていた。

アリスと夫のジョンは検査の結果を聞かされる。病名は遺伝性の、若年性アルツハイマー病だった。アリスの不安を受け止めていたジョンも、これには動揺する。子供達にも遺伝している可能性があると聞き、アリスは子供達にも病気を打ち明ける。3人の子のうちアナに病気が遺伝している事がわかる。アナは兼ねてから考えていた人工授精を、予定通り行う事を決めるが、いつか必ず発症する自分の病気への怯えから、彼女の声は震えていた。

アリスのままでのあらすじ【承】

アリスの病状はだんだん悪化し、教授としての仕事にも支障が出始めた。学生からも不満が殺到し、大学側に病気を打ち明けたアリスは仕事を辞めざるを得なくなる。

病状が進めば、自分の誕生日や子どもたちの名前も忘れ、自分が自分で無くなってしまうだろう。そう考えたアリスは、強い睡眠薬を用意し、基本情報の質問リストと、自分へのビデオレターを作成する。睡眠薬自殺を促す内容のビデオレターをパソコン内に隠し、質問リストに答えられなくなったらこれを開くと言う仕組みだった。

アリスとジョンは夏季休暇を海辺の別荘で過ごす事にする。アリスはついさっきした会話も忘れてしまうようになっていた。トイレの場所がわからずショックを受けるアリスを、ジョンは優しく慰める。しかし一方で、ジョンは仕事により打ち込むようにもなっていた。彼女を気遣いながらも、すべてを受け止める事ができず仕事に逃げていたのだ。

リディアがニューヨークで舞台に出るため実家に滞在する。アリスとは相変わらず、大学に行くかどうかでギクシャクしていた。アリスはリディアの戯曲を読もうとして、気づかず日記を読んでしまう。その事を知ったリディアは激怒した。

アリスのままでのあらすじ【転】

次の日、リディアの舞台を見るためアナとトムも実家に戻ってきた。アナは双子を妊娠していた。アリスは昨日リディアを怒らせた事は覚えていたが、その理由を思い出せず謝罪する。リディアも病気のアリスに怒った事を公開していた。アリスは今まで知性で自己規定して来た自分が、今はその知識に手が届かない心境を吐露する。2人は仲直りし、リディアは自分の日記をアリスに贈る。2人の距離は、病気をきっかけにかなり近づくようになっていた。

アリスは同じような病気に苦しむ人々の前で講演をする事になった。原稿をどこまで読んだか忘れないようマーカーで線を引きながら、アリスは講演をやり遂げた。彼女は人々から滑稽に見られる悲しみに触れながらも、「私はまだ生きている。自分は苦しんでいるのではなく、かつての自分たろうと闘っているのだ」とスピーチし、聴衆、そして同席した息子のトムを感動させた。

ジョンに転機が訪れる。メイヨー病院で研究チームを率いて働かないかとのオファーが来たのだ。ジョンは大喜びだったが、アリスは夫が休暇を中断する事、ミネソタに引っ越さなくてはならない事に大きく動揺する。ジョンが自分と一緒にいたくないのではと、口論になってしまった。

アナが双子を出産した。アリスの病状は進んでいたが、赤ん坊を抱き上げる手つきは忘れていなかった。アリスにとっても家族にとっても心安らぐひと時だった。

アリスのままでの結末・ラスト(ネタバレ)

アリスの病状は悪化、意識が朦朧とする事も多くなった。多忙なトムも、産休を終えたアナもアリスの介護はできない。メイヨー病院への着任が近いジョンは、アリスをミネソタに連れて行きたいと考えていた。

家政婦の留守中、アリスはリディアからの写真を見ようとしてパソコンをいじっていた。すると以前の自分が自分にあてて撮影したビデオレターが映し出された。画面のアリスは睡眠薬のありかを話し、自殺を促す。アリスは薬を飲もうとしたが、家政婦が帰ってきて事なきを得た。

リディアがニューヨークの実家に戻ってきた。ニューヨークで芝居をしながら、母の面倒を見ようと決めたのだ。ジョンはアリスを置いてミネソタに移る事にした。彼はその事で強い罪悪感を抱いていた。

ある日、リディアはアリスに話を読み聞かせていた。しかしアリスは話の内容を理解していないかのように、ただ曖昧に微笑むだけ。リディアが今の話が何についての話だったか尋ねると、アリスはポツリと「愛についての話」だと答えた。リディアも驚いた事に、アリスは話を聞いていたのだ。アリスは「“自分”でいるための闘い」を続けているのだ。

アリスのままでの感想・評価・レビュー

「言葉を扱えるのが人間を人間たらしめているもの」とするならば、「言語学者が言葉を忘れていく」という、映画的葛藤を最大化する仕組みは上手いと思う。ただ、少しあざとさを感じる設定である事は否めないし、周りの情景の映り方が変わっていくという手法も少々「分かりやす過ぎ」という印象。

とは言え、人間を人間たらしめているのは言葉ではなく愛であるという着地は感動的だし、ジュリアン・ムーアによる「忘却と葛藤の同時表現」という超ハイレベルな演技は見るべきだと思う。(男性 30代)


突然、若年性アルツハイマーに見舞われた主人公が病気に向き合い、葛藤し、悲しみ、怒る姿に胸が締め付けられた。また、言語学者が徐々に言葉を忘れていく描写はとてもリアルで、ショックが大きいものだった。

若年性アルツハイマーを患ったことで、仕事や日常生活、人間関係、全てが一変していく様子は他人事に思えない重さがあった。

誰もが自分自身のままで生きたいと思うことが叶わなくなる、そんな場面に直面した時自分はどうなるのか不安・恐怖・葛藤・怒りを疑似体験したかのようだ。(女性 20代)


自分が記憶を失っていくとわかりながら毎日を過ごすのは、どんなに辛いだろう。主人公の「癌ならよかった」という言葉がとても心に刺さった。最後のシーンはとても印象的で、記憶を失くす中で最後まで残っているものが「愛」。主人公の中で最後まで残っている子供の頃の記憶は、彼女が一番愛を感じていた記憶なのかなと感じた。

ストーリーとしては、切なさの中にしっかりと温かさを感じられる作品であったが、家の中などの周囲の環境にあまり変化がなかったり、主人公以外の変化が描かれていないのは少し残念だった。(女性 30代)


アルツハイマーと戦う主人公アリスの話。忘れることに苦しむ姿は見ていて本当に辛かった。私自身も祖母が現在、重度のアルツハイマーであることと重ねて見ていたのですごく涙が止まらなかった。実際に家族のことも分からなくなるし、1分、1秒前のことを忘れてしまう。アリスがトイレの場所が分からなくて粗相をしてしまうところ、娘のことを一瞬忘れてしまうところ、動画を何度も見ながら自殺しようとするところ、何をとってもリアルで悲しかった。

ただ一つ残念なのは、元々頭が良かったのに、アルツハイマーになって簡単なことすら分からなくなってしまった、という落差を見せたいだけであろう設定である。正直、元の頭良かろうが悪かろうが家族や本人が抱える悲しみは同じだし、頭が良かったから悲しい、もったいない、という印象を抱かせるのは気分が悪い。(女性 20代)


言語学者と活躍していたアリスですから、若年性アルツハイマーだと診断されたときのショックのほどは計り知れません。患者本人であるアリスが辛いのはもちろんのことですが、見守る家族の不安というのもとてつもないものだと思います。自分の中に蓄えてきたものは全て、その人にとってかけがえのないものであることを実感しました。しかし、「なくす技」が日々上達していくとしても、今この瞬間を生きることが何より大切でしょう。(女性 30代)

この記事をシェアする