映画『帝都物語(1988)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「帝都物語(1988)」のネタバレあらすじ結末と感想

帝都物語(1988)の概要:荒俣宏原作の同名小説の映画化。平将門の霊を呼び覚まし、帝都東京を滅ぼそうとする加藤保憲と、それを阻まんとする実在した当時の著名人、幸田露伴、寺田寅彦らの戦いを描く。

帝都物語の作品情報

帝都物語

製作年:1988年
上映時間:136分
ジャンル:SF、アクション、ファンタジー
監督:実相寺昭雄
キャスト:石田純一、原田美枝子、姿晴香、山本清美 etc

帝都物語の登場人物(キャスト)

平井保昌(平幹二朗)
土御門家の当主であり陰陽師。加藤が帝都を滅ぼそうとしていることを察し、帝都の霊的な改造を渋沢栄一に進言する。命をかけた占いで関東大震災の日を予言する。
加藤保憲(嶋田久作)
帝都東京の破壊を目論む謎の人物。将門の霊を呼び覚ますために、その末裔である辰宮家の人々を誘拐したり、中国大連から関東大震災を誘発させる。
幸田露伴(高橋幸治)
平井保昌より土御門家に伝わる秘伝書を受け取り、加藤と対決をする。辰宮洋一郎に一緒に加藤と戦うように頼むが、断られてしまう。
辰宮恵子(原田美枝子)
神社の巫女であったが、将門からの啓示を受け、辰宮由佳理を守護し加藤保憲と戦うべく、辰宮洋一郎と結婚をする。加藤と刺し違えるが、その後の行方が分からなくなる。
辰宮洋一郎(石田純一)
将門の末裔である辰宮家の長子。幸田から加藤と戦うように促されるが、自分にも将門の霊を呼び覚ます能力があることを知っており、それを加藤に利用されないため固辞をする。
辰宮由佳理(姿晴香)
洋一郎の妹。洋一郎同様に強い霊力を持っているため、加藤に依代として利用される。加藤によって身籠ったと思われたが、実は兄との子どもを産むことになる。

帝都物語のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『帝都物語(1988)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

帝都物語のあらすじ【起】

明治45年東京。土御門家の陰陽師、平井保昌は渋沢栄一に帝都改造計画に土御門一門を加え、霊的な改造をしなければ、帝都は滅びてしまうと忠告する。

帝都滅亡を画策する加藤保憲が土御門家に対して式神を撃ってくる。そして、平井や幸田露伴の抵抗もむなしく加藤は、平将門の末裔である辰宮由佳理をさらっていく。加藤は由佳理を依代として将門の霊を呼び出そうとしていた。しかし将門の霊は、「我の墓を荒らすな」と加藤に忠告する。そこへ平井の撃った式神が届く。すると加藤は、由佳理をおいて撤退をするのだった。

渋沢は帝都を東洋一の街、神と自然に祝福される都市にしたいと考えていた。陸軍の工藤は軍事的に強い都市にすべきだと主張する。物理学者の寺田寅彦は地震に耐える地下都市を提案するが、一笑にふされるのだった。

明治天皇が崩御し、時代が変わる。平井は、幸田に土御門の秘伝書を渡し、命をかけて加藤の帝都破壊の時を占う。そこに現れた加藤は、平井を殺し、血文字を残して、中国の大連へ渡るのだった。

帝都物語のあらすじ【承】

平井が予言した大正12年を迎える。寺田は、亥の日に微かながらの地震を感知していており、異変を感じていた。一方、大連では加藤が着々と準備を進めていた。

由佳理は10年前加藤に拉致された時に、身籠ってしまっていた。幸田の友人でもある森鴎外によって処置を施したが失敗し、女の子を産んでいた。

帝都に結界を張っていたが、加藤はそれを破り侵入し、幸田の前に現れる。幸田は、土御門から譲り受けた秘伝書の陣形を使うが加藤には通用しない。地脈は動き始めていた。加藤は勝ちを宣言する。幸田にとどめを刺そうとする加藤だったが、「我が墓を犯すな」と将門の霊に阻まれるのだった。

そして9月1日、関東大震災が起こり、帝都は火に包まれる。それでも将門の霊は目覚めないのだった。なぜと問う加藤の姿があった。

巫女の恵子は、将門からの啓示を受ける。彼女の使命は将門を目覚めさせないこと。由佳理は守護すべき人、宿敵は加藤と、占いは示すのだった。

幸田は再び加藤が現れると予言する。そして、その時は一緒に戦って欲しいと由佳理の兄、辰宮洋一郎に頼むのだった。

帝都物語のあらすじ【転】

昭和2年。寺田の推奨する地下鉄計画は進行していたが問題が発生する。寺田たちは現場に向かう。地下の工事現場では式神たちが暴れていた。寺田は、それを集団幻覚と判断する。人だから幻覚をみる、だったら人造人間を使えば良いと提案するのだった。

辰宮家に嫁いだ恵子は、占い師でもある泉鏡花から観音力があると言われる。そして、近々鬼に出会うと占われる。その鬼を恨んじゃいけないとも忠告もされるのだった。

再び加藤が現れ、由佳理の娘、雪子をさらっていく。それを追いかける恵子。加藤は、今度は雪子を使い、将門を復活させるつもりだった。恵子は、加藤に追いつき雪子を取り戻そうとするが、加藤は「俺を憎め」と告げ雪子と共に消えるのだった。

恵子は加藤との戦いのため辰宮家を離れることにする。恵子は洋一郎が戦わないのは、将門を目覚めさせる力が彼の中にあるからだと見抜いていた。洋一郎に必ず帰ってくると約束をして、恵子は加藤との戦いに向かう。地下では人造人間「學天則」を使った式神退治が始まろうとしているのだった。

帝都物語の結末・ラスト(ネタバレ)

辰宮は、自分の血によって将門の霊を鎮める決意をする。そして、由佳理も娘雪子の元に向かうのだった。雪子は将門の首塚に取り込まれていた。地下では式神退治のため「學天則」の自爆装置が起動されていた。

加藤は何かを恐れていた。それは、自分の子どもだと思っていた雪子はそうではなく、もっと霊力の強いものの子どもであることだった。地下の「學天則」の爆発によって地脈が断たれる。地上では加藤と恵子が霊力戦を繰り広げていた。将門の首塚では、洋一郎が身を呈して将門の霊を鎮めようとしていた。その兄に駆け寄る由佳理。二人は一緒に首塚に取り込まれ、それによって加藤も倒れるのだった。

何事もなかったかのように帝都の夜は明ける。気がつくと倒れていたはずの加藤の姿がない。恵子が振り返ると加藤が立っていた。加藤は自分を憎めと言う。人々の憎しみが加藤を動かしているのだった。恵子は加藤に止めを刺す。そして二人は、その姿を消すのだった。

帝都は復興していた。止まることを知らない発展を続けていた。辰宮は、神田明神のお祭りで恵子の姿を見たような気がするのだった。鏡花の占いの札が、風に飛ばされる。飛ばされたのは観音の札だったが、拾ってみるとその札は鬼に変わっていた。不審に思う鏡花の横を、加藤のような軍服を着た男が通り過ぎるのだった。

この記事をシェアする