「ザ・シューター 極大射程」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ザ・シューター 極大射程の概要:海兵隊の狙撃手であるボブは、ある任務中に上官に見捨てられ友人のドニーを失ってしまう。軍に失望したボブは、退役した。そんな彼の元に、ジョンソン大佐がやってくる。ジョンソン大佐は大統領暗殺の阻止をボブに依頼した。

ザ・シューター 極大射程の作品情報

ザ・シューター 極大射程

製作年:2007年
上映時間:126分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:アントワーン・フークア
キャスト:マーク・ウォールバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローヴァー、ケイト・マーラ etc

ザ・シューター 極大射程の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ザ・シューター 極大射程』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ザ・シューター 極大射程の登場人物(キャスト)

ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)
元海兵隊の狙撃手。狙撃手の腕は超一流。ある任務中に、友人であり観測手のドニーを亡くす。現在は退役しており、人里離れた山小屋で暮らしている。
ニック・メンフィス(マイケル・ペーニャ)
FBIの新人捜査官。ボブに襲われ、車と銃を奪われてしまう。犯行に疑問を抱き、独自に調査を進める。
アイザック・ジョンソン大佐(ダニー・グローヴァー)
元軍人。ボブに大統領暗殺の阻止を依頼する。本当の目的は他にあり、ボブを利用する。
サラ・フェン(ケイト・マーラ)
ボブの友人だったドニーの婚約者。ドニーの希望で看護師の勉強をしていたが、本当は血が苦手。現在は教師。

ザ・シューター 極大射程のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ザ・シューター 極大射程』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ザ・シューター 極大射程のあらすじ【起】

アメリカ軍キャンプ・ルモニエ、エチオピア。狙撃兵のボブ・リー・スワガーは友人で観測手のドニー・フェンの指示の下、敵兵を狙撃していた。だが、想定していたよりも敵兵の数が多く、迫撃砲で攻撃されてしまう。ドニー達は上官にそのことを伝えた。だが、上官はドニー達を見捨て、撤退することを決めてしまう。ボブ達は何とか脱出しようとするが、ドニーがやられてしまう。

36か月後。バージニア州CIA本部。ジョンソン大佐はボブについての経歴を確認した。海兵隊に所属していたボブは、CIAの命令で敵地に入り置き去りにされてしまった。ヘリコプターや100名の敵と交戦した。ボブを見捨てたCIA局員はその後行方不明になり、ボブが殺害したのではないかと言う噂が囁かれた。その後、ボブは退役した。

ジョンソン大佐は大統領暗殺を食い止めるため、ボブに協力を求めた。政府内の陰謀で捜査当局に頼れないため、ボブに白羽の矢が立ったのだ。大統領はこの2週間で3回公衆の面前に出る予定だった。場所は、ボルチモア、フィラデルフィア、ワシントン。犯人は1.6キロ以上離れた場所から狙撃する可能性があった。ジョンソン大佐は現地を調べ、狙撃地点を割り出すようボブに指示した。

ジョンソン大佐から愛国心の話をされたボブは大統領暗殺を放っておくことができず、調査を行うことにした。ボルチモア、フィラデルフィア、ワシントンを巡った結果、狙撃に適しているのはフィラデルフィアだけだった。しかも、演壇上にいる大統領を狙えば、楽に犯行を行うことができた。そのことをジョンソン大佐に報告した。

ザ・シューター 極大射程のあらすじ【承】

演説当日。ボブも観測手としてジョンソン大佐達と現場入りした。そこに、街に詳しいティモンズ巡査がやってくる。ジョンソン大佐はボブとティモンズを引き合わせて紹介した。その時、ボブはティモンズの腰についているホルスターの蓋が外れていることに気づき、注意した。

ボブは犯人の狙撃手を撃つよう指示するが、捜査員は誰も動かなかった。その間に、演壇上に銃が撃ち込まれ、ボブもティモンズに撃たれてしまう。ボブは怪我を負いながらもその場を逃げ出した。ジョンソン大佐とティモンズは始めからグルで、ボブを騙して始末しようとしていた。

ボブはFBIのニック・メンフィスを襲い、ティモンズの罠だと伝えて車と銃を奪った。そして、怪我の手当てを行い、ティモンズやFBIの追跡を掻い潜りながら逃走した。ニックはボブが潔白だと言っていたことが気になったが、上司や同僚達は取り合ってはくれなかった。ティモンズはボブが犯人だと公表していた。

ボブはドニーの婚約者だったサラに会いに行き、助けを求めた。そこで、亡くなったのが大統領ではなくエチオピアの大司教だと教えられる。ボブは自分が暗殺の犯人ではないことを話した。サラは警察に通報するのを止め、家に招き入れた。

ザ・シューター 極大射程のあらすじ【転】

事件の調査を行っていたニックは、狙撃手として一流の腕を持つボブが狙いを外し、大統領暗殺を失敗しているのが変だと思った。その他にもたくさんの不審点に気づき、上司のアローデス・ガリンドーに報告した。ティモンズに話を聞きに行こうとするが、彼は強盗に遭い殺されていた。

ニックは狙撃現場を確認し、1メートルほどの三脚とケーブルが使われた形跡があることに気づく。それを元に調べると、遠隔操作ができる銃に辿り着いた。ボブではなく何者かがその銃を使い、大司教を殺したのだ。

ニックは犯人に襲われたFBIとしてニュースで報道されていた。ボブは復讐をするため、ニックを使ってジョンソン大佐を誘き出すことにした。サラはボブに協力し、変装してニックに接触した。そして、ジョンソン大佐が乗っていた車の車体番号の写真をニックに渡した。ニックは車体番号を調べてみるが、セキュリティがかかっており自分では分からなかった。そこで、アローデスに助けを求めた。

アローデスの調査により、軍と太いパイプを持つ会社の車であることが判明する。報告を聞いていたニックは、ジョンソン大佐の一味に捕まってしまう。ニックは暴行を加えられ殺されそうになるが、ボブに助けられる。ニックは戻っても立場がないため、ボブに協力することにした。

ザ・シューター 極大射程の結末・ラスト(ネタバレ)

ボブ達は銃作りの名人に話を聞きに行き、死亡したと思われていた狙撃手のミハイロ・セルビアックが事件に関与していることに気づく。ニックはアローデスに連絡を取り、ミハイロの行方を探すよう頼んだ。

ボブは観測手として鍛えたニックと共に、ミハイロがいる屋敷に侵入した。ボブはジョンソン大佐の本名、ジョンソン大佐のボスの名前、大司教を殺した理由を尋ねた。ミハイロはジョンソン大佐の本名を知らなかった。だが、大司教が殺された理由は知っていた。アフリカで石油会社がパイプラインを通そうとしたが、村人は神のいないところへの移住を拒んだ。交渉をせぬまま、村人達は殺された。ボブがエチオピアで助けた者達は、村人を殺して埋めた者達だった。ボブも殺される筋書だったが、生き残ったのだ。黒幕はモンタナ州の上院議員チャールズ・F・ミーチャムだった。ミハイロはサラが捕まったことを明かし、自殺した。

ボブはミハイロの話を録音していた。それをサラと交換するようジョンソン大佐に話を持ちかけた。そして、仲介人としてチャールズを指名した。交渉場所に到着したジョンソン大佐達は、ボブを撃った。だが、ジョンソン大佐の一味が撃ったのは防護服を着たニックだった。ボブは敵を狙撃していき、サラを救い出した。

真相を聞いた者は殺される運命にあった。ボブはこれ以上死人を出さないようにするため、録音機を燃やして破棄した。チャールズを見逃し、ボブはFBIに捕まった。ボブは司法長官のラサートやFBI長官達がいる前で自身が潔白であることを証明し、ジョンソン大佐が犯人であることを証言した。さらに、ニックはアフリカで殺された村民の写真を見せ、ジョンソン大佐が惨殺したことを証言した。ラサート達はボブ達の話を信じるが、アフリカで起きたことはアメリカの国の法で裁くことはできなかった。ジョンソン大佐は逮捕されず、ボブは無罪放免となった。

ジョンソン大佐とチャールズが上機嫌に歓談していた。ボブは襲撃し、ジョンソン大佐達を始末した。そして、ジョンソン大佐の遺体に銃を置き、建物を爆破して犯行を偽装した。ボブはサラが乗っている車に乗り込んだ。

ザ・シューター 極大射程の感想・評価・レビュー

物語の冒頭からボブが騙されていたことが分かったが、ストーリーの展開がおもしろく登場人物達も魅力的な人物ばかりだったため、飽きずにラストまで楽しむことができた。「このミステリーがすごい!」の海外部門で第1位に輝いた小説が原作なだけはあると思う。続編があれば見たかったなと思った。頼りなく見えたニックの正義感溢れる行動がカッコ良く、ボブとの相棒関係も素敵だったなと思う。銃撃戦も迫力があり、小説では味わえない緊張感を感じた。(MIHOシネマ編集部)


マーク・ウォールバーグが主演を務めていたこともあり、安心して見られる作品。アクションとサスペンス要素のバランスがよく、ラストまで飽きずに楽しめた。主人公のボブだけでなく、新人FBI捜査官のニックが物語の中で良い味を出していたと思う。ジョンソン大佐とチャールズの悪事について、国の法で裁くことができなかったというところで終わらず、制裁が加えられたところで物語が終わったのですっきりとした気持ちになる。ただ、ボブとドニーが二人の陰謀に巻き込まれてしまったのが、可哀そうだなと思った。(女性 30代)

この記事をシェアする