映画『ザ・ウォール(2017)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ザ・ウォール(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

ザ・ウォール(2017)の概要:2007年、イラクで行われたアメリカとイラクの戦争は、ブッシュ大統領の勝利宣言によって収束する。だがそれまでに、現地で戦い命を落とした兵士は数多く存在していた。アレン・アイザックは、仲間の死体が無数に転がっている戦地で、ただひたすら敵の狙撃手を待ち続ける。

ザ・ウォールの作品情報

ザ・ウォール

製作年:2017年
上映時間:90分
ジャンル:アクション
監督:ダグ・リーマン
キャスト:アーロン・テイラー=ジョンソン、ジョン・シナ、ライト・ナクリ etc

ザ・ウォールの登場人物(キャスト)

アレン・アイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)
アメリカ軍軍曹。狙撃手。石油パイプライン建設現場を警備する任務に就く。
ジェイン・マシューズ(ジョン・シナ)
アメリカ軍2等軍曹。狙撃手。アイザックと同じ任務に就く。
ジューバ(ライト・ナクリ)
イラク人狙撃手。凄腕の狙撃手で、アメリカ軍からは死の天使と呼ばれている。

ザ・ウォールのネタバレあらすじ

映画『ザ・ウォール(2017)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ザ・ウォールのあらすじ【起】

シェイン・マシューズ2等軍曹は、灼熱の太陽が照り付けるイラクの砂漠地帯で銃のスコープを覗きながら、変わることのない死体を眺め続ける。着任してから20時間以上が過ぎたところで、相方のアレン・アイザック軍曹に話しかける。

2人は、石油パイプライン建設現場の警備の任についていた。辺りには無数の死体があり、敵の存在を確かめ安全を確保するため、草木に紛れて敵が来るのをひたすらに待っている。

スコープの先に見える死体は、逃げる様子も隠れる様子も見られないことから、凄腕の狙撃手にやられたのだろうと推測するアイザックに対し、マシューズは妄想だと言う。20時間経ち、マシューズは立ち上がる。

マシューズが建設現場に近づき様子を窺い、アイザックがマシューズをライフルのスコープで確認しながら無線で連絡を取り合う。マシューズは辺りを歩き回り、死体が全員頭部を撃たれていることを確認する。様子がおかしいとアイザックに無線を飛ばした途端、マシューズは何者かに狙撃されその場に倒れる。

急いで助けに向かったアイザックも、足を撃たれてしまい、近くの壁の裏に隠れる。誰かがスコープでアイザックとマシューズを狙っていた。マシューズに止血役を使うよう叫びながら、アイザックは自分の足を止血する。そして、持っていた無線で戦線を離脱する旨連絡を入れるが、無線はアンテナを撃たれ、アイザックが何度ボタンを押しても届くことはなかった。

意識がもうろうとしているマシューズは、返り討ちにしてやると意気込むが、アイザックが石壁に隙間を作りスコープで狙撃手を探している間に、動かなくなってしまった。

ザ・ウォールのあらすじ【承】

アイザックは足の傷から弾を抜き出し、タオルで傷を保護する。やがて意識は朦朧とし始め、そのまま意識を失う。ふと耳元で無線の声が聞こえ、意識を取り戻したアイザックは負傷者の搬送を要請した。僅かながら希望が見え、大きく深呼吸をする。

だが、無線からIDやコードを求める声がし、更にはヘリを飛ばすために場所を特定する必要があると言われ、不審に思ったアイザックは相手の言葉を注意深く聞き取る。英語に訛りがあり、相手がアメリカ人ではないと分かると、絶望に打ち砕かれる。

相手に望みを聞くと、無線の相手はアイザックのことが知りたいのだと言い出した。話したいのなら自分のことを話せとアイザックが求めると、男は沈黙ののち自分語りを始める。

アイザックは石壁の隙間からスコープを覗かせ、相手の位置を特定しようとする。

男は自分をごく普通のイラク人だと言い、アイザックに家族や出身を問いかける。男がどこにいるのか探し黙るアイザックに、戦死したアイザックの戦友ディーンについて話せと男は要求する。話さないとマシューズを撃つと脅し、アイザックは観念する。

男に何が目的なのかと逆に問うと、男はアイザックとの会話を楽しんでいると言う。男はアイザックの持っていた水のボトル、無線機を狙撃し、更には血の止まりにくい膝を打ち抜いたことも嬉しそうに語る。

怒りに震えるが、水もなく喉が渇く上に血を失っているアイザックは、息も絶え絶えになっていく。アイザックにできることは、相手の弾数を数え、男の居場所を石壁の隙間からスコープで覗くことくらいだった。

ザ・ウォールのあらすじ【転】

やがて男の居場所を割り出したアイザックは、深いため息と共に肩を落とす。相手は「ジューバ」と呼ばれる凄腕の狙撃手。アメリカ人を何十人も狙撃し、未だに見つからない死の天使。ジューバはアメリカ軍で訓練を受けていたが、裏切った後はアメリカ人を狙撃している。

何度もジューバはディーンの話を聞きたがり、段々と力を失っていくアイザックは、ぽつりぽつりとディーンの話をし始める。同郷だったディーンと過ごしていたあの頃は、毎日がとても単調で嫌気が差していたと語った。だがジューバは、アイザックの話を一つも信じずに悪態を吐くだけだった。

やがて風が強くなると砂が舞い、視界が悪くなる。アイザックは、銃を杖代わりに壁の前で倒れている別の兵士の元へ向かう。その死体から銃と荷物を持ち出し、再び壁の奥へ戻る。

銃声が聞こえ、何発か弾が飛んでくる。壁の一部が崩落するが、なんとか壁の奥へ身を隠し、水と溶けたチョコレートを頬張る。

ジューバはアイザックに、命を縮めるような真似をするなと言い、エドガー・アラン・ポーの小説の一篇を語り始める。だがジューバの声にノイズが混じり、不審に思ったアイザックは壁の向こうで倒れているマシューズに向かって叫ぶ。

マシューズは僅かながらに息をしており、手を伸ばして傍の銃を取ろうとしていた。アイザックはマシューズに、ジューバの居場所を叫んで教える。その間、ジューバに気付かれないように無線でジューバと会話を続けた。

風が止み始め、マシューズはゆっくりとライフルを構え、1500m先にいるはずのジューバに向けて銃を撃つ。だがジューバからの反撃に遭い、マシューズはアイザックの目の前で頭部を打ち抜かれて死亡した。

ザ・ウォールのあらすじ【結】

アイザックは家に帰りたいと涙声になる。ディーンは自分の撃った流れ弾のせいで死んだと、声を上げて泣いた。

突然ジューバの声が途切れ、無線にノイズが混じる。様子がおかしいと感じたアイザックは、壊れた無線機の受話器を取る。無線では司令本部が応答しており、アイザックに成りすましたジューバが応援を呼んでいた。

アイザックたちは建設現場の作業員からの警備要請で来ていたが、それもジューバのなりすましだったと悟った。

太陽が落ち始める薄暮時、アイザックは木の枝にロープを取り付けて、マシューズの銃を釣りのように引き寄せる。手繰り寄せた銃をセットし、アイザックは最後の力を振り絞って壁を倒した。直後に、ジューバのいるであろう場所から狙撃される。アイザックも反撃してライフルを撃った。

遠くからヘリの音が聞こえ、仲間がアイザックを救護しにやって来る。アイザックは勇気を振り絞って立ち上がった。

だが、ジューバからの狙撃はなかった。ほっとしたアイザックの元に、ヘリから降りてきた仲間が急いでアイザックを運び、傷の手当てをする。

ようやく脱出できたと安堵したのも束の間、突然ヘリに向かって銃弾が飛んでくる。銃は的確にヘリまで飛び、乗っている兵士を狙撃する。アイザックを乗せたヘリは、無線でメーデーを伝えるも、イラクの砂漠に墜落した。

翌朝、アメリカの司令本部が呼びかける無線に、ジューバはよく聞こえていると応答した。

この記事をシェアする