映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「トゥームレイダー ファースト・ミッション」のネタバレあらすじ結末と感想

トゥームレイダー ファースト・ミッションの概要:アンジェリーナ・ジョリー主演で大ヒットしたアクション映画をリブート。ララ・クロフト役のために鍛えに鍛えたアリシア・ヴィキャンデルは、アンジェリーナとはまた違ったララを見せてくれる。

トゥームレイダー ファースト・ミッションの作品情報

トゥームレイダー ファースト・ミッション

製作年:2017年
上映時間:118分
ジャンル:アクション
監督:ローアル・ユートハウグ
キャスト:アリシア・ヴィカンダー、ドミニク・ウェスト、ウォルトン・ゴギンズ、ダニエル・ウー etc

トゥームレイダー ファースト・ミッションの登場人物(キャスト)

ララ・クロフト(アリシア・ヴィキャンデル)
父が残した莫大な遺産を有しながら、それには頼らずに暮らしている。7年前にいなくなった父の残した資料を見つけ、もう一度、父と会えるのではないかと、冒険の旅に出かける。
リチャード・クロフト(ドミニク・ウェスト)
ララの父親でクロフト社の社長。妻が亡くなった失意の念から、ヒミコが持つパワーに魅せられ、妻を再び感じられるのではないかと思い、ヒミコの墓を探し回る。7年前に出かけたきり、行方不明となる。
マサイアス(ウォルトン・ゴギンズ)
秘密組織トリニティに雇われたトレジャーハンター。ヒミコの墓が見つけられず、7年間も島から帰れないことに苛立ちを感じている。
アナ・ミラー(クリスティン・スコット・トーマス)
クラフト社の重役。ララに遺産相続の手続きを勧める良きアドバイザーだが、実は…。

トゥームレイダー ファースト・ミッションのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

トゥームレイダー ファースト・ミッションのあらすじ【起】

ララ・クロフトは大学にも行かず、バイク便の仕事をしながら暮らしていた。父親はクロフト社を経営するリチャード・クロフト。7年前に出掛けてから消息不明になっていた。ララにはリチャードが残した莫大な遺産があったが、それには頼らずに暮らしていた。

ある時、クロフト社からアナ・ミラーが訪ねてくる。ララがサインをしないと、クロフト家の屋敷も含めた全ての資産が売却されてしまうという。

ララは社に赴き、父の死亡証明書にサインしようとするが、その時に日本のからくり箱を見せられる。リチャードから渡してほしいと頼まれていたのだそうだ。からくり箱を開けたララは、中から鍵と暗号文を見つける。

暗号文を解読したララは鍵を使い、クロフト家の屋敷の中に秘密の部屋があることを発見する。そこには、リチャードが探し求めていたヒミコの墓への資料があった。ビデオカメラにはリチャードの映像が残っており、ヒミコの資料を全て燃やしてほしいとメッセージが残されていた。

だが、ララはリチャードに会えるのではないかと考え、資料を持って父を探しに出かける。7年前、父はヒミコの島に渡るために、ある男から船を買っていた。ララはその男に会うため、香港へと向かった。

トゥームレイダー ファースト・ミッションのあらすじ【承】

ララは船を手配した男の息子、ルー・レンと出会う。彼と手を組むことにしたララは、二人でヒミコの島があるという“魔の海”へと船を走らせた。

リチャードはトリニティという秘密組織につけ狙われていた。トリニティは、神秘のちからで世界征服を企む組織だった。

島の周辺は嵐で、大荒れだった。船は転覆し、ルーともはぐれてしまう。ララは命からがら岸へと辿り着くが、何者かに殴られて気絶してしまった。目覚めると、マサイアスという男がいた。彼はトレジャーハンターで、トリニティに雇われていた。7年前から島にいて、ヒミコの墓を探しているのだという。彼はリチャードを知っていた。そして、リチャードを殺したと言った。

島には多くの労働者がいた。その中にルーの姿を見つけ、ララはホッとする。マサイアスは資料を奪うと、皆を引き連れて島の奥へと入っていった。

隙を見て、マサイアスの元から逃げ出したララ。その夜、森の中に人影を見つけたので追いかけてみると、それはリチャードだった。リチャードはヒミコの墓は暴いてはいけないものだと気がつき、マサイアスたちをかく乱していたのだ。だが、ララが持ってきた資料によって墓の入り口は発見されてしまった。

トゥームレイダー ファースト・ミッションのあらすじ【転】

ララはリチャードと島を脱出するため、マサイアスの衛星電話を奪いに行った。ルーを含めた労働者たちが拘束されていたので救出する。衛星電話を手に入れるが、リチャードが人質になってしまった。

マサイアスは、リチャードを助けたければ墓の入り口の暗号を解読しろという。ララは暗号を解読し、墓の扉を開けた。そこには、地下へと続く洞穴が広がっていた。

墓の中にはいくつものトラップが仕掛けられていた。しかもそれは、侵入を妨害するものではなく、脱出を阻むように作られたものだった。

トラップをくぐり抜け、ヒミコの棺へと辿り着いたララたち。棺を開けると、ヒミコの遺体が眠っていた。マサイアスたちはヒミコを運び出そうとする。

ララは不審に思っていた。ヒミコは死をもたらす邪悪なるもので、この島に島流しされたと伝承されていたが、ヒミコが描かれた壁画では、どうもそうではないらしかった。ララは、ヒミコが人々を守るために、自らを犠牲にしてこの島にやってきたのだと気がつく。

トゥームレイダー ファースト・ミッションの結末・ラスト(ネタバレ)

ヒミコは疫病にかかっていた。周りへの感染を防ぐためにこの島で眠りについたのだった。運び出そうとヒミコに触れたマサイアスの部下は感染し、そのまま息絶えてしまった。

トリニティの狙いは、この病原菌だった。これを使って世界征服をしようというのだ。マサイアスはヒミコの指先を持ち帰ろうとする。ララとリチャードはそれを阻止しようとするが、その最中、リチャードも疫病に感染してしまった。

リチャードは、ヒミコと共にここに残り、全てを爆破すると決めた。リチャードと別れたくないララは反対するが、マサイアスを止めろとララを送り出し、爆弾でヒミコと病原菌を自分もろとも消滅させた。

マサイアスを追いかけたララは、格闘の末、ヒミコの指先をマサイアスの口に押し込み、マサイアスは疫病で朽ち果てていった。

崩れていく墓から脱出し、ルーたちと合流したララは、マサイアスが呼んでいたヘリコプターで島から脱出することに成功した。

ララはロンドンに戻り、リチャードの死亡証明書にサインした。正式にクロフト社の代表となって遺産を相続したわけだが、経営は今まで通りアン・ミラーに任せることにした。

渡された資産リストを捲ったララは、クラフト社とトリニティが繋がっていることに気がつく。アン・ミラーもまた、彼らの一員のようだった。ララはトリニティの野望を阻止するため、再び冒険へと向かっていく。