「アンダードッグ 二人の男」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アンダードッグ 二人の男の概要:窃盗でその日暮らしをしている若者4人。ある日、ひょんなことから高級外車を盗んだことで、多額の借金を負ってしまう。若者達が盗んだ高級外車を奪った青年と、盗まれた男による切羽詰まった三つ巴の抗争を描いている。

アンダードッグ 二人の男の作品情報

アンダードッグ 二人の男

製作年:2016年
上映時間:92分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:イ・ソンテ
キャスト:ミンホ、マ・ドンソク、キム・ジェヨン、ダウン etc

アンダードッグ 二人の男の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『アンダードッグ 二人の男』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

アンダードッグ 二人の男の登場人物(キャスト)

ジニル(ミンホ)
窃盗で日銭を稼ぐ青年。喧嘩の腕はからっきしで、それなりに頭は回るものの大したことはない。責任感が強く仲間とガヨンをとても大切にしている。
ヒョンソク(マ・ドンソク)
カラオケ店の経営者。株で多額の負債を抱え、裏稼業として売春の斡旋を行い稼いでいる。妻と中学生の娘がおり、娘を溺愛している。根っからの悪人ではなく、まっとうになりたいと考えている。腕っぷしが強く強面。
ソンフン(キム・ジェヨン)
資産家の息子。わがまま放題に育てられ、プライドが高く罪悪感がない。金の力で何でもできると思っており、傲慢で驕っている。自分を貶めたジニルに復讐するため、執拗に追いかけている。
ガヨン(チョン・ダウン)
ジニルの恋人。赤毛の長髪で綺麗な容貌をしている。かつてはソンフンの恋人だったが、ジニルと逃亡。気が強く情が深い。
ボンギル(イ・ユジン)
ジニルと共に窃盗を働いている青年。少年院にてジニルと出会い意気投合。喧嘩が弱く頭もあまり良くないが、友情を大切にしている。
ミンギョン(ペク・スミン)
ボンギルの恋人。可愛らしい容貌をしている。気が弱く泣き虫。ボンギルのことをとても大切に思っている。

アンダードッグ 二人の男のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アンダードッグ 二人の男』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アンダードッグ 二人の男のあらすじ【起】

窃盗で悪事を重ね、その日暮らしをしているジニル、ボンギル、ガヨンとミンギョン。帰る場所も家もない4人は、互いに協力し合って暮らしていた。
ある日、仕事に失敗し金を稼げなかったジニルとボンギル。ガヨンとミンギョンは貧乏な暮らしに疲れ果て、自分達で金を稼ごうとネットのSNSを利用し、ある男とラブホテルへ入った。

男、ヒョンソクはガヨンと部屋へ入ると、自分が経営しているカラオケ店で働かないかと甘言を説く。ミンギョンから自分の恋人ガヨンが男とホテルへ入ったと聞いたジニルは驚愕し、ボンギルと共に部屋へ乗り込む。ヒョンソクは体格が良く強面でいかにも腕力がありそうであった。脅されつつもやり返し、無事にガヨンを連れて部屋を出る。ついでにヒョンソクが乗っていた高級車も盗んだ。

車を売れば楽に冬を越すことができる。ジニルは早速、車を売る手はずを整え購入者と会うことに。ところが、待ち合わせに現れたのは因縁の相手ソンフン。その昔、ジニルとガヨンは彼を貶めて刑務所送りにしたことがある。故にソンフンは2人に恨みを募らせ、復讐しようとしていた。4人は二手に分かれてソンフンから逃げ、別の場所で合流。車の持ち主から盗んだクレジットカードを使って腹ごしらえをした。

その頃、財布と車を盗まれたヒョンソクは、カード決済のメールを辿って4人を探し当てる。彼はガヨンを捕まえリーダーと思われるジニルを痛めつけた後、2人を連れ去った。
2人を自分の事務所へ連れて来たヒョンソクはガヨンの母親に連絡を入れ、車の弁償をさせようとしたが、彼女の母親は娘を見限り責任は取らないと言う。そこで、ヒョンソクはガヨンを自分の店で働かせ、被害に遭った金額を返してもらうことに。弁護士によって作成された借金の契約書にサインをさせられるガヨン。

アンダードッグ 二人の男のあらすじ【承】

返済額は総額2300万ウォンで、月15万ウォンの返済をすることになる。ガヨンを助けたければ2週間以内に全額持って来れば許すと言うヒョンソク。ジニルは必ずガヨンを助けると約束し、解放されることになるのだった。

朝になり、ボンギルとミンギョンと合流したジニル。あらゆる手を使って金を稼ぐと息巻く。その頃、表向きはカラオケ店だが、実は売春を斡旋しているヒョンソクは自分の娘と同年代の女達を働かせて金を稼いでいた。それも、誘われて株に手を出し、多額の負債を被ったせいである。彼は娘と同じ年頃の女の子たちに売春させていることを恥じていたが、負債の返済をするために仕方なく裏稼業へと手を出しているのだった。

数日後、かき集めた金を持ったジニルがヒョンソクの店へやって来る。彼は86万ウォンの領収書と音声による証拠を取り、ガヨンと会ってから帰って行った。
翌朝、帰宅したヒョンソクの元へジニルから車を奪った人物が判明したと連絡が入る。ソンフンと会うことになったヒョンソクは待ち合わせ場所へ。現れたのはジニルと同じ年頃の青年で突然、鉄パイプを振り回して来る危ない奴だった。

ソンフンへと反撃して痛めつけたヒョンソクは、車の返却と怪我をした部下の治療費を払うよう話したが、ソンフンは車も金もないと言う。それなら、総額3000万ウォンを払えと要求。弁護士を交え借金する方法を教えて返済する算段をつけた。

思い余ってヒョンソクの店へと襲撃したジニルとボンギルだったが、ヒョンソクに勝てるはずもなく、反撃されて負けてしまう。
やはりまともに金を返すしかないと考えたジニル。そこで、いつもの手を使って金を騙し取ろうとしたが、相手も警戒しており喧嘩沙汰が発生。そのせいで、ボンギルがナイフで腹を刺されてしまう。幸い、傷は浅く4針縫うだけで済んだ。

アンダードッグ 二人の男のあらすじ【転】

調べによると、ソンフンの家は資産家らしくソンフンが殺人罪で刑務所へ入っても、金の力ですぐに出所したらしい。それなのに3000万ウォンは払えないと言う。その上、奴はジニルのことを探している。返済の際、理由を聞くとガヨンはかつてソンフンの恋人で、ジニルが彼女を奪ってソンフンが人殺しをしたと警察に通報したと話すのだった。

ボンギルが怪我を負ってしまったことで、もう誰も頼ることができなくなった。ジニルは仕方なく最後の手を使うことに。それは唯一の肉親、伯父へと会いに行くことである。彼の伯父は自動車整備工を営んでおり幼いジニルを引き取って育て、整備工の技術を教え込んだ。ジニルは伯父に頭を下げて金を貸してもらうよう話す。彼には父親が残した保険金があったが、書類は伯父が保管しており手元にはなかった。

事務所で待つよう言われたジニルだったが、そこへ警察がやって来る。刑事は窃盗の罪でジニルを逮捕。ジニルは全てを白状する代わりに、ヒョンソクの店で売春が行われていることを密告した。警察署へ連行されると、ボンギルとミンギョンもいる。ジニルは彼らと口裏を合わせて自分が全ての罪を被ることにする。

刑事たちと示し合わせてヒョンソクの店へ向かったジニルだったが、ヒョンソクは危険を察して、女たちを別の場所へ連れ出していた。彼が知らぬ存ぜぬで通したため、ジニルは憤って彼を鉄パイプで何度も殴った。先んじて中へ潜入していた刑事たちによって外へ連れ出される。ジニルは一瞬の隙を突いて刑事から逃れた。

ソンフンがジニルを執拗に探して、ヒョンソクの家にまで押しかけたため、警戒を強めたヒョンソクはガヨンをジニルへ返すことにする。
ところが、ヒョンソクを尾行して彼の娘を捕まえたジニル。早朝にヒョンソクへと連絡を入れ、ガヨンと交換する旨を告げた。

アンダードッグ 二人の男の結末・ラスト(ネタバレ)

娘を人質に取られたヒョンソクは、すぐさまソンフンへと連絡を入れガヨンを解放。ジニルとソンフンを会わせることにする。外へ出たガヨンはジニルに連絡を入れ、指示通りに地下鉄へ乗った。だが、ソンフンはガヨンが捕らえられていた部屋へ乗り込み、ヒョンソクの部下を痛めつける。その後、事情を知ったソンフンはヒョンソクを呼び出して逆に脅しつけ、痛めつけるのだった。

ガヨンに指示を出した後、ボンギルへも連絡を入れたジニル。ボンギルは刑事と共にいて見張られている。駅の屋上駐車場にて待ち合わせをしたジニルは、ヒョンソクの娘を解放しとうとうガヨンと再会。腹部を殴られ痛みに呻くヒョンソクは、解放された娘からの連絡でひとまずは安心を得た。

ジニルは全ての罪を被って刑務所へ入るつもりだった。しかし、そこへソンフンが現れる。すぐさまガヨンを連れて逃げたものの、抵抗も虚しく捕まってしまう。ソンフンによって散々痛めつけられたジニル。そこへ、刑事たちから上手く逃れたボンギルとミンギョンが駆け付ける。ボンギルが助けに入ったものの、一撃でやられてしまう。ジニルはソンフンと更に殴り合いを展開。

娘を無事に助けたヒョンソクは、腹部に怪我を負いながらも屋上駐車場へ。彼はまずソンフンの手下を倒してガヨンを救出。その後、ソンフンへと殴りかかり、次にジニルへと掴みかかった。だが、ジニルは抵抗するでもなく、むしろガヨンを助けてくれたと血塗れになりながらも礼を言う。ヒョンソクは彼を殴ることができずに手を離した。

パトカーのサイレンが聞こえる。ソンフンは捕まって刑務所に入ってもすぐに出て来て、またジニルを狙うと笑う。その笑みを目にしたジニルは、ソンフンへと掴みかかり屋上駐車場から一緒に転落。ソンフンは頭部を強打し即死したが、ジニルにはまだ息があった。彼は仰向けになり泣き叫ぶガヨンを目にして息を引き取るのだった。

アンダードッグ 二人の男の感想・評価・レビュー

互いにやり返し、負の連鎖が続くストーリー。登場人物は主に若者で、とにかく悪知恵ばかりを働かせる。そこへ、大人のカラオケ店経営者が加わり、ガキどもを懲らしめるといった構図。誰が一番悪いかと言うと資産家の息子が一番、悪党である印象が強い。

主人公も経営者も何かしら守るものがあって、致し方なく悪事に手を染めている。だが、資産家の息子は貧困とは無縁でプライドを傷つけられたので、憤っているだけ。突っ込みどころはある。窃盗で稼いでいる主人公の腕っぷしがやけに弱いことや、夫の苦悩を鑑みない妻や娘とか。それぞれに問題を軽く見ていて上滑りしている感じはあるものの、喧嘩のシーンは息を飲む迫力で、ラストシーンには衝撃を受ける。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする