映画『アンロック 陰謀のコード』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「アンロック 陰謀のコード」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アンロック 陰謀のコードの概要:CIAで優秀な尋問官をしていたアリスは自分が関わったテロ事件で死者を出して以来、前線から退いていた。そんな彼女に尋問の依頼が舞い込む。だが、その尋問は彼女を大きな陰謀へと巻き込んでいった。

アンロック 陰謀のコードの作品情報

アンロック 陰謀のコード

製作年:2017年
上映時間:98分
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:マイケル・アプテッド
キャスト:ノオミ・ラパス、オーランド・ブルーム、トニ・コレット、ジョン・マルコヴィッチ etc

アンロック 陰謀のコードの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『アンロック 陰謀のコード』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

アンロック 陰謀のコードの登場人物(キャスト)

アリス(ノオミ・ラパス)
CIA捜査官。とても優秀な尋問官だったが、今はロンドンの地区センターで潜伏する犯罪者を探すおとり捜査をしている。
ラッシュ(マイケル・ダグラス)
アリスの同僚。CIAロンドン支局勤務。アリスを前線に戻したいと思っている。
ボブ・ハンター(ジョン・マルコビッチ)
CIAヨーロッパ部門長。アリスの身に起きたことを調べ、被疑者の一人として彼女を追っていく。
ジャック・オルコット(オーランド・ブルーム)
元海兵隊員。盗みを働いていたところをアリスと遭遇する。彼女の状況を知り協力を申し出る。

アンロック 陰謀のコードのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アンロック 陰謀のコード』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アンロック 陰謀のコードのあらすじ【起】

CIAで尋問官の職に就いていたアリス。彼女は優秀だったが、パリでのテロ事件の時に尋問が間に合わず子供を含めた24名が爆死するという事態が発生。彼女に非は無かったがアリスは自分を責め、今は前線から退き、ロンドンの地区センターを隠れ蓑に潜伏犯を探し出すおとり捜査をしていた。

ある時、彼女の元にフランク・サッターと名乗るCIA捜査官が訪れ、尋問を依頼してくる。第一候補の尋問官が殺されたことでアリスに白羽の矢が立ったのだ。尋問する相手は若いモロッコ人の男性ラティーフ。彼はイスラム教指導者ハリルの指示により、マーサーという男に伝言を託されていた。マーサーはバイオテロを計画しており、CIAは一刻も早く情報を聞き出したかった。

ブランクはあってもアリスの尋問テクニックはずば抜けていた。巧みにラティーフの感情を揺さぶり、伝言である秘密の暗号“アリーによる言葉”について聞き出すことに成功。アリーの言葉についてアリスが説明しようとした時、母親から電話が入り、彼女はバスルームへと場所を替えた。

だが、その電話は母親ではなくCIAからのものだった。電話の相手は、尋問してほしい者がいるからすぐに来てほしいと言う。詳しく尋ねたアリスは、その相手がたった今尋問しているラティーフだと気がつく。今、この場に集まっているCIAが偽物だと気がついたアリスは、彼らをうまく誘導し、銃を奪ってラティーフと共に逃亡を図る。だが、その途中でラティーフは彼らに射殺されてしまった。

アンロック 陰謀のコードのあらすじ【承】

アリスは旧友でCIAロンドン支局に勤めるラッシュの家に避難し、自分がハメられたことを告げた。ラッシュは内通者がいるのではないかと疑問を投げかける。だが、そこに銃を持った男たちが現れた。妻のために用意した別宅へ逃げろとラッシュは言ったが、その直後に射殺されてしまう。

男たちから逃げたアリスはラッシュの別宅へ到着。そこにはちょうど盗みを働いている男がいた。その男は元海兵隊のジャック・オルコットという人物でイラクにも行ったことがあるという。アリスは彼を銃で脅すと身柄を拘束した。

CIAもアリスの身に起きたことを感づき始めた。アリスはCIAに電話を掛け、ヨーロッパ部門長のボブ・ハンターと話をする。アリスは今までに起きたこと、ハリルの暗号の情報を流してしまったこと、内通者がいる可能性を告げた。しばらくして、ハンターが差し向けた突撃隊が現れた。アリスは逃げたが、スタンガンで動けなくされてしまう。そこにジャックが現れ、彼女を助けてくれた。

アリスとハンターの会話を盗み聞きしていたジャックは協力を申し出た。アリスは少し不安だったが同行を許可する。地区センターで知り合ったアムジャドという男に、ハリルが食事をするトルコ料理店の場所を調べてもらい、三人はそこへ向かった。

ハリルと会うことができたアリスは状況を説明。ハリルがラティーフに託したメッセージが何者かによって変えられ、別のことをしようとしているのだとアリスは言った。ハリルから詳細を聞いたアリスは、彼がバイオテロを決行しようとしていたのではなく、中止しようとしていることを知る。どうやらハリルとは逆に、バイオテロを引き起こしたい人物がいるようだ。

アンロック 陰謀のコードのあらすじ【転】

アリスの友人でMI5の捜査官エミリーから連絡があった。彼女はマーサーが使者と落ち合う場所を調べ上げていた。ジャックと共にそこに向かおうとしたが、彼のふとした発言により、アリスは彼が嘘をついていることに気がつく。正体がバレたジャックはアリスに襲い掛かってきた。アリスはピンチに陥ったが、異変に気付いたアムジャドの助けで窮地を脱する。

エミリーと合流したアリスとアムジャド。アムジャドに使者のふりをしてもらうとエミリーは提案したが、アリスは気が進まなかった。三人のスナイパーを監視に付け、待ち合わせの桟橋に向かったアムジャドの前にマーサーが現れた。だが、それはマーサーではなくサッターと一緒にいた仲間だった。アムジャドは彼に撃たれて死亡してしまう。

スナイパーの一人もマーサーの一味だった。彼はエミリーたちを裏切り、アリスを撃ち殺そうと狙った。だが、エミリーの機転によってそれは回避され、スナイパーは逃走していった。しかし、使者のふりをしたサッターの仲間によってマーサーにバイオテロを実行するように指示を出されてしまう。

アリスは桟橋で仲間がサッターと落ち合う場所を盗み聞きしていた。そこに向かった彼女は真の黒幕を知ることになる。全てはラッシュの仕業だった。彼はハリルからの伝言でテロを行っていたが、彼がテロをやめようとしていることに気がつき暴走したのだ。アリスを騙すために自分の死を偽装し、ジャックを送り込んで暗号を聞き出そうとしていた。

アリスが防げなかったパリの爆破テロにも彼が関わっていた。アリスの尋問によりテロは防げたはずだったが、裏切り者のCIAを殺すために作為的に情報を遅らせて爆破させたのだ。バイオテロのターゲット場所を知りたいアリスはラッシュをわざと逃がし、後を追っていった。

アンロック 陰謀のコードの結末・ラスト(ネタバレ)

ラッシュの狙いはロンドンでのアメフト大会が行われるスタジアムだった。そこのエレベータにバイオ兵器が仕掛けられていた。兵器を仕掛けたスナイパーと合流したラッシュが受け取ったのは5分後にタイマーがセットされた起爆装置だった。

後をつけたアリスはラッシュに銃を突きつけると、なぜこんなことをするのか尋ねた。ラッシュが言うには、これはアメリカの防衛力を高めるための行為だという。アメリカは事が重大になってからでないと行動を起こさない。今回はバイオテロに対する危機感を強め、それに対応できるだけの防衛力を付けさせるためのデモンストレーションだと言う。

アリスはラッシュの暴挙を止めようと起爆装置を奪おうとするが、高台から落下しそうになり身動きが取れなくなってしまう。だが、彼女を落とそうと近づいてきたラッシュを捕まえると、起爆装置を奪って代わりに彼を突き落とし、バイオテロは寸前のところで回避された。

ハンターからの電話でマーサーが行方をくらませたことを知ったアリス。彼が逃げた先を分析した彼女はマーサーを倒すためにチェコのプラハへと向かった。マーサーはイスラム教の過激派と合流するところだったが、その前にアリスに発見されて殺されてしまった。ハンターと合流した彼女は、満を持してCIAの前線へと復帰を果たしたのだった。

アンロック 陰謀のコードの感想・評価・レビュー

誰が黒幕かという推理部分については、すぐに分かってしまう。爆破テロを止められず子供の命も犠牲になったことで落ち込むアリスだが、アムジャドの死がさらっと終わってしまうのも少し不自然。このタイトルならば、最後は自白を引き出す展開で締めたら面白かったかもしれない。ただ、アリスのキャスティングに関しては完璧で、ノオミ・ラパスが演じたことにより凄腕尋問官の説得力がすごく生まれており、魅力的なキャラクターに仕上がっている。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする