映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のネタバレあらすじ結末と感想

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の概要:リュック・ベッソン監督が、『スター・ウォーズ』シリーズに影響を与えたといわれるフランスの人気シリーズコミック『ヴァレリアンとローレリーヌ』を映画化。宇宙をパトロールするエージェント、ヴァレリアンの活躍を描く。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の作品情報

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

製作年:2017年
上映時間:135分
ジャンル:SF、アクション
監督:リュック・ベッソン
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ etc

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の登場人物(キャスト)

ヴァレリアン(デイン・デハーン)
宇宙をパトロールするエージェント。仕事はできるが、私生活での女性関係はいい加減。相棒のローレリーヌにプロポーズするが相手にされない。
ローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)
宇宙連邦捜査官でヴァレリアンの相棒。ヴァレリアンからいつも愛の告白を受けているが、相手にしていない。時に彼を助け、時に助けられ、頼れる相棒である。
フィリット司令官(クライヴ・オーウェン)
ヴァレリアンとローレリーヌに惑星キリアンからコンバーターを奪取してくる任務を命ずる。かつて惑星ミュールが滅んだ戦いに関与していた。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のあらすじ【起】

世界初の宇宙ステーションのドッキングから数百年が経ち、様々な時代で宇宙ステーションはドッキングを繰り返していた。いつしか人だけではなく、異星人と握手をする人間の姿がそこにはあった。長年の様々な異星人とのドッキングを繰り返したアルファ宇宙ステーションは巨大化し、地球の重力圏から解放されることになる。そして400年の時がたった。

惑星ミュールでは、そこに住むパール人が平和な暮らしを営んでいた。しかしある日、空から次々と宇宙船が墜落してくる。そして、巨大な宇宙船の落下爆発に一人のパール人が巻き込まれてしまうのだった。

それはヴァレリアンの脳に送り込まれたイメージだった。目を覚ましたヴァレリアンは、不思議に思う。しかし、そのイメージが何処から送られたのかはわからないのだった。そして、ヴァレリアンはローレリーヌと共に任務のため、惑星キリアンに向かう。そこは異次元空間が重なり合う惑星。任務を遂行する直前、ヴァレリアンはローレリーヌにプロポーズをするのだった。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のあらすじ【承】

ヴァレリアンはローレリーヌの助けを借り、任務を遂行し、コンバーターを手に入れる。そして、アルファ宇宙ステーションへ向かうのだった。

一年前、ステーション内に汚染が発見される。調査隊は全員戻ってこなかった。その汚染排除のためコンバーターが必要だった。そしてステーションでは、パール人がフィリット司令官によって拷問にかけられていた。しかし、ヴァレリアンとローレリーヌはそのことは知らないのだった。

フィリット司令官の警護のため二人は、会議に出席する司令官に同行する。会議場にヴァレリアン、外にローレリーヌの配置で警護をする二人。ローレリーヌは通りすがりのドーガンという異星人からパール人に関する情報を得る。そこへ侵入者の警報がなる。二人は司令官を避難させようとするがドアが開かない。爆発が起き、パール人たちが銃を乱射しながら乗り込んで来る。誰も殺さずに会議場を制圧したパール人たちは、司令官を拉致し立ち去るのだった。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のあらすじ【転】

ヴァレリアンはパール人の後を追い、ローレリーヌは司令室からヴァレリアンに指示を送る。ヴァレリアンは最短コースを取るため、ステーション内の壁を次々と壊しながら先へと進む。

宇宙船に乗り込んだパール人たちを、ヴァレリアンも宇宙船で追いかける、攻撃を仕掛けるとパール人の宇宙船は無数の小さな宇宙船に分離して逃げるのだった。ヴァレリアンは、司令官を乗せた小型宇宙船をロックし追いかけ、アンカーをかけるがそのまま制御不能となってしまう。司令室のローレリーヌは、ヴァレリアンのシグナルをロストしてしまうのだった。

ローレリーヌはすぐさま追いかけようとするが、フィリット司令官の部下であるオクト=バー将軍は彼女を拘束し、救助には向かわせない。しかし、ローレリーヌは警備員をなぎ倒し、ヴァレリアンの救出に向かうのだった。

ローレリーヌは、再びドーガンから情報を得て、何とかヴァレリアンを探し出す。しかし、ヴァレリアンはローレリーヌにありがとうも言わない。二人は、任務に戻ろうとするが、今度はローレリーヌが異星人ブーラン・バーソルにさらわれてしまう。今度はヴァレリアンが彼女を助けに行く。ローレリーヌを救出したヴァレリアンは、二人でパール人たちがいる場所へ向かうのだった。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の結末・ラスト(ネタバレ)

惑星ミュールで死んでしまった女王の魂は、ヴァレリアンを選んだのだった。そのせいで彼の頭にはパール人のイメージがあったのだった。パール人たちは、惑星ミュールの周りで起きていた戦争に巻き込まれ、生き残ったものが何とか逃げ込んだのが、アルファ宇宙ステーションだった。彼らにはコンバーターが必要だった。そして、惑星ミュールが滅んだ原因は、当時その戦いに参加していたフィリット司令官にあるのだった。フィリット司令官は、その証拠を消すために、パール人を拷問し、さらにアルファ宇宙ステーションにいる彼らを抹殺しようと企んでいたのだった。

ヴァレリアンは、コンバーターを渡そうとするローレリーヌを止める。しかし、愛の力を訴えるローレリーヌの言葉に納得し、コンバーターをパール人に返すのだった。コンバーターの力によって惑星ミュールが復活する。しかし、パール人たちが隠れている場所の周りは軍によって包囲されていた。フィリット司令官の一言で、戦闘用アンドロイド、k-トロンが攻撃を始めてしまう。仕掛けられた時限爆弾の爆発の直前、パール人たちは自分たちの船で脱出をする。爆発はオクト=バー将軍たちの働きで、間一髪で止められるが、ヴァレリアンとローレリーヌの乗ったシェルターは宇宙空間にはじき出され、漂流してしまう。しかし、その中で二人は愛を誓い合うのだった。

この記事をシェアする