8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『妖怪人間ベム』あらすじ&ネタバレ感想。無料視聴できる動画配信は?

同名の人気テレビアニメのドラマ化作品の映画化。ドラマ最終回の戦いの後、ベム、ベラ、ベロの3人がたどり着いた街で次々と怪事件が起こる。監督は狩山俊輔、脚本は『小野寺の弟・小野寺の姉』の西田征史。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

妖怪人間ベム 作品情報

  • 製作年:2012年
  • 上映時間:124分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:狩山俊輔
  • キャスト:亀梨和也、杏、鈴木福、柄本明、石橋杏奈 etc…

妖怪人間ベムの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『妖怪人間ベム』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2021年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

妖怪人間ベム 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

妖怪人間ベム あらすじ(ストーリー解説)

映画『妖怪人間ベム』のあらすじを紹介します。

1つの細胞から生まれた妖怪人間、ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)の3人。名前の無い男(柄本明)との戦いで、人間になることよりも人間を守ることを選択した3人は、ある街にたどり着く。そこでは次々に怪事件が起きていた。MPL製薬の社員が襲われる事件が続き、事件現場には必ず巨大な爪あとが残されていたのだ。事件の謎を追うベムの前に、再び名前の無い男が姿を現す。一方、ベロは街で出会った少女みちるに恋をする。母親が怪事件の被害者になり、落ち込む彼女を救いたいベロ。しかし、彼らの前に現れた未知の生物は、みちるの母サユリ(観月ありさ)の変わり果てた姿だった。

妖怪人間ベム 感想・レビュー(ネタバレ)

映画『妖怪人間ベム』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

悪くない

ドラマシリーズは結構評判が良かったんですよね。ドラマの好評を受けての映画化。同じ過程で映画化された『怪物くん』は悲惨なことになっていましたけど、ベムはどうだったのか?

結論から言うと、悪くはありませんでした。一見さんお断りの演出はあまり目立たなかったし、ベム、ベラ、ベロの特殊メイクもあまり気にならないものですね。気にならないというか、原作の雰囲気がかろうじて残っている程度で、完全に人間でしたけど。あれ、妖怪じゃないよ!カッコいいなー!と思う映像もいくつかありましたし、その点では不満はないです。私もかなりハードルを下げて観ていましたから。

では、どうしようもなく許せない点について文句を言っていきたい。言わせて欲しい!

モラルハザード

テレビ屋映画にありがちですが、「それ、絶対に有り得ないから!この映画のリアリティラインはどうなってんだよ!」というシーンがちらほら。まあ、妖怪が主人公の映画なんで、リアリティラインなんてあってないようなもの……いや、だからこそリアリティラインをどこに引くのかが大切になります。我々が暮らす実社会にベムたちが現れたのか、架空の世界に現れたのかでは、まるで違う。冒頭で起こるバスジャック、子どもがいるのに銃を乱射する警官。お前……警官失格だろ!このシーンだけでマジメに観る気が無くなりそうに。子どもがおるねんで!子どももたくさん観に来る映画やで!映画泥棒さんは子どもに怖がられないように努力を重ねているというのに……。絵面にがっつくといいこと無いね。

妖怪人間ベム まとめ

結論として、好感を持つ点もあるものの、上記のシーンなど、良くない点も多々ある、という感じですかね。ドラマを見ている状態で鑑賞していればもっと楽しめたのかもしれませんが、原作すらろくに知らない私には、面白さがいまいち伝わってきませんでした。映画の評価は悪くないので、まあいいんじゃないですか。私のテンションが低いのは、面白さもつまらなさも中途半端だからなんです。飛び抜けているわけではない。せっかく杏さんがいい感じの演技をしているのに、彼女を活かせてないのも残念でしたね。ムチを使ったアクションが面白くなさすぎでがっかりでした。

あと、超大物の武器が鉄パイプというのはどうかと思うぞ!もっと良いアイテムを使わせてあげて欲しかった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクション映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました