映画『007 スカイフォール』あらすじとネタバレ感想

007 スカイフォールの概要:ダニエル・クレイグ主演の「007」シリーズ第23作。共演は、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム、ナオミ・ハリス、ベン・ウィショー。サム・メンデス監督の2012年アメリカ映画。

007 スカイフォール あらすじ

007 スカイフォール
映画『007 スカイフォール』のあらすじを紹介します。

イギリスの諜報機関、M16のエージェント、ジェイムズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、相棒のイヴ(ナオミ・ハリス)と共にトルコでの作戦に参加。その作戦中にM16の工作員を失い、NATO工作員全員の情報が入ったディスクを奪われてしまう。
ボンドは、ディスクを取り戻すべく、実行犯とみられるフランス人の傭兵パトリス(オーラ・ラパス)を追う。そして、パトリスと列車の上で闘うが、イヴの放った銃弾がボンドに命中!ボンドは谷へ落下すると行方不明に。

ボンドが行方不明になってから、数カ月が経った。M(ジュディ・デンチ)はボンドの死亡報告書を提出し認定された。情報国防委員のギャレス・マロリー(レイフ・ファインズ)から、情報漏えいの件でMは追及され、引退勧告をされてしまう。
しかし、Mはそれを拒否。すると、Mのパソコンが何者かにハッキングされてしまう。同時にM16の本部も破壊され、多数の死傷者を出したのだった。

この事件をきっかけにボンドは再びM16へ戻り、エージェントとして働くことを決意。だが、寄る年波には勝てず、ボンドの復帰テストの結果は散々なものであった。それでも、Mはボンドに希望を賭け、復帰を許した。
ボンドは美術館で、新しく仕事をすることになる兵器開発課のQ(ベン・ウィショー)と会う。Qから装備を渡されるが、大学生にしか見えない彼を見て、ボンドは世代交代を強く意識してしまう。

ボンドは上海へ。フランス人傭兵のパトリス殺害に成功。しかし、肝心の雇い主の正体が掴めない。パトリスの仲間である謎の女性ゼブリン(ベレニス・マーロウ)と接触し、雇い主を探っていると、ボンドはゼブリンと共に船上で拘束されてしまう。
パトリスとゼブリンの雇い主は、ラウル・シルヴァ(ハビエル・バルデム)。シルヴァは、M16の元エージェントであり、Mを強く憎んでいた!

ボンドはシルヴァをM16の本部に拘束した。そして、Qと共にシルヴァのコンピューターを解析し、暗号を解く。その直後、シルヴァの拘束が解け、彼に逃げられてしまう。ボンドはすぐにシルヴァを追ってゆくが、Qは突然の事にあたふたしてしまう。

こうして、シルヴァとMとの因縁の闘いが表面化した。ボンドは、シルヴァを追って、スコットランドにあるボンドの生家・スカイフォールへ。近くの礼拝堂でMは、シルヴァと共に死ぬ覚悟を決めていた。シルヴァの復讐を止めることはできるのか?

007 スカイフォール 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2012年
  • 上映時間:143分
  • ジャンル:アクション、ラブストーリー、サスペンス
  • 監督:サム・メンデス
  • キャスト:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス etc

007 スカイフォール ネタバレ批評

映画『007 スカイフォール』について、感想批評です。※ネタバレあり

ときめき!メガネ男子~最年少Q役を演じる、ベン・ウィショー

Q役を演じる、ベン・ウィショーのメガネ男子っぷりにキュンとなった女子は多いのではないでしょうか。筆者もときめいた一人です。ベン・ウィショーは細身の体形なので、体にぴたっととしたカーディガンにパンツスタイルがよく似合う。

美術館で、ボンドと初めて会うシーンは必見です!本作では、コンピューターの天才を演じていますが、実際の彼はコンピューターを扱うのが苦手らしい。天然なところもあり、悪役・シルヴァの拘束がパソコンの解析中に解けた時は一瞬、ぼぅっとなっています。

ベン・ウィショーの魅力は、シェイクスピア戯曲で培った演技力に加えて、柔らかな笑顔や守ってあげたい感がいっぱいなところ。つまり、母性本能を引き出す、稀有な才能の持ち主でもあると思うのです。

Q役はベン・ウィショーで6代目。これまで、歴代の「007」シリーズを観ても、Qがボンドに装備を渡すくらいで活躍はあまりなかったのですが、本作からは違う!Q役とボンドのからみは多いですよ。一緒にパソコンを解析したり、2人の会話も楽しい。
テーマは世代交代でしょうか。若者と経験豊かな年長者が協力して新たな作戦を遂行するというのも、ワクワクしますね。

原点回帰と若返りが成功の秘訣だった!

イギリスのスパイ映画といえば、「007」シリーズ。ジェームズ・ボンドというと初代ボンド役のショーン・コネリーの姿が思い浮かびます。スパイ映画なんて、時代遅れだよとあまり期待せずに観たのですが、本作には大満足です!

ボンド役を演じる、ダニエル・クレイグの瞳が美しい。寄る年波には勝てず、ボンドの復帰テストは散々の結果だったというのに意思の強さを感じさせます。加えて、リアルな世代感を出すことで、より人間的なボンドの魅力を表現しています。

Q役で大ブレイクしたベン・ウィショーの知性や柔軟さが今後も、ダニエル・クレイグとの演技に生かされてゆくでしょう。2人のバディな関係にも注目です!

また、Mをずっと演じてきたジュディ・デンチが本作をもって「007」シリーズを卒業。
新たなMには、マロリー役レイフ・ファインズが就任とこれからも、「007」から目が離せない!

007 スカイフォール 感想まとめ

ダニエル・クレイグ主演の映画なのに、ベン・ウィショーの事ばかり書いていると、「007」シリーズのファンは怒ってしまうかもしれません。だけど、知的で柔らかな演技から、「パフューム ある人殺しの物語」のような狂気の演技まで魅せてくれる俳優はベン・ウィショーしかいないのです!

これから、Q役が定着し、「007」シリーズの新たな魅力になると思うとうれしい。特に美術館でボンドと出会うシーンやパソコンの前に立つQのシーンは何度観ても、くすっと笑ってしまいます。うん、うん、こんなQありだよねという感じでしょうか。

真面目に演じているのに、なぜか世代間ギャップでコメディになっちゃう。ダニエル・クレイグの事を、”お父さんみたいなんです。”とベン・ウィショーは語っています。2人の仲の良いバディ感が次作でも観られるでしょう。

「007」シリーズの最新作は、2015年12月4日公開の「007 スペクター」です。犯罪組織スペクターとの闘い(シリーズ最大の敵!)とボンドの過去が描かれる予定。ボンドの愛車アストンマーチが、Qのアイデアでスゴイ装備になるらしい!もう、観なきゃダメでしょ。

Amazon 映画『007 スカイフォール』の商品を見てみる