映画『20世紀少年』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『20世紀少年』のネタバレあらすじ結末

20世紀少年の概要:浦沢直樹による伝説的コミック、”20世紀少年”の実写化。2008年から2009年に渡って計3部作で公開され、原作に限りなく近い俳優陣のキャスティングは原作ファンからも好評を博した。

20世紀少年の作品概要

20世紀少年

公開日:2008年
上映時間:142分
ジャンル:SF、アドベンチャー
監督:堤幸彦
キャスト:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之 etc

20世紀少年の登場人物(キャスト)

ケンヂ / 遠藤健児(唐沢寿明)
少年時代には同級生の中でリーダー格であったが、中年となった今は長年夢見たロックスターを諦めコンビニで働いている。かつて仲間たちと共に「よげんの書」を作成した。
カンナ/ 遠藤カンナ(平愛梨)
ケンヂの姉の子供であるが、姉が行方不明となってしまった為ケンヂによって育てられている少女。

20世紀少年のネタバレあらすじ

映画『20世紀少年』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

20世紀少年のあらすじ【起】

物語の始まりは今よりも少し遡った時代。この年、大阪万博を間近に控えた日本は国全体が活気に満ちていました。また、世界でも人類が初めて月に辿り着いたという歴史に残る年でもあります。そんな激動の年、主人公のケンヂはまだ小学生でした。

毎日半袖半ズボンで走り回る若かりし頃のケンヂは、ある日人目につかない場所を見つけました。茂みの奥にあるその場所は、子供だから立ち入りのできるであろう場所で、大人は近付きそうにもありません。そこで、ケンヂは学校の同級生、オッチ、ヨシツネ、ユキジ、モッチャン、フクベエ、マルオ、ドンキーに声をかけ、全ての子供達の夢である、秘密基地の製作を立案するのでした。

そして、大人達の目の届かない自分達だけの場所を手に入れたメンバーは、その秘密基地で『よげんの書』というノートを作り上げます。そのよげんの書には、悪の組織が地球を滅ぼさんとする計画、そしてその企みを止めるための術を記しました。

20世紀少年のあらすじ【承】

そして、そんな楽しい少年時代から時は流れ1997年、かつては夢にあふれた小学生であったケンヂも立派な中年になっていました。ケンヂは夢であったロックスターを長年目指していましたが、とうとうその夢を諦めます。

そして、コンビニ経営という夢からはかなり遠ざかった仕事をしながらカンナという少女と暮らしていました。カンナはケンヂの実子ではなく、ケンヂの姉の子供でした。しかし姉が突如行方不明になってしまった為、今では代わりにケンヂが育てているのでした。

そしてこの頃、ケンヂの周りで不思議な出来事が続きます。姉の失踪に加え自分の経営するコンビニの常連である客までもが行方不明となりました。更に、かつての同級生で秘密基地のメンバーであったドンキーも謎の死を遂げたのです。そして丁度その頃、日本を大きく揺るがす事件が起こります。「ともだち」と呼ばれる顔面にマスクをつけたスーツ姿の教祖が率いるカルト集団が突如として現れたのです。

20世紀少年のあらすじ【転】

その「ともだち」はたちまちに強大な勢力を作り上げ、日本において圧倒的な力を持ち始めます。そして「ともだち」と「ともだち」が率いる集団によって日本内では様々な不可解な事が起こり始めます。しかし、ケンヂにはそれらの事件にどこか既視感がありました。そして、ケンヂはそれらの出来事がかつて自分と仲間達が書いたよげんの書に記してある内容と酷似している事に気がつくのです。

ケンヂはかつての仲間達に声をかけ、その事について話し合います。そして、やはり偶然にしてはあまりに出来すぎている現状に、よげんの書の作者である自分達が「ともだち」を止めなければいけないという結論に至りました。更に、ケンヂは未来が視えるという謎の老人から、人類の滅亡にケンヂが関わっていると予言されたのです。

一行は「ともだち」を止める為に動き出しました。しかし、自分にとって邪魔な存在であるケンヂ達を「ともだち」はテロリストに仕立て上げ、反対にケンヂ達が追われる立場となってしまったのです。

20世紀少年のあらすじ【結】

今までその通りに事が動いてきたよげんの書には、人類が滅亡する日にちまで記されていました。その日とは2000年の12月1日です。今まで「ともだち」を止めるべく密かに動いてきたケンヂ達は、確実に「ともだち」がその日に何かを仕掛けてくると踏み密かに準備をしていました。

そしてその運命の日、何と突如として東京に巨大なロボットが現れたのです。原始の力で動くそのロボットは、東京の街を次々と破壊していきます。そして更に、細菌を辺りにばらまいていきました。破壊の影響に加え細菌兵器まで投入された東京は、未曾有のパニックに陥ります。事態を予期していたケンヂ達でしたが、そのあまりに強大な力を前に為す術もありません。

テロリストとして追われる立場であるケンヂ達は派手な動きも出来ず、破壊の限りを尽くされる東京の街をただ見ているしかありませんでした。よげんの書のとおり、本当に人間はこの日に最期を迎えてしまうのでしょうか。物語は第2作目へと続きます。

20世紀少年の解説・レビュー

大ヒットコミックの実写映画化

私は浦沢直樹の原作コミックは未読なのだが、映画は限りなく原作に忠実に作られているようだ。キャストはよくこれだけ集められたなと思うほど豪華で、お金がかかっているのが分かる。妥協することなく原作の通りのキャラクターに仕上がっている。
公開前からものすごい評判の映画であったことを覚えている。
原作の再現にこだわった作品なので、特に原作ファンにとってはワクワクする映画だったのではないだろうか。

ノスタルジックな雰囲気がいい

過去の回想はもちろん昭和時代だが、現代の時代設定もやや古く2000年。メインの登場人物がほとんど中年ということもあってか、昭和の雰囲気を引きずりつつ現代まで来たという印象がある。
かつてロック・スターを夢見たケンヂがギター片手に歌うシーンが特に印象的だった。歌詞を見てみると、夕方どこからか漂ってくる晩御飯のカレーの匂いやコロッケの味など、なつかしくて切ない気分にさせられる。

何も解き明かされていない

三部作として作られているので仕方がないことではあるが、この第一章だけでは何の謎も解き明かされない。全体から見るとほんの序章に過ぎないのだろう。
原作を知っていれば、今どのあたりのストーリーなのか思い出しつつ楽しめるのだろうが、何も知らない人にとってはちんぷんかんぷん。
こんなところで終わるの?と驚くエンディングで、こんな起承転結が成り立っていない作品を独立した1本の映画としていいのだろうかと疑問に思った。

20世紀少年の感想まとめ

原作は20巻を越える壮大なストーリーの作品で、キャストも脇役まで豪華。原作のイメージがどれほど再現されているのかはわからないが、独特の雰囲気があっていい。今作はシリーズものの序章に過ぎないので映画としての評価はしにくいが、次作以降に期待できる作品になっていたと思う。
次作までに復讐して整理しておきたいのが、「ともだち」は一体誰なのか、彼の目的は何なのか、ケンヂたちは無事なのか、ということ。推理する楽しみがある。

Amazon 映画『20世紀少年』の商品を見てみる

関連作品

次作 20世紀少年 第2章 最後の希望