映画『28日後…』あらすじとネタバレ感想

28日後…の概要:ダニー・ボイル監督、アレックス・ガーランド脚本の2002年公開の世界的ヒット映画。人間の凶暴性(レイジ)をむき出しにしてしまう“RAGEウィルス”が蔓延した世界を描いた。

28日後… あらすじ

28日後...
映画『28日後…』のあらすじを紹介します。

ケンブリッジにある霊長類研究センターに動物愛護団体のメンバーが侵入、捕らわれているチンパンジーたちを開放しようとした。
だがそこにいたチンパンジーは、凶暴性を高める伝染病“RAGEウィルス”に感染していた。

・・・28日後。
メッセンジャーをしているジムは病院で目覚めた。
病院はおろか彼の住む街ロンドンはゴーストタウンと化しており、ひとまず教会へ向かうと神父が襲い掛かってきて、謎の2人組に救われる。
逃げ込んだ先で命の恩人、マークとセリーナに状況を説明されたジム。
感染力の強いレイジウィルスが蔓延し、何もかもが崩壊した世界になったのだと聞かされる。
ジムの実家に向かったものの、襲ってきた感染者によってマークが感染してそのまま命を落とすことになった。

その後、フランクとハンナという父娘に出会ったジムとセリーナ。
軍のラジオ放送を聴いた4人は駐屯地を目指して車で出発し、束の間の買い物を楽しみつつ目的地へ到着する。
しかしそこには何もなく、移動しようとするが予想外の方法でフランクが感染し、隠れていた軍人たちが姿を現す。

ウエスト少佐率いる軍人たちに保護された3人だったが、彼らの目的はセリーナとハンナだった。
正気を失ったウエスト少佐たちと意見の食い違う軍曹とジムは処刑されそうになるが、ジムはなんとか逃げる事に成功し、セリーナとハンナを助けようとする。

28日後… 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2002年
  • 上映時間:114分
  • ジャンル:ホラー、SF
  • 監督:ダニー・ボイル
  • キャスト:キリアン・マーフィ、ナオミ・ハリス、クリストファー・エクルストン、ミーガン・バーンズ etc

28日後… ネタバレ批評

映画『28日後…』について、感想批評です。※ネタバレあり

凶暴な人間の怖さを描いた感染パニック映画

大ヒットした感染パニック映画「バイオハザード」シリーズの第1作目と同じ年に公開された作品。
「バイオハザード」のように感染者が一旦死んでからゾンビ化するのではなく、生きている人間が凶暴化するレイジウィルスの“感染者”となる設定のため、あくまでも人間同士の争いになっている。
ゾンビではないので生きた人間と同様に走ったり動いたりして、殺そうとすればできるし、ウェスト少佐によれば餓死もするという。

序盤の動物愛護団体のメンバーや、ジムを助けようとしたマークのように、噛まれた事によって血液や唾液が体内に入り感染するシーンが多いが、フランクのように感染者の血液が目薬のように目に入っただけで感染するという意外なシーンも存在する。
ウェスト少佐たちのレイプ目的での呼びかけラジオや、明らかに感染者を殺めることを楽しんでいる軍人たちは、感染していなくても凶暴になれるという人間の一面を表現している。

世界の終わりを描いた作品やゾンビパニック映画があまりにも多いため、他の映画でも見た事のあるようなシーンの多さが気になる。

あっけなく感染者に襲われる登場人物たちにガッカリ

予想外に早く動いて襲ってくる感染者たちの姿は意外性があり、ハラハラさせられる。
ジムの誘導で軍人たちに襲い掛かる姿には驚かされるが、訓練を受けたはずの軍人がそんなに簡単にやられるのかというツッコミどころもある。

また、ジムが感染者を殺害するシーンは、彼がセリーナから守られるだけの立場からセリーナとハンナを守る立場になるという変化への伏線と、覚悟を決めたきっかけとして必要不可欠だろう。
しかし買い物を楽しんだ後に、ひとりでガソリンスタンドに入っていってまで行動を起こすのには矛盾がある。
軍人たちに殺されかけた後にたくましくなるのは急すぎる変化で、大切な人を守ろうとする心境だけでは納得しきれない。

28日後… 感想まとめ

ホラー、SF、ファンタジーなどのジャンルで特に優れた作品に贈られる、2003年のサターン賞最優秀ホラー賞を受賞した作品。
同じ2002年に公開された「バイオハザード」シリーズ第1作目と似通った部分があるためか、ゾンビが襲ってくるという印象が強いようだが、生きた人間がウィルスに感染して凶暴性をむき出しにして襲い掛かるという映画。

動きが早い感染者が襲ってくるという設定は斬新で、病院で目覚めたジムが教会の山積みの遺体を発見して大声を出せば全員がゾンビとなってうじゃうじゃと襲い掛かる。
かと思えば、まだ生きていた数人の感染者が襲ってくるだけという意外な展開が待っている。
感染者は目が赤くなるという設定も見るからに不気味。

続編に「28週後…」が存在し、キャストやスタッフは入れ替えられて、今作の監督と脚本家が製作総指揮に回っている。

Amazon 映画『28日後…』の商品を見てみる

関連作品