『アナと雪の女王』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

ディズニー史上初のダブルヒロインが繰り広げるミュージカル・ファンタジー映画。不思議な魔力を持つ姉エルサと、姉を慕う天真爛漫な妹アナが故郷への思いと真実の愛を求めて成長していく。

あらすじ

アナと雪の女王』のあらすじを紹介します。

アレンデール王国の王と妃の間に生まれた姉妹、エルサとアナ。姉のエルサは触れたものを凍らせたり雪や氷を自由に操れる魔力を持っていた。幼い頃から毎日仲良く遊んでいる2人、だがある日の夜、エルサは魔力により誤ってアナを意識不明の状態にさせてしまう。なんとか一命を取り留めたアナだったが、もう二度とこんなことがあってはならないとエルサは誓う。アナはその日を境に、魔法に関する一切の記憶を消されてしまった。

時が経つにつれて魔力が増大していくエルサ。触れたもの全てが凍っていくため常に手袋をし、誰にも迷惑をかけまいと一人部屋に閉じこもる。一方アナも、エルサが何故部屋から出てこないのか分からず寂しい毎日を過ごしていた。そんな中両親が海難事故で亡くなり、家族はたった2人だけになってしまうのだった。

更に数年後、エルサは王位を継いで女王となる。魔力はもはや自分で完璧に制御できないほど強大になっていた。戴冠式の日さえ乗り切れば、と決意し今まで閉じていた部屋と城の門を開けるよう命令を下すのだった。そのおかげでアナは久しぶりに外の世界へと飛び出し、自分の未来や新しい出会いに心躍らせる。はしゃぎすぎたその結果、海に落ちそうになるところを戴冠式の招待客だった他国の王子ハンスに助けられた。一目でお互いを気になる存在として意識した2人。戴冠式で再会した際、恋に落ちるまで時間はかからなかった。その上ハンスはアナにプロポーズし、アナもすっかりその気に。喜んでエルサに結婚の報告をするが、当然反対されてしまい激しく口論になる。その際エルサは思わず魔力を暴走させてしまい、アナはもちろん人々に自分の恐ろしい力を見られてしまうのだった。もうここにはいられないと王国を逃げ出すエルサ、姉の力を知って呆然とするがすぐに追いかけ連れ戻そうとするアナ。そして王国は、エルサの暴走した魔力によって想像を絶する冬の王国へと変貌を遂げていた…。

評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2014年3月14日
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:ファンタジー
  • 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
  • キャスト:クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『アナと雪の女王』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

なぜ魔法は秘密なの?

幼い頃から自らの魔力によって辛い日々を過ごしたエルサですが、何故こんなにもひた隠しにしなければならないのでしょう?一人で抱える以外に方法は無かったのでしょうか。アナを意識不明にさせてしまった日の夜、家族は唯一治療法を知っている妖精トロールの元へ向かいます。しかし、もし魔法が心臓に当たってしまったらもう手の施しようがなく、その時の治療法は真実の愛しか無いことを告げられます。それを知った両親はアナから魔法の記憶を消し去り、エルサには魔法の自制を強要するのです。全てはお互いがお互いを傷つけないように…。そのせいで、成長に従い心がすれ違っていると勘違いしてしまう2人が、とても切ないです。 そして人は普通と違う、ということに敏感です。誰しもがアナのように心優しくエルサを受け入れるとは限りません。戴冠式で魔力がバレてしまった際、人々はエルサを怪物呼ばわりし、危険だと言って捕らえようとしました。王国を逃げ出しまた孤独になるエルサですが、知られてしまった以上もう隠す必要は無いと自分だけの氷の王国を作り、自分のありのままに生きようと心を解き放ちます。エルサがいかに今まで我慢を積み重ねてきたか、計り知れません。

『雪の女王』との接点は?

この映画はアンデルセンの童話『雪の女王』をモチーフとされています。相手を思いやる涙で魔力が溶けるラストシーンが共通しています。ですがそれ以外に童話を彷彿とさせるシーンは特に見当たりませんでした。童話のタイトルの割にあまり出てこない雪の女王にスポットライトを当てたこの映画は、ダブルヒロインという存在を活かす最高の題材だったのかもしれません。

まとめ

アカデミー賞を受賞しただけあって、ストーリー、登場人物、映像技術、演出、音楽等がどれも素晴らしかったです。特にエルサが「Let it go」を歌いながら氷の王国を作るシーンは、思わず見とれるほどに圧巻でした。そして多彩なキャラクターたち。人間だけではなく魔法の雪だるまオラフと、トナカイのスヴェンがとても魅力的で、重要なポジションを担っています。その分、今回は男性キャラクターの存在が若干薄く感じられました。そもそも往年のディズニー映画とは一味違い、ただ愛を育むのではなく姉や故郷を救うという使命があったため、仕方のないことかもしれません。しかしハンスの裏切り行為には呆然としてしまいました。恐らくアナだけでなくほとんどの観客が騙されてしまったのではないでしょうか…最低な人間です。氷配達人のクリストフが登場した時はダブルヒロインでハッピーエンドかと思いましたが、最終的にアナとクリストフが恋人となりハンスは本国に強制送還されます。エルサにもぜひ素敵な人が現れますようにと願うばかりです。

Amazon 映画『アナと雪の女王』の商品を見てみる

関連作品

参考 他のウォルト・ディズニー作品