映画『アルマゲドン(1998)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アルマゲドン(1998)」のネタバレあらすじ結末

アルマゲドン(1998)の概要:突然地球の大気圏内に現れた巨大な小惑星。人類滅亡を阻止するため、NASAは掘削の達人であるハリーに任務を託す。感動のSF話題作。ブルース・ウィルス演じるハリーが最後に出した答えとは。

アルマゲドンの作品概要

アルマゲドン

製作年:1998年
上映時間:150分
ジャンル:ヒューマンドラマ、SF
監督:マイケル・ベイ
キャスト:ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リヴ・タイラー、ウィル・パットン etc

アルマゲドンの登場人物(キャスト)

ハリー・スタンパー(ブルース・ウィルス)
娘のグレースと二人で暮らす石油掘り。世界から掘削の達人と呼ばれ、その腕と人情味から多くの個性的な部下に慕われる。妻が家を出たことに対して、グレースへ罪悪感を感じている。
グレース・スタンパー(リヴ・タイラー)
ハリーの一人娘。AJと半年ほど前から恋人関係であり、婚約者となる。母が家を出たことが原因で、ハリーに反抗的な態度を取り続けている。
A・J・フロスト(ベン・アフレック)
ハリーの一番弟子であり、腕とリーダー性を買われている。ハリーからはバカ息子のように扱われており、互いに常に反発しあう。グレースとの婚約を認めさせようとするが、ハリーにクビにされてしまう。
ロックハウンド(スティーブ・ブシェミ)
ハリーの部下。女性のことしか頭にない狂った天才。その頭脳から思いがけずシャトルを救うが、ありえない態度の連続でついに基地に隔離されてしまう。
ベアー(マイケル・クラーク・ダンカン)
ハリーの部下。熊のような大男で、常に大型バイクで走り回っている。インディペンデンス号墜落時に、AJと共に生き残った内の一人。
チック・チャップル(ウィル・パットン)
ハリーの部下。ギャンブル好きのバツイチ。別れた妻との間には一人息子がいるが、自分が父であることは伝えられていない。
ウィリアム・シャープ空軍大佐(ウィリアム・フィクナー)
NASAの宇宙飛行士。フリーダム号の操縦士を務める。唯一、軍の第二極秘案を知っており、掘削が失敗だと判断し地表で起爆させようとする。その後、ハリーの気迫に負け自ら起爆を阻止する。

アルマゲドンのネタバレあらすじ

映画『アルマゲドン(1998)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アルマゲドンのあらすじ【起】

NASAの部隊が宇宙で任務に取り掛かっている。そこに襲う隕石の大群。そして、地上ではニューヨークの街に一つの隕石が墜落する。すると途端に無数の流星群に襲われるニューヨークシティ。そこで発覚するのは、テキサス州程もある大きさの小惑星が地球に向かっているということだった。人類どころか、細胞すら滅亡する被害が予想される隕石衝突まで残り18日だという言葉は、NASA中を震撼させる。

NASAが出した答えとは、核爆弾でも軌道を変えられない小惑星を中から爆破することであった。そして、掘削の達人を探しに行くのであった。

石油掘りのハリーは、娘であるグレースとバカ息子のような弟子AJが恋人関係であることを発見する。AJを巡り口論する二人。AJにクビを言い渡すハリーの前に、突如NASA が現れる。

グレースを連れてハリーはNASAの本部を訪れる。そこで二人は、地球を脅かす小惑星の話を知る。宇宙飛行士に掘削の教授を頼むNASAに、自分すら未熟であるのにたかが8ヵ月訓練をしただけの人間では無理だと伝えるハリー。部下を連れて自らが向かう決意をするのであった。

アルマゲドンのあらすじ【承】

そして、NASA本部に個性的すぎる部下たちが集まってくる。そこには、ハリーが絶縁中であり最も信頼するAJの姿もあった。僅か12日間で宇宙訓練の全てを詰め込まなければならない8人。彼らに託された任務とは、二機のシャトルに分かれ小惑星へ着陸、その後「ゼロバリア」に小惑星が達する前に240メートル掘削して核爆弾を埋めるというものである。

過酷な訓練を経た8人は、出発前日の時間をそれぞれ満喫している。その間にも、隕石の破片は地球を襲い続けていた。

そして、シャトル打ち上げ当日がくる。フリーダム号の長を務めるハリーは、インディペンデンス号のリーダーをAJに指名する。出発直前、ハリーとグレースはお互いに謝罪と愛を伝え合う。そして、グレースはハリーに婚約者であるAJと共に必ず帰還するよう懇願するのであった。

ラジオを通して、世界中に彼らの任務が伝えられる。すべての人々が見守る中、14人の飛行士たちはそれぞれフリーダム号とインディペンデンス号に乗り込んでいく。いよいよシャトル打ち上げの瞬間である。ハリーが指揮を執るフリーダム号が先に発車する。続いてAJのインディペンデンス号が後を追っていく。

アルマゲドンのあらすじ【転】

順調に軌道に乗る二機は、燃料補給のためロシア衛星にドッキングする。ロシア人飛行士であるレヴの指示に従い補給を行うが、燃料漏れにより爆発が起きてしまう。取り残されたAJとレヴは危機一髪で脱出し、ついに一行は小惑星へ向かうのであった。

そして、小惑星とその破片が取り巻く空間へ到達する二機。無事着陸したフリーダム号をよそに、破片を避けきれなかったインディペンデンス号は、小惑星へ墜落してしまう。NASA本部では、絶望するグレースがAJを想い悲しみに暮れているのであった。

一方、無事生還したフリーダム号であったが、座標がずれ鋼鉄の地表に着陸してしまう。最悪な条件の下、ハリーたちは掘削を開始する。ドリルの変速機が壊れ、シャトルを繋ぐ通信も残りわずかで途絶えるという事態に陥ったNASA本部では、軍による極秘の第二案である核爆弾の遠隔作動が遂行されていた。

大統領の指示により、核爆弾が起動される。しかし、地表で爆発しても無意味だと説得するハリーの声を信じ、空軍大佐であるシャープは核爆弾の起爆を阻止する。そして、ハリーたちは大幅に遅れた掘削を再開するのであった。

そこに、インディペンデンス号の生き残りであるAJ、レヴ、ベアーが現れる。フリーダム号の掘削機の爆発により、失敗したであろう作戦に世界中は無念と混乱に包まれる。しかし、三人と共に現れたもう一台の掘削機の出現により、ついに一行は240メートルまで掘ることに成功する。

アルマゲドンのあらすじ【結】

喜びも束の間、状態の安定しない小惑星では至る所で噴火が始まる。小隕石の衝突により核爆弾が故障してしまう。そして、時限スイッチが反応せず誰か一人が爆弾と共に残らなければならない事実が発覚する。

クジでAJが犠牲となることが決定してしまう。下まで送るというハリーは、AJをエレベーターに押し込み自分が身代わりとなる決意をする。泣き叫ぶAJをよそに、お前を息子のように愛していたと伝えるハリー。娘を幸せにしろと言い爆弾へ向かっていってしまう。

起爆の直前、NASAと通信が再開される。そして、ハリーはグレースへ戻れないという謝罪と愛を伝える。

一方、一行は小惑星からの脱出を図るが、エンジンが作動せず刻一刻とゼロバリアの限界が迫ってくる。ギリギリで復活したシャトルは、一気に小惑星から離れていく。爆風で吹き飛ばされたハリーはスイッチを離してしまうが、必死の思いで最後の力を振り絞る。そして、グレースを想いながら起爆ボタンを押す。それは、まさにゼロバリア通過の直前であった。

喜びに溢れる世界中の人々。そして、6人となってしまった勇士たちは地球へと帰還する。それぞれの帰りを待ち望んでいた者たちが出迎える中、グレースもまたAJと抱擁を交わす。そこにハリーの姿はないが、彼の勇姿は人々から讃えられるのであった。

Amazon 映画『アルマゲドン(1998)』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①ありえない程、良い加減な映画

    「アルマゲドン」という映画を観て、”泣ける”とか”感動した”と思って、悪いのではありません。ただ石油採掘のスペシャリストが短期間、訓練しただけで宇宙飛行士と同等の技術を持てますか?救えるのかなぁ。現実的に考えると無理なんです。

    それでも、民間の力で地球の危機を救おうという物語だから、その流れは変えられないけど、何年も前から秘密裡に計画が進められていた・・という風に付け加えたら少しマシになると思う。また家族愛を強調している演出が後半にありますが、男親のみの家族って難しいのです。

    女の子はやはり人生の先輩として母親が必要だから。ハリーの娘グレースが、父親を”ハリー”と呼ぶ気持ちも分かります。だから、彼女は父親を喪ってもあまり悲しんでいないようにも見えます。いや、悲しいけどもA・Jという新しい家族ができたから大丈夫なんですね。

    そんな父娘(おやこ)の葛藤や愛を描いた点は評価できると思います。そして、なによりも、ラストに流れるエアロスミスが歌う「ミス・ア・シング」が最高!この曲の素晴らしさだけで成り立っているのではと思うほど、心に残ります。

    ②熱き男たちの闘い~個性派俳優スティーブ・ブシュミの魅力

    本作では、女好きのロックハウンド役を怪演しています。主な出演作は、「レザボワ・ドックス」(91)や「パルプフィクション」(94)、「ファーゴ」(96)、「コン・エアー」(97)など約80作もあります。どの作品でも、強烈な存在感と一度観たら忘れられない風貌で印象に残ります。

    スティーブ・ブシュミの魅力は、誰にも負けない存在感だと思います。それから声もいい。「ファーゴ」を観ていると、いつまでもしゃべり続ける男を演じていて、変な気持ちになります。友達にこんなやつがいたら嫌だなぁと思うけど、おしゃべりなのは孤独の裏返しで誰かに気付いてほしいからなんです。

    性格的に問題があったり、よく死んだりと、とにかく面白い役しかしないブシュミ。本作でも、その道化っぷりが発揮されていて彼の演技にくぎづけです。ブルース・ウィルスやベン・アフレックなど主要俳優に目がいきがちになってしまいますが、脇役俳優こそ本作の見どころだと思います。

  2. 匿名 より:

    SF映画の評価をリアルな再現性とするか、人物や心理描写に重きをおくかで、ずいぶん印象が変わってしまうと思います。個人的な意見としては、”泣ける映画”が大好き。泣くことで、カタルシスを味わえるから。「アルマゲドン」もラストにまとめて泣くことで、生きていて良かったな。ハッピーエンドではないけど、誰かの死の隣に自分の生があると実感します。

    「アルマゲドン」の魅力は、父娘の葛藤や愛を描いた点と主要俳優から脇役俳優に至るまでの配役&演技が素晴らしい点です。またラストに流れる、エアロスミスの曲「ミス・ア・シング」が涙を誘いますね。本作では、NASAの全面協力のおかげで、リアルな宇宙船や発射シーンを描くことができました。細部へのこだわりにも注目するとより楽しめる映画です。