映画『オータム・イン・ニューヨーク』のネタバレあらすじ結末

オータム・イン・ニューヨークの概要:『オータム・イン・ニューヨーク』は、リチャード・ギア主演の恋愛映画。ニューヨークの街が紅葉に染まる秋、親子ほど年の離れたシャーロットと恋に落ちる中年の男を演じる。

オータム・イン・ニューヨークの作品概要

オータム・イン・ニューヨーク

公開日:2000年
上映時間:103分
ジャンル:ラブストーリー
監督:ジョアン・チェン
キャスト:リチャード・ギア、ウィノナ・ライダー、ジリアン・ヘネシー、アンソニー・ラパリア etc

オータム・イン・ニューヨークの登場人物(キャスト)

ウィル・キーン(リチャード・ギア)
ニューヨークで高級レストランのオーナーをしている。48歳だが、女性にかなりモテる。女をとっかえひっかえしていたが、シャーロットに出会って変わる。
シャーロット・フィールディング(ウィノナ・ライダー)
22歳で、帽子のデザイナーをしている。自身の誕生パーティーをウィルのレストランで開き、そこで彼と出会う。珍しい病気で、余命は1年もない。
ドロレス・タルボット(エレイン・ストリッチ)
シャーロットの祖母。シャーロットの両親は亡くなっており、一人で孫娘を育てていた。娘が昔愛していたウィルとシャーロットが付き合い始め、何か運命の様なものを感じる。
リサ・タイラー(ヴェラ・ファーミガ)
美術館で働く女性。実はウィルの娘。自身の出産を前に、父親に接触しようとする。

オータム・イン・ニューヨークのネタバレあらすじ

映画『オータム・イン・ニューヨーク』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

オータム・イン・ニューヨークのあらすじ【起】

ニューヨークの秋。
セントラルパークで恋人とデート中、ウィルは突然別れを告げる。女性は怒って去って行った。ウィルにとって、恋人とのそれ以上の関係、つまり結婚は考えられないのだ。彼はいつも女性をとっかえひっかえして生きて来た。

高級レストランのオーナーであるウィルは、ある夜、昔の知り合いと再会する。若い頃付き合っていた女性の母親であるドロレスだ。
今日は彼女の孫娘の誕生パーティーらしい。パーティーの席まであいさつに行ったウィルは、そこでシャーロットに出会う。

シャーロットが帽子のデザイナーであることを知ったウィルは、後日彼女に会う口実を作るため、パーティーに同行する女性の帽子を注文する。

当日、ウィルは同行する女性がいなくなったので、代わりにシャーロットに来てほしいと頼む。ウィルが用意した白いドレスに身を包んだシャーロットは、パーティーの席を楽しむ。
ウィルが隣を離れた時、ある女性がウィルについて聞いてきた。少し会話すると、その女性はもういなくなっていた。

その後ウィルと一夜を過ごす。

オータム・イン・ニューヨークのあらすじ【承】

2人は付き合い始めるが、ウィルは親子ほど歳が離れたシャーロットとの関係に不安を感じる。彼女は若い。そして、プレイボーイの自分には結婚どころか、1人を愛し続ける自信はないのだ。

シャーロットにも言わなければならないことがあった。彼女は難病で、余命は1年もない。手術もせず、死を受け入れると話す。

2人は楽しく付き合っていたが、シャーロットには不安があった。祖母から自分の母とウィルの関係を聞いたのだ。母はウィルを愛していたが、ウィルが別の女性を妊娠させ、ショックを受けたのだという。

ウィルは本当に自分だけを愛してくれるのか。
シャーロットの疑惑は、ハロウィンの夜決定的になる。
ウィルの友人宅でパーティーをしていたが、ウィルは友人の女性と屋上に消えた。子供たちと遊んでいたシャーロットはウィルを探す。ちょうど屋上から2人が降りて来たところだった。不自然な2人の様子に、シャーロットは彼が何をしたのかを悟る。

タクシーの中で口論となった2人は喧嘩したまま別れる。

オータム・イン・ニューヨークのあらすじ【転】

ウィルは確かに屋上で女性とセックスをしたが、それはシャーロットのことで悩んでいたから、という理由もあった。
ウィルはウィルで、本気でシャーロットを愛しはじめていたのだ。

その頃、ウィルの元に一通の手紙が届く。リサ・タイラーという女性からだった。彼女は、ウィルの娘だった。リサは幼いころから、いつか父親が会いに来て「悪かった」と言ってくれると思っていたと言う。
もちろん、ウィルもそういう思いでいる。しかし父親であるという実感はなかなか湧かない。

リサは出産を控えているらしい。ウィルはリサと接する中で、家族とは何か、愛するとは何か、改めて考える。

余命1年もないと言ったシャーロット。ウィルは彼女と共に過ごすことを決意した。

シャーロットに謝り、自分の気持ちを伝えると、2人はまた一緒に過ごし始める。
シャーロットは手術する気はないと言っていたが、ウィルは諦めきれなかった。彼女に黙って、手術してくれる医者を探し続けていた。

シャーロットの方でも、ウィルを愛したことで生きたいという思いが強まっていた。

オータム・イン・ニューヨークのあらすじ【結】

医者を探して飛び回るウィルは、ついに手術してくれる医者を見つけた。だが、医者を探していることを隠していたウィルは、シャーロットに嘘をついていた。

ウィルが自分に告げた行先と違う場所に行っていたと知ったシャーロットは、嘘をついたことを批難する。
ウィルは嘘をつき通せず、医者を探していたことを打ち明ける。

クリスマス当日。ウィルは自宅を飾り付け、シャーロットへのプレゼントを用意していた。寝室で目を覚ましたシャーロットは微笑みながらその様子を眺め、ウィルへのプレゼントを手にする。

シャーロットが見ているのに気づいたウィルは慌てて隠し、急いで飾り付けを完成させるが、振り向いた時シャーロットは倒れていた。

病院に運ばれたシャーロット。ウィルは急いで手術をしてくれる名医に連絡し、彼の到着をまった。
その間、シャーロットはウィルと語り合う。
医者が到着し、手術が始まった。長い手術の結果、シャーロットは助からなかった。

1人家に戻ったウィルは、シャーロットが用意したプレゼントを見つける。中身はウィルの時計だった。いつかデートした時、時計を気にするウィルからシャーロットが奪ったものだった。
それを見てウィルは涙を流した。

Amazon 映画『オータム・イン・ニューヨーク』の商品を見てみる