映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』あらすじネタバレ結末と感想

ばしゃ馬さんとビッグマウスの概要:脚本家になるという夢を叶えるため馬車馬のように頑張る三十路の主人公と何の実績もないのに大口ばかり叩く年下の男が出会い、衝突と葛藤を繰り返しながらそれぞれの道を模索していく。2013年公開の日本映画。

ばしゃ馬さんとビッグマウス あらすじネタバレ

ばしゃ馬さんとビッグマウス
映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ばしゃ馬さんとビッグマウス あらすじ【起・承】

34歳の馬渕みち代(麻生久美子)は学生時代からプロの脚本家を目指してシナリオコンクールへの応募を続けている。しかし未だに一次審査を通過したこともなかった。

このままではダメだと思ったみち代は同じ目標を持つマツモトキヨコ(山田真歩)を誘ってシナリオスクールに再入学する。そこで一度もシナリオを書いたことがないのにでかい事ばかりを言う28歳の天童義美(安田章大)と出会う。

みち代を気に入った天童は何かと彼女にまとわりついてくるがみち代は天童など眼中になかった。スクールへ講義に来た映画監督に“老人ホームを舞台にした介護士の話”の企画案を話したところ興味を示してくれ、みち代は大喜びでそのシナリオを書くことにする。

みち代は役者になる夢を諦め今は介護士をしている元恋人の松尾健志(岡田義徳)に頼んで取材のために老人ホームでボランティアをさせてもらうことにする。介護の現場は想像以上に過酷だったが、みち代はまだ未練のある松尾といられることが嬉しかった。

しかし必死で書き上げたシナリオは監督から否定され、さらに老人ホームで大失敗をして松尾からも厳しい事を言われ、みち代はボロボロに落ち込む。何も知らない天童はみち代に偉そうなことを言って激怒され、さすがに自分の無神経さを反省する。

ばしゃ馬さんとビッグマウス あらすじ【転・結】

天童は心を入れ替えて真剣にシナリオを書き始める。みち代は介護のシナリオを書くことを諦め、ボランティアもやめる。みち代はずっと抱いてきた夢をどうやって終わらせればいいのかがわからずにいた。

天童はみち代に書き上げたシナリオを読んでもらい、みち代も天童のことを少し見直す。天童はそのシナリオをコンクールに応募するが一次審査で落選し、いかにみち代がつらい思いをしながら努力してきたかを実感する。

みち代は次のコンクールで一次審査も通らなかったら脚本家になる夢を諦めると決め、天童と励ましあってシナリオを書き始める。最後になるかもしれないシナリオは自分のことを書くことにし、みち代はシナリオの執筆に没頭する。天童は元ソープ嬢の母親のことを書くことにし、久しぶりに母親のもとを訪ねる。

コンクールの授賞式の日。大賞を受賞し舞台上でスピーチをしていたのはキヨコだった。結局みち代と天童は一次審査で落選し、みち代は夢を諦め田舎へ帰ることにする。

みち代が東京を離れる日、天童はみち代を引き止めたくて冗談まじりに告白してみる。しかしみち代は笑顔でそれを受け流し、明るい表情をして去っていく。

ばしゃ馬さんとビッグマウス 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2013年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:コメディ、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
  • 監督:吉田恵輔
  • キャスト:麻生久美子、安田章大、岡田義徳、山田真歩 etc

ばしゃ馬さんとビッグマウス 批評・レビュー

映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

非常にリアルなシナリオスクール

主人公のみち代は脚本家を目指してコンクールに応募を続けているが落選続きで、突破口を求めてシナリオスクールに通い始める。と言っても、すでにあちこちのシナリオスクールへ通った経験のあるみち代が今更基礎講座なんか受講してもおそらく大して意味はない。

ところがこの設定がかなりリアルで、実際のシナリオスクールにもみち代のような人が結構いる。私も経験者なのでわかるのだが、コンクールで大賞をとった人やすでにプロの仕事をしたことのある人が少なからずいる。そんな人が何のために通うのか不思議だったが、今思えばみち代と似たような動機だったのかもしれない。

さらに講師の話している内容も、自分のシナリオを発表し感想を聞かせてもらうという授業形式も全く同じで笑ってしまった。これは吉田恵輔監督か脚本を共同執筆した仁志原了がスクール経験者であることは間違いないだろう。今現在シナリオスクールに通うことを思案中の人にとってこの映画は非常に参考になる。実際のスクールもほぼあんな感じで、通っている人の雰囲気まであんな感じ。シナリオに対する感想までそっくりそのままで、経験者としては笑いのツボに入りまくりだった。

人間観察眼の鋭さ

脚本家というのは医者や弁護士のように国家資格が必要なわけでなく、天童のように“脚本家”の肩書きを自分で名刺に加えることは罪でも詐欺でもない。周りから単に“痛い人”と思われるだけで、名乗るだけならいつでも誰でも自由に脚本家になれる。ただ本当に脚本家で飯を食っていこうとすると現実的には大変だ。

“何がダメか”のはっきりした境界線が見えないので、みち代のような人は多い。しかし彼女の人柄を見ると正直言って“この人の本は面白くなさそうだな…”と思ってしまう。彼女のように自己陶酔型の“それでも頑張っている自分が好き”というタイプは物書きには向かない。このみち代の人物像は実在のモデルがいるのではないかと思えるほどよくできている。同じく“書いたことはないが言うことだけは一人前”という天童タイプもこの手の職業を目指す人には多い。イラっとする彼の傲慢なセリフもリアルで“いるわ〜、こういう奴”と何度も頷いてしまった。

こういう人間を冷静に観察し自分の作品に生かすことができる人がプロになれるので、そういう人にじっと観察されている側のみち代や天童の道のりは険しい。吉田監督は善良で痛い2人のジレンマを鋭く描き出しており、だからプロとして活躍しているわけだ。納得。

ばしゃ馬さんとビッグマウス 感想まとめ

一応軽いラブストーリーではあるが、大きなテーマは“夢との折り合いのつけ方”だろう。誰でも若い頃に大なり小なり“こうなりたい、ああなりたい”という夢を抱き、ほとんどの人がどこかでその夢に折り合いをつけて現実と対峙していく。34歳の主人公が“夢の諦め方わからない”と言って号泣するシーンは身につまされる。ダメだとわかっていても夢を追い続けていたいみち代の気持ちはよくわかる。

さんかく」で存分に発揮された吉田監督の人間描写の鋭さとシニカルな笑いのセンスが本作でも光っている。“小説は無理だけど脚本ぐらいなら書けそう”と思っている“自称 未来の脚本家”にはぜひ見て欲しい。ビッグマウス君を見て赤面するその人が見たい!

Amazon 映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の商品を見てみる