映画『シティ・オブ・エンジェル』あらすじ・ネタバレ結末と感想

シティ・オブ・エンジェルの概要:1998年製作のアメリカ映画(原題:City of Angels)。天使であるセスが地上の人間マギーに恋に落ち、人間として生きていく覚悟を決める切ないラブロマンス作品。ヴィム・ベンダース監督「ベルリン・天使の詩」のリメイク版である。

シティ・オブ・エンジェル あらすじ

シティ・オブ・エンジェル
映画『シティ・オブ・エンジェル』のあらすじを紹介します。

死の天使セス(ニコラス・ケイジ)は、ロサンゼルスの病院で外科医として働くマギー(メグ・ライアン)に恋をした。
しかし天使は生身の人間に触れたり、感じることは出来ない。
それでも衝動を抑えることが出来ないセスは、マギーの前に姿を現してしまう。
これは天使界の中では御法度であった。

やがてセスに惹かれていくマギー。
お互い愛情を持ち始めるも、物体として愛し合うことは不可能。
その事に酷く悩むセスだった。

そんなある日、セスはマギーの患者のメッセンジャーと出会う。
彼はセスが天使だということを見抜いた。
その理由はメッセンジャー自身が元天使だと言うのである。
現在の奥さんと愛し結婚するために人間になったのだ。
メッセンジャーが教えてくれた人間になる方法、それは自殺すること。

悩んでいる間にもマギーは同僚からプロポーズを受けてしまう。
それを知ったセスは急がなくてはと、高いビルから飛び降りた。
するとセスの体からは血が流れ、痛みがあるではないか。

シティ・オブ・エンジェル ネタバレ結末・ラスト

人間になることが出来たセスは、マギーが休暇をとっている別荘に向かった。
到着すると温かく迎えてくれるマギーの姿が。
ついにその夜、二人は結ばれることが出来た。

しかし翌日、買い物に出かけたマギーに思いもよらない悲劇が襲う。
交通事故だった。

そのまま意識不明の重体に陥ったマギーは二度とセスの前に戻ってくることは無かった。
マギーのために人間になり、共に生きようとしたセス。
しかしその直後にマギーは一人逝ってしまった。
悲しみに暮れるセスだったが、ひと時でも彼女と幸せの時間を過ごすことが出来て良かったと仲間の天使に語るのだった。
彼はこれからも人間として生きていくことを誓うのだった。

シティ・オブ・エンジェル 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1998年
  • 上映時間:114分
  • ジャンル:ラブストーリー、ファンタジー
  • 監督:ブラッド・シルバーリング
  • キャスト:ニコラス・ケイジ、メグ・ライアン、デニス・フランツ、
    アンドレ・ブラウアー etc

シティ・オブ・エンジェル 批評・レビュー

映画『シティ・オブ・エンジェル』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

リメイクというには不十分

この元になった作品、それはフランスと西ドイツ合作の1987年製作の映画「ベルリン・天使の詩」である。
背景にこだわり、美しさを追求しているヴィム・ベンダース監督の映画であるが、彼の映画をリメイクするということはほぼ不可能であると言える。
元々の作品の濃度が違いすぎるのだ。

「ベルリン・天使の詩」は恋をするために人間になりたいというものではない。
長い間様々な人間の人生を見届けてきた天使が哀愁や哲学に苦しみ、永遠の命から解放されたいと思う物語である。
結果的に女性に恋をするのだが、本作品のようにいきなりマギーに恋をして天使を辞めちゃおうというようなものではないのだ。

ただヴィム・ベンダースの映画は中々小難しく、好き嫌いは分かれやすい。
そういう意味では本作品のようなカジュアルで観やすい娯楽映画にしたのは良かった。
真っ向から勝負してリメイクしていたら間違いなく潰れていただろう。

ニコラス・ケイジの天使姿に違和感

本作品の主役は天使役のニコラス・ケイジだろう。
物語はそれなりに綺麗で美しく、なんてことはないが面白い。
しかし最初から最後まで気になるのがニコラス・ケイジである。
何故か天使だと言われてもしっくりこない。
普通は最後には感情移入して物語に入り込める筈なのだが、それがどうも難しい。
確かに線が細く優しそうに微笑むのであるが、天使のイメージではないのだ。
そこが残念で仕方なかった。

シティ・オブ・エンジェル 感想まとめ

本作品が公開されるとき、耳に残る綺麗な音楽が流れる中で黒ずくめの天使が高層ビルから飛び降りるシーンがCMで流れていた。
そのシーンがあまりに印象的で思わず映画館に行ったものである。

メグ・ライアンの可愛さと、なよなよしたニコラス・ケイジの恋愛映画。
何とも不思議な作品である。
内容はさほど深くないが、ビジュアルを楽しむのは申し分ない。
黒ずくめの天使が街に降り立っているなどの画は、ファンタジーとアートの区別が出来ない美しいものであった。

天使と人間の恋愛というテーマは、女性なら憧れる不変のものであるだろう。
だからこそキャスティングには謎が残るが、そこはご愛敬。
ニコラス・ケイジを語る上では大事な作品になったことは間違いない。

Amazon 映画『シティ・オブ・エンジェル』の商品を見てみる