映画『大病人』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『大病人』のネタバレあらすじ結末

大病人の概要:伊丹十三監督が“僕ならこう死ぬ”をキャッチフーレーズにして製作したコメディ映画。末期ガンに冒された俳優兼映画監督の姿を通して、明るいタッチで人間の死を描いている。ファンタジックな臨死体験のシーンや、オーケストラとお坊さんのコラボによる般若心経のコンサートなど、伊丹監督らしいユニークな演出が楽しい。

大病人の作品概要

大病人

公開日:1993年
上映時間:116分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:伊丹十三
キャスト:三國連太郎、津川雅彦、宮本信子、木内みどり etc

大病人の登場人物(キャスト)

向井武平(三國連太郎)
本作の大病人。有名な俳優であり、映画監督でもある。大酒飲み。子供のようにわがままだが、憎めない魅力の持ち主で、仕事仲間からも愛されている。現在、末期ガンに冒された夫婦の物語を、主演兼監督を務めて撮影中。
緒方洪一郎(津川雅彦)
武平の主治医。万里子とは大学で同じコーラス部にいた。腕のいい外科医で、武平の手術も担当する。患者の死は医者の敗北だと考えている。バツイチの独身。
向井万里子(宮本信子)
武平の妻。ラウンジで弾き語りをしている時に武平と知り合い、一週間で結婚した。それ以来、亭主関白の武平に尽くしてきたが、近々別れるつもりでいる。
神島彩(高瀬春奈)
武平の愛人。職業は女優で、武平が撮影中の映画のヒロインを務めている。
林久子(木内みどり)
武平の担当看護師。ガン患者の痛みを和らげるモルヒネについて独学で勉強している。

大病人のネタバレあらすじ

映画『大病人』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

大病人のあらすじ【起】

俳優で映画監督の向井武平は、現在自分が主演を務める映画を撮影中だ。相手役の女優は愛人の神島彩で、映画内では共に末期ガンを患う夫婦を演じている。撮影は順調に進んでいたが、最近武平は胃の調子が悪かった。

武平は大量の胃薬を酒で流し込み、彩とホテルで逢引する。事を済ませた後、武平はトイレで吐血する。武平の妻の万里子は、武平の浮気に気づいており、離婚するつもりでいた。しかし武平の体調を心配し、病院へ連れていく。

万里子は旧知の緒方に、武平の診察を依頼する。武平は渋々診察に応じるが、担当看護師に久子や緒方を相手におしゃべりが止まらず、緒方に注意される。

診察の結果、武平は精密検査をすることになり、バリウムや胃カメラの検査を受ける。検査により、武平の胃から幽門部にかけてかなり進行したガンが発見される。緒方はすぐに、武平のガン摘出手術を決める。

武平には重症の胃潰瘍なので、すぐに手術が必要だと説明する。映画を撮影中の武平は、なかなか納得しなかったが、命に関わると脅されて仕方なく手術に同意する。万里子は別れるのを延期して、武平の入院準備をする。

大病人のあらすじ【承】

緒方は万里子だけを呼び出し、武平のガンを告知する。万里子はショックで倒れそうになる。この病院では本人への告知はしない方針をとっており、万里子もその方がいいと判断する。

武平の手術は無事に終わり、検査で発見されたガンは取り除かれる。しかし緒方は武平の病状を楽観視しておらず、1年以内に再発した場合は助からないだろうと万里子に告げる。

武平は退院し、映画の撮影を再開する。ガンが進行した妻が、夫の目の前で自殺を図るというシーンのフィルムを確認しながら、武平はウイスキーを煽る。明日はいよいよ大勢のエキストラとオーケストラを使ったラストシーンの撮影で、コンサートホールでは撮影準備が進められていた。武平はそこで意識を失う。

病院へ担ぎ込まれた武平の緊急手術が始まる。緒方を始めとする医師たちは、予想以上に進行したガンを見て驚く。すでに手の施しようがない状態だったが、せめてものが食べられるようにと、緒方は胃の周辺部分だけ手術する。

意識が回復した武平は、自分はガンではないかと疑い始める。緒方は事実を隠し通し、“頑張ろう”と武平を励ます。武平は“頑張ろう”という言葉が白々しく聞こえて不愉快だった。

ある日、喫煙室でタバコを吸っていた武平は、末期ガンの老人に声をかけられる。老人は武平を重症観察室へ連れていき、気管切開されたガン患者の姿を見せる。痰を取るために気管切開された患者は、点滴だけで生かされている。飲み食いもできず、声を発することもできず、死にたくても自殺もできない。老人はその患者に同情し、自分はああなる前に逃げ出すのだと語る。

大病人のあらすじ【転】

それから数日後、武平は看護師が運んできた紫色の点滴を見て驚愕する。あの老人は、紫色の点滴が抗がん剤であることも教えてくれていた。武平は、食事を運んできた万里子に、自分の病気が何なのか質問する。万里子は笑顔で胃潰瘍だと答える。そのまま武平は、激痛に襲われて倒れこむ。

武平の痛みは日増しにひどくなり、髪も抜け落ちていく。久子は、痛みにのたうちまわる武平を見て、モルヒネの使用を緒方に提案する。緒方は“看護師のくせに治療に口を出すな”と言って久子を怒らせるが、久子に謝罪してモルヒネについて学ぶことにする。

重症観察室の患者が心肺停止状態となる。電気ショックで患者を蘇生させようとする緒方に、武平は“静かに死なせてやれ!”と怒鳴る。武平は、患者の尊厳を無視した治療に、怒りを感じていた。

自分の本当の病名を知らせてもらえず、武平は孤立していく。病室に彩を連れ込んでセックスをするが、武平の孤独は癒されない。万里子はそんな武平に別れを告げて去っていく。

武平は、緒方を騙して自分の病名を聞き出そうとする。それを知った緒方は、武平と激しく衝突し、思わず武平の死期が近いことを吐露してしまう。それを聞いた武平は、緒方を点滴の瓶で殴って失神させ、屋上で自殺を図る。

帰宅した万里子は、自宅で武平の幻を見る。万里子はハッとして、急いで病院へ引き返す。心肺停止状態になった武平には蘇生処置が施される。肉体を離れた武平の魂は、不思議な世界をさまよっていた。処置室に駆けつけた万里子は、必死で武平を呼ぶ。ご先祖様たちのいる場所へ渡ろうとしていた武平は、見知らぬ少女に無言で追い返され、崖から落下する。その時、病室の武平の心臓が動き始める。

大病人のあらすじ【結】

武平の自殺によって、万里子は武平がいかに孤独を感じていたかを思い知る。武平のためを思って嘘をついてきたが、そのせいで武平はひとりぼっちになってしまった。万里子は、あとは自分が支えるから、武平に告知をして欲しいと緒方に頼む。緒方も万里子の決断に同意する。

診察室を訪れた武平に、緒方はガンであることと、短ければ余命3ヶ月であることを告げる。武平は“教えてくれてありがとう”と冷静を装うが、震えが止まならい。緒方はそんな武平を抱きとめ、黙って支える。

自分の余命を知った武平は、今から死ぬまでをどう生きるかを考える。そして、延命治療はせずに、退院して映画のラストシーンを撮影したいと言い出す。緒方は医師としてそれを止めるが、ひとりの人間としては武平の考えに賛同する。敗北感に打ちのめされている緒方に、武平は自分の死生観を明るく語る。

緒方は武平の退院を許可する。痛みはモルヒネによって抑えられていた。武平は、生まれて初めて生きていることを実感する。

いよいよラストシーンの撮影が始まる。撮影には緒方と久子も同行し、万里子が舞台袖から武平を送り出す。武平は車椅子でステージ中央に進み、挨拶をしてから指揮を始める。武平の考えたラストシーンは、お坊さんとオーケストラによる、壮大な般若心経の読経だった。撮影は無事に終了し、武平は満足そうに目をつむる。

それからしばらくして。自宅の寝床に横たわる武平を、緒方や万里子、それから大勢の撮影スタッフや親戚の人々が見守っていた。列の後方には彩の姿もある。そろそろ死ぬらしいとわかった武平は、みんなに明るく語りかける。そして万里子に手を握られ、安らかに旅立つ。それはとても武平らしい、素敵な死に様だった。

Amazon 映画『大病人』の商品を見てみる