映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のネタバレあらすじ結末

ダンサー・イン・ザ・ダークの概要:2000年のデンマークのヒューマンドラマです。本作は有名歌手のビョークが主演であり、音楽も担当しています。ラース・フォン・トリアー監督はこの作品においてカンヌ国際映画賞最高賞であるパルム・ドールを受賞しました。

ダンサー・イン・ザ・ダークの作品概要

ダンサー・イン・ザ・ダーク

公開日:2000年
上映時間:140分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ラース・フォン・トリアー
キャスト:ビョーク、カトリーヌ・ドヌーヴ、デヴィッド・モース、ピーター・ストーメア etc

ダンサー・イン・ザ・ダークの登場人物(キャスト)

セルマ(ビョーク)
息子のジーンの目の治療の為に、チェコからアメリカに移住してきた。自身も先天性視覚障害者です。息子の為に貯金をして質素な暮らしをしている。
ジーン(ヴラディカ・コスティック)
母セルマと同じ先天性視覚障害者。13歳までに手術をしなければ、失明してしまうが、ジーンはその事を知らない。
ビル(デヴィット・モース)
町の警察官でセルマの住む家の大家。妻の浪費癖に悩み、セルマの財産を盗んでしまう。
キャシー(カトリーヌ・ドヌーヴ)
セルマと共に働く仲間。目の見えないセルマの為に色々と心配してくれている唯一の親友。
ジェフ(ピーター・ストーメア)
セルマに気があるようです。仕事が終わるといつも門の前で待っている男。いつも振られてしまう。

ダンサー・イン・ザ・ダークのネタバレあらすじ

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ダンサー・イン・ザ・ダークのあらすじ【起】

シングルマザーのセルマは、先天性の視覚障害をもっていました。今年中には失明してしまう運命でした。けれど、彼女はその事実を受け止め、決して恐れませんでした。彼女には、やり遂げなければならないことがあったからです。

セルマの息子ジーンもまた、先天性視覚障害者でした。彼は13歳になる前に、手術を受けなければ失明してしまいます。セルマはジーンに、この事実を何も告げませんでした。その理由は、精神的面が失明を早めてしまうからでした。

セルマとジーンは、二人でチェコに住んでいました。ジーンの目を治療することを決めたセルマでしたが、チェコの医療技術ではジーンの目を治すことはできませんでした。そこで、アメリカでならジーンの目を治すことが出来ると聞いて、チェコからの移民を決意したのです。

アメリカでは、警察官のビルという男性にお世話になりました。ビルは、自分の家の隣にあるトレーラーをセルマたちに貸してくれました。

ダンサー・イン・ザ・ダークのあらすじ【承】

セルマは、近所の工場で仕事をすることになりました。そこでは、キャシーという女性に出会いました。キャシーは、セルマのことを心配していました。セルマの目が悪いことに気付いたからです。

セルマが仕事を終えると、門の近くで男が待っていました。名前をジェフと名乗り、いつもセルマを迎えに来るのです。彼の行動に、セルマは感謝をしつつ断っていました。ジェフは残念そうな顔をしながら、自分の車に戻って行きました。

セルマはいつも感謝の気持ちを忘れませんでした。けれど、人に何かをしてもらうことは甘えだと感じていました。息子にも決して甘くすることはありません。

次の日のことです。セルマが仕事をしていると、職場にビルが来ていると言うのです。
セルマが怒った表情で外に出ると、ジーンがビルの車に乗っていました。ジーンは、学校を途中で抜け出してビルに発見されたのでした。

セルマは言い付けを聞かなかったことを叱ると、ジーンは暗い顔をしていました。セルマの仕事が終わるまで、あと2時間ありました。セルマは怒ったまま職場に戻り、ビルはジーンを学校に連れて行きました。

ダンサー・イン・ザ・ダークのあらすじ【転】

仕事が終わり帰宅すると、ジーンが待っていました。セルマは、学校に行かなかったことについて、それ以上怒ることはありませんでした。ジーンに、習いたてのダンスを披露するとニコニコと笑っていました。セルマは、人を笑顔にするミュージカルがとても好きでした。

仕事が終わると、ミュージカルを習いに行きました。セルマは、主役に選ばれていました。そこにはキャシーもいました。歌もダンスも上手い訳ではありませんが、ダンスを踊っていると嫌なことを忘れられます。昔見た映画の様に、自分も踊りたいと思っていました。

時は流れ、セルマは段々と目が見えなくなっていきました。セルマは、いつか自分の目が見えなくなってしまうことを、子どもの頃から知っていました。ジーンの手術代は、もうすぐ目標の金額に達成しそうでした。

とても晴れた日でした。セルマは仕事を終え、帰宅しようとするとビルが門の前にいました。近くにいたジェフに今日も断りを入れると、ビルの車に乗り込みました。

ビルはセルマにお金を貸して欲しいと頼んで来ました。ビルはつい最近親の遺産を継いだ筈なのにどうしてなのでしょう。セルマは疑問に感じていました。その表情を読み取ったのか、ビルは事を話し始めました。

ビルの妻は浪費家で、全ての財産を使ってしまったと言うのです。しかし、本当の事を話せずにいたのでした。妻が自分の元から去ってしまうことを予測していたからです。

ダンサー・イン・ザ・ダークのあらすじ【結】

次の日、セルマの家に隠してあった金庫の中のお金が消えていました。犯人はビルです。セルマは、今まで息子の為に貯めてきたお金を盗られまいと、ビルの家に向かいます。

ビルは二階に居ました。セルマに銃を向けています。セルマは動けず、何故こんなことをするのだろうと悲しみでいっぱいになり、涙が止まりません。ビルの銃を奪おうとすると、一発の弾丸がビルの腹部に当たり、そのまま倒れました。殺すまでお金を返さないと脅されたセルマは、ビルを殺してしまいました。

強盗殺人罪で逮捕されたセルマは、死刑宣告を言い渡されました。そして、死刑当日になっても決して真実を語ることはありませんでした。彼女は独房で歌い出し、その歌声は死刑執行室にまで響きました。

セルマの息子、ジーンの手術は成功しました。セルマは、それを見届けることは出来なかったのです。セルマが死に、ジーンはキャシーに預けられることになりました。キャシーは、悲しみで涙が止まりませんでした。

Amazon 映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の商品を見てみる