映画『デッドクリフ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「デッドクリフ」のネタバレあらすじ結末

デッドクリフの概要:バルカン半島のリスニャック山に、ロッククライミングをしに来た5人の若者。リフレッシュ休暇のつもりで意気揚々とやってきた5人は、思いもよらない恐怖に遭遇する。決して踏み入ってはならない山で起こった、サバイバル・ホラー映画。

デッドクリフの作品概要

デッドクリフ

製作年:2009年
上映時間:87分
ジャンル:ホラー
監督:アベル・フェリー
キャスト:ファニー・ヴァレット、ジョアン・リベロー、ラファエル・ラングレ、ニコラ・ジロー etc

デッドクリフの登場人物(キャスト)

クロエ(ファニー・ヴァレット)
看護師。ギョームの元彼女で、現在はルイックと付き合っている。
ギョーム(ラファエル・ラングレ)
クロエの元彼氏。クロエはまだ自分に未練があると思っている。
フレッド(ニコラ・ジロー)
カリーヌの彼氏。登山が得意。
カリーヌ(モード・ヴィレール)
クロエの友人。フレッドの彼女。
ルイック(ジョアン・リベロー)
クロエの彼氏。ギョームを敵対視している。

デッドクリフのネタバレあらすじ

映画『デッドクリフ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

デッドクリフのあらすじ【起】

看護師として働いていたクロエは、仕事で患者の少年を助けられなかったことを気に病んでいた。友人のカリーヌがリフレッシュ休暇を兼ねて、クロエをロッククライミングに誘う。カリーヌの彼氏のフレッド、クロエの彼氏のルイック、そしてクロエの元彼氏ギョームの5人で、バルカン半島のリスニャック山へ向かう。

登山ルートは、いくつかの名所を経て山頂まで行き、最後はスライダーで下山。順調にいけば、夕方には街でお酒が飲めるというフレッドの言葉に、メンバーはテンションを上げていく。

登山口から歩き出して間もなく、5人は立入禁止の看板を発見する。その先へのルートも塞がれていた。フレッドが身一つで崖を登っていくと、その先にはルートがあったため、フレッドはロープを下ろし4人を登らせる。

命綱をケーブルに掛け、5人は崖を進んでいく。アルプス山脈の絶景が目の前に広がる。5人は山と山を繋ぐ長い橋へ到着。眼下に広がる景色に、フレッドは歓喜の声を上げた。

フレッド、ギョーム、クロエの順番で橋を渡る。クロエの後ろを歩くルイックは高所で足が竦みパニックを起こす。クロエが橋を戻りルイックを宥めゆっくりと歩かせる。最後にカリーヌが橋を渡ると、ケーブルを繋いでいたボルトが岩から抜ける。橋が崩落し、カリーヌは命綱に吊るされる。

フレッドが急いでロープを投げカリーヌを引き上げると、間一髪で命綱のボルトも外れ、橋は完全に通れなくなってしまった。ルイックは冷静さを失いフレッドを罵倒、他のメンバーにも不穏な空気が流れる。

デッドクリフのあらすじ【承】

山頂へ行きスライダーで下山するしかなくなった5人。崖を進んでいくも、ケーブルが途中で無くなっていた。登山慣れしているフレッドとカリーヌが命綱無しに岩肌を登り、3人を引き上げることにした。クロエとギョームは、ケーブルにハーネスをかけて休むが、ルイックは手を離せず、疲れと死の恐怖から冷静さをどんどん失っていく。

クロエが必死にルイックに大丈夫だと呼びかけ、ルイックもゆっくりと手を放す。ところが、ハーネスのフックが外れ宙吊り状態に。助けようと手を伸ばしたギョームも、一緒に宙吊り状態になってしまう。

崖を登ったフレッドとカリーヌは、森の中を3人のいるところまで走って戻る。2人も冷静さを失いつつあり、フレッドは、本当はこの山が立入禁止になっていたと知っていて入ったとカリーヌに告白。そのとき、仕掛けてあったトラバサミにフレッドの足が挟まる。痛みに叫び声をあげるフレッド。2人で協力して外そうとするが、トラバサミはフレッドの足に固く食い込んでいた。

仕方なく3人の元へ戻ったカリーヌは、ロープを投げて3人を引き上げる。訳を話し急いでフレッドのところへ戻るも、カリーヌがいない間にフレッドは誰かに引きずられ、その場から姿を消してしまっていた。

デッドクリフのあらすじ【転】

フレッドを探して4人は森の中を進む。その途中、ルイックとギョームはクロエのことで喧嘩になり取っ組み合う。先に歩いていたクロエは戻って2人を止めようとするが、落とし穴に嵌ってしまった。

底の見えない深い落とし穴に、カリーヌがロープを伝って降りていく。落とし穴には、無数の杭のようなものが突き出しており、穴に落ちたクロエの左腕には、その杭が深々と突き刺さっていた。クロエを助け出し処置をする。人がいる気配を感じ取ったギョームは、3人にフレッドの捜索を急がせた。

次第に辺りは暗くなり、雨が降る。諦め、弱気になるカリーヌを励まし、4人は逸れないようロープで体を縛り等間隔に歩き出す。最後尾を歩いていたカリーヌの胸を、突然ボウガンの矢が貫く。異変に気付いたクロエがカリーヌの元へ走り出す。しかし、カリーヌは何かに後ろへ引きずられ、3人が追いついたときにはもうカリーヌは死体となっていた。

泣き縋るクロエを連れて歩き出したルイックとギョームは、山小屋を発見し中へ入る。小屋の中には全裸で血だらけのフレッドが横たわっていた。フレッドは一瞬意識を取り戻すも、声を上げることもなく3人の目の前で絶命した。

フレッドの持っていたリュックサックを探して、ギョームは地下室へ足を踏み入れる。地下にあったのは、無数の人間の死体。ギョームは、地下室の奥で壁に書かれた「アントン」の文字を見つける。リュックサックはその文字の下に置かれていた。ルイックはギョームを急かし、階上へ上がるギョームから荷物を奪うと、ギョームを地下へ蹴り落とし入口を塞いだ。

デッドクリフのあらすじ【結】

ルイックがクロエを連れて外へ出ようとしたところで、カリーヌの死体を担ぎながら小屋へ戻ってきた男と鉢合わせる。クロエは男に突き飛ばされ、ルイックは殴りつけられる。クロエが男に飛び掛かると、ルイックは松明を持って外へ逃げ出してしまった。

クロエとギョームは男に捕らえられ、両腕を縛られ地下室の天井から吊るされる。男は、クロエを担いで階上へ上がると、クロエを天井から吊るし、ナイフを手にゆっくりと近づいていく。ギョームは自力で縄を解き、地下室の扉の隙間から「アントン!」と呼びかけ気を引こうとする。

そこへルイックが戻り、アントンに石を投げつけると、再び一目散に逃げる。ボウガンを手に、アントンはルイックを追った。クロエは体を揺らして天井の吊り具から脱し、ギョームを地下室から出す。2人は武器を手に小屋から逃げ出した。

朝日が昇り、明るくなった森の中をルイックは逃げ回る。アントンの狙ったボウガンがルイックの足に命中し、ルイックは崖まで追い詰められてしまう。ルイックは自分の足に刺さったボウガンをアントンに突き刺し、頭を石で殴りつける。その後ルイックは、崖にある梯子で逃げようとするが、鉄製の梯子は壊れていた。

ギョームとクロエが助けに駆け付け、ギョームは腕を伸ばしルイックに掴ませる。ところが、ギョームは故意にルイックの手を離し、ルイックは崖下へ落ちていった。泣き叫ぶクロエを抱きしめるギョームの頭部にアントンの放ったボウガンの矢が突き刺さった。

小屋から持ってきたナイフを手に、クロエはアントンに襲い掛かる。アントンの反撃を受け倒れ込んだクロエは、アントンの名を叫んでいた。アントンが怯んだ隙に、ナイフでアントンの首を掻っ捌く。重傷を負わせたアントンに止めを刺すことができず、クロエはナイフを捨てスライダーで下山する。

クロエが捨てたナイフを拾い、アントンはよろよろと立ち上がる。リスニャック山にスライダーのケーブルが切れる音が鳴った。その後、ルイックの遺体が発見されるも、クロエ他3名は未だに行方が知れない。

この記事をシェアする