『デスノート the Last name』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

デスノート the Last nameの概要:「デスノート the Last name」は、2006年の日本映画。「ガメラ 大怪獣空中決戦」、「毎日が夏休み」などの金子修介。主演は「バトル・ロワイアル」などの藤原竜也、「ウイニング・パス」などの松山ケンイチ。共演には、瀬戸朝香、細川茂樹、満島ひかり、五大路子、津川雅彦、戸田恵梨香、藤村俊二、鹿賀丈史など。

デスノート the Last name

デスノート the Last name あらすじ

映画『デスノート the Last name』のあらすじを紹介します。

死神の”リューク”が落とした「デスノート」を拾い、凶悪犯を独自の判断で粛清していくエリート大学生・夜神月(藤原竜也)。犯罪者が不審死を遂げる中、人々の間では救世主キラの存在が囁かれていた。キラの事件を解決するためインターポールから派遣された、探偵の”L”(松山ケンイチ)は月への疑いを深め、キラ逮捕に協力すると自ら捜査に乗り込み、Lと月は互いに腹を探り合う。そんな中リュークとは別の死神”レム”のデスノートを手に入れた、アイドルの弥海砂(戸田恵梨香)は、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える”死神の目”を持つ。キラを崇拝する海砂は”第2のキラ”と称し、キラを否定する者を殺していく。海砂と手を組んだ月は彼女を使ってLの本名を知り、デスノートで抹殺しようと目論むが、逆手を取ったLにより海砂は監禁され尋問を受ける。海砂が自分との関係を自白しないよう、月はデスノートの所有者であることを一時放棄し、自らの監禁を申し出る。一方、煽動的なキラ報道で視聴率を上げるさくらTVのキャスター・高田清美は、海砂が放棄した第2のデスノートを得て”第3のキラ”となる。第3のキラの登場に捜査は混乱し、所有権を放棄したことでノートに関する記憶を失った月は、Lと協力して第3のキラの正体を突き止める。清美の逮捕と死でデスノートと死神の存在が明白になり、記憶を取り戻した月は自分がキラである疑いを晴らす。海砂を操り、Lを抹殺しようとする月だが、Lによってノートはすり替えられ自分がキラであることが露呈してしまう。月を見限ったリュークはデスノートに月の名を書き、月は命を落とす。一方、Lもキラを逮捕するため自分の命を引き替えに、自らの本名をデスノートに書き込んでいた。

デスノート the Last name 評価

  • 点数:20点/100点
  • オススメ度:★☆☆☆☆
  • ストーリー:★☆☆☆☆
  • キャスト起用:★☆☆☆☆
  • 映像技術:★☆☆☆☆
  • 演出:★☆☆☆☆
  • 設定:★☆☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:140分
  • ジャンル:ホラー、サスペンス
  • 監督:金子修介
  • キャスト:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈 etc

デスノート the Last name 批評 ※ネタバレ

映画『デスノート the Last name』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

展開はいいが、設定がファンタジック過ぎる

神とか悪魔とかの話を見聞きするとその国の宗教という観点に立ってしまうので、それから考えると正しく中二病の話にしか思えなくて、誰がどんな賛辞で讃えようが設定が日本の社会を背景にしている事自体アホらしい。ここでの悪魔とか地獄という存在はキリスト教での話である。宗教を背景にした話ならば、外国の悪魔が日本に登場するのにもさほど抵抗は感じないのだが、一般社会でのオカルト現象という話の中で外国の悪魔をモチーフにすると言うのは、イタコに外人の霊を呼び出してもらい、日本語で会話するのと同じくらいのレベルにしか思えないのである。原作の事は知っているが、まぁ漫画の世界なので中二的発想の無責任さもいいかも知れないと思っていたが、実際に映像にしたものを観てみると、神や悪魔の存在が何の疑問もなく描かれているところに説得力がない。超常現象を否定するのではなく、デスノートという海外の悪魔の持ち物に端を発している物語を、日本の現実社会に置き換えているところがオカルト映画的ではなく、漫画的すぎるのである。アニメならまだしも実写で撮る設定ではないと感じた。そんな事を言ってしまうと身も蓋もないのだが、実写としてのリアルな設定が、漫画的な妄想の上で平然と作られるという着想の貧困さに憂いてしまうのだ。漫画やアニメで留めておくべき作品であると感じた。

漫画と映画の世界をもっと思慮分別すべきである

自分がデスノートを手にいれたら誰の名前を書こう。などと考える輩は多いだろう。デスノートを使った者は天国にも地獄にも行けずに無をさまようというくだりもまぁ良しとして、そのような子供的な発想を若年層向けの映画で啓蒙することも、別の場所でやるべきことのような気がする。やはりそこは漫画という世界の中であるべき姿であり、映画として実写かしてしまうと荒さが目立つ。漫画という虚構の世界は虚構のまま閉じ込めておくべきではないだろうか。藤原竜也や松山ケンイチの演技どうこうはさておき、やはり制作側の意図というか映画に対する姿勢みたいなものが希薄であり、「ブーム」という仕組みを作り、受ければ何でも正当化できるというものが見え隠れし、業界臭さが鼻について仕方がない。

デスノート the Last name 感想まとめ

世相を反映するというのも映画の役割でもあるだろうが、パニックになって騒いでいる女子とか、街で騒いでいるキラの信望者たちが、ニヤつきながら他人事のような騒ぎ方をしているところにマスコミ臭がして気持ち悪い。反映して欲しくないというか、どうでもいいようなネットの書き込みなどの、見苦しい世相が随所で反映されている。自分がより正義だと思い込み父親まで殺そうとする。月(ライト)に代表される若者は、自分にとっての正義を振りかざし罪悪感もなく人を殺して行き、彼に共感する人間も多く、後継者まで現れるという設定である。そして死神という無責任極まりない偶像崇拝の中で話が展開されるところが悲しすぎる。映画を制作する前に作るべきか作らざるべきか検討しなかったのだろうか。映画にはどんな内容であっても制作者の志や思い入れがあって、初めて共感を得られるというのが持論だが、この映画にはそれが全く欠如している。

Amazon 映画『デスノート the Last name』の商品を見てみる

関連作品