映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の概要:知らない者はいない、爆発的ヒットを果たした『ハリー・ポッター』シリーズの最終章。長年激しい戦いを繰り広げてきたハリー・ポッターとヴォルデモートの戦いも決着する。伝説、ここに完結。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の作品概要

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

製作年:2011年
上映時間:130分
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
監督:デヴィッド・イェーツ
キャスト:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム・カーター etc

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の登場人物(キャスト)

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)
唯一ヴォルデモートに殺されなかった少年として、魔法界においてその名を知らぬ者はいない有名人。ヴォルデモートとの戦いを宿命づけられている。
ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
ハリーの親友。やや頼りない一面もあるが、友達思いでやる時はやる男。ハーマイオニーとは相思相愛の仲。
ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
ハリーの親友。学年一の秀才で、その豊富な知識で仲間の危機を何度も救ってきた。勇気があり、巨大な闇にも果敢に立ち向かう。
セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
長年ハリーとは険悪な仲にあった教師。ダンブルドアを殺し、ホグワーツの校長の座に着いた。裏切り者だと思われていたが・・・?
ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)
長年魔法界を震撼させていた、歴史上最悪の犯罪者。ハリーに撃退されてから弱体化していたが、完全復活を遂げた。
ダンブルドア(マイケル・ガンボン)
今世紀最強の魔法使いと呼ばれる人物。ホグワーツの校長を務め、長年ハリー達を守ってきたが、スネイプによって殺されてしまう。
アバーフォース(キーラン・ハインズ)
ダンブルドアの弟。兄であるダンブルドアのことを憎んでいたが、ダンブルドア亡き後、ハリー達に力を貸した。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のネタバレあらすじ

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のあらすじ【起】

ハリー・ポッターは、生まれながらにして闇の帝王、ヴォルデモート卿と戦うことが運命づけられた少年である。しかし、そんなヴォルデモートとの因縁も、そろそろ終盤戦に差し掛かっていた。

ヴォルデモート卿は、ホグワーツの前校長、ダンブルドアの墓から死の秘宝の一つであるニワトコの杖を手に入れていた。そして、杖が持つ圧倒的な力をもって、益々その勢力を拡大していくのだった。その力は世界一安全と言われていたホグワーツにも及び、ハリーの仲間たちは一人、また一人と悪の力の前に為すすべもなく倒れていく。

その頃、ハリーやハリーの仲間であるロンとハーマイオニーは、残りの死の秘宝を探すための旅をしていた。その一方で、彼らは各地に散らばった分霊箱を探し、破壊していたのだった。分霊箱とは、かつてヴォルデモートが自らの命を分断して、その命の欠片を封じ込めた媒体のことである。つまり、分霊箱の全てを破壊しない限り、ヴォルデモートは死なないのである。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のあらすじ【承】

そのうちの一つが、グリンゴッツ銀行に保管されていることを突き止めたハリー達は、グリンゴッツ銀行に侵入した。そこにはホグワーツの創始者の一人であるハッフルパフのカップが保管されており、苦労しながらも、なんとかハリー達はその分霊箱を破壊することに成功する。

分霊箱は、ホグワーツの寮に関係している物が多かった。まだレイブンクローに纏わる分霊箱を見つけていないハリー達は、学校にそれが保管されていると考える。しかし、そんなハリー達は常にヴォルデモートによる追っ手から命を狙われていた。そんな状態で、ハリー達が易々とホグワーツに侵入できるはずもない。現在のホグワーツは、新校長となったスネイプが牛耳り、闇の色が濃くなっていたのだ。

困り果てていたハリー達は、とある人物に出会う。それは、ダンブルドアの弟であるアバーフォースだった。アバーフォースに匿ってもらったハリー達は、学校へと続く秘密の通路から、見事ホグワーツへの潜入を果たす。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のあらすじ【転】

ホグワーツの中でも、まだ勇気をもって闇の勢力に立ち向かう者達がいた。そんな彼らに、ハリー達は歓迎される。そして、仲間達の話から、分霊箱がレイブンクローの髪飾りである可能性があることを知るのだった。

一方で、ハリー達が学校に潜入したことを闇サイドに知られてしまう。そして、ヴォルデモートは1時間以内にハリーを差し出せば、全員の命を助けるという非道な宣告をするのだった。しかし、仲間達はハリーを売ることなく、ヴォルデモートに立ち向かう決心を固める。そんな仲間に後押しされ、ハリーは分霊箱をなんとか見つけ出し、破壊することに成功するのだった。

一方、ヴォルデモートは部下であるスネイプを呼び出すと、突如彼を殺害した。ニワトコの杖を手に入れたヴォルデモートだったが、その杖がうまく動作しなかったのだ。前所有者だったダンブルドアを殺害したのはスネイプであったため、スネイプを殺すことで今度はその所有権が自分に移ると考えたのである。スネイプの死の間際、その場に駆け寄ったハリーは、スネイプからとある記憶を託される。それは、スネイプの過去だった。スネイプはハリーの母親を深く愛していたが、彼女を守りきれずヴォルデモートに殺されてしまった。彼は生涯そのことを悔やみ続け、母親に代わり、ハリーを守る決意をしたのだった。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2のあらすじ【結】

そして、その記憶から、衝撃の事実が明らかになる。なんと、ハリーの身体の中に、ヴォルデモートの命の欠片が入り込んでいたのである。つまり、ヴォルデモートを殺すためには、ハリーが死ぬしかないのである。その運命を受け入れたハリーは、一人でヴォルデモートに立ち向かう。

ハリーはヴォルデモートによって殺されるが、その先ではダンブルドアが待っていた。そして、ダンブルドアはハリーに、まだ生きることができると告げるのだった。奇跡的に生き残ったハリーは、ヴォルデモートと最後の戦いを繰り広げる。そして、ニワトコの杖を使い、とうとうヴォルデモートを倒すことに成功するのだった。長く続いた戦いは、大きな犠牲を伴いながらもとうとう幕を閉じた。

二度とこのようなことがないように、ハリーはニワトコの杖を真っ二つに折り捨ててしまう。ハリーがニワトコの杖を使えたことには理由があった。実はスネイプがダンブルドアを倒す前、その所有権をドラコが手に入れていたのだ。そのドラコをハリーは戦いの途中倒しており、その時、杖の所有権はハリーに移っていたのだった。そして、それから19年後、子供達をホグワーツへと送り出す、ハリー達の姿がキングズクロス駅にあるのだった。

関連作品

前作 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1