映画『ダーティハリー』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

「ダーティハリー」(原題 Dirty Harry)は、1971年のアメリカ映画。主役のハリーキャラハン刑事にクリント・イーストウッド。監督はイーストウッドとの名コンビで知られるドン・シーゲル。1970年代のアクション映画を代表する作品の一つであり、その後のアクション映画に大きな影響を及ぼした。シリーズ化され、続編で4作品がシリーズとして製作された。

ダーティハリー

あらすじ

映画『ダーティハリー』のあらすじを紹介します。

ある日、サンフランシスコのホテル屋上のプールで泳ぐ女性が射殺される。サンフランシスコ市警察のハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)はその事件の捜査に乗り出した。自ら”スコルピオ”とメモ書きを残した犯人は、警察へ10万ドルを要求し、飲まなければ次はカトリックの司祭か黒人を殺すと脅迫をしてくる。支払いを拒否した市警は次の犯行を防ぐため、市内の高層ビルに多数の警官を配置する。その中、警戒中のヘリが不審人物を発見するがあえなく逃走され、さらに犠牲者が出た後に犯人は少女を誘拐し、居場所を知らせる条件として再び金を要求してくる。

市警は10万ドルの支払いを決定し金の引渡しにハリーを向かわせ、彼の相棒のチコが車で後を追う。銃を捨てたハリーは犯人に殺されかけるが、チコが助けに入りそのまま銃撃戦となるも、チコは撃たれ犯人は逃走してしまう。

その後、ハリーは犯人の怪我を治療をした医者の話を手掛かりに犯人を突き止め、少女の行方を吐かせたが彼女は既に死んでいた。そしてルールを無視した逮捕の内容と証拠不十分により犯人は放免されてしまう。以降ハリーは検事や上司との軋轢により謹慎処分を受ける。

その間、意図的に怪我を装っていたスコルピオは、退院してから酒屋に押し入り拳銃を奪ってスクールバスを乗っ取る。それを待ち受けバスに飛び乗ったハリーを振り落とそうとするが運転を誤りバスは道端に乗り上げ、スコルピオはバスを捨て採石場に逃げ込み銃撃戦となる。さらに逃げるスコルピオは近くの池で釣りをしていた少年を人質に取るが、ハリーのマグナムが放った弾丸は少年をかすめスコルピオの肩に命中。犯人を追い詰めたハリーはマグナムを構え決めゼリフを吐く。

評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1972年2月11日
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:ドン・シーゲル
  • キャスト:クリント・イーストウッド、レニ・サントーニ、アンディ・ロビンソン、ハリー・ガーディノ、ジョン・バーノン etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

映画『ダーティハリー』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

刑事という仕事を、犯罪者を狩る”ヒットマン”として捉えた痛快アクション

アメリカ西海岸という凶悪犯罪の多発地域において、”こんな刑事がいてもいいじゃないか”というようなヒーローの登場である。物語の背景は1970年初頭のベトナム戦争も終盤を迎えた時期でもあり、アメリカでは犯人のスコルピオのように、ベトナムの苦悩を抱えたまま狂気に走る犯罪者も多かったのではないか。しかしながら社会的な背景に関係なく犯罪をのさばらせておく訳にはゆかないのだが、犯罪を生み出す土壌を作った国家に対する不満や憤りの意識が、ハリー・キャラハンという反体制的な”アウトロー”を象徴として出現させたのではないだろうか。

必殺の「44マグナム」

ハリー・キャラハンの代名詞とも言える「44マグナム」という長身の拳銃は、この映画の大ヒットにより世界に名を轟かせた。日本で言えば「ルパン三世」のワルサーP38と同じぐらい有名になったのではないだろうか。それを操るキャラハン刑事のアウトロー的な捜査の方法は、西部劇に出てくる無法地帯を生き抜くガンマンそのものである。そして犯人を追い詰めたときの「考えているな?この拳銃にまだ弾が残っているかを…。実は俺も何発撃ったかよく覚えていないんだ。だがこのマグナムは必殺の拳銃だ。脳ミソが吹っ飛ぶ……」という少し長目の決めゼリフもお約束の見せ場である。

まとめ

ハリー・キャラハンという刑事は実にクールだ。最初に登場する場面でのサングラス姿は刑事という職業を思わせないほどの決まり方である。日本の刑事ドラマでもマグナムやサングラスがスタイルとして定着した時期もあったが、間違いなくこのキャラハン刑事に影響され広まったのものである。がしかし逆立ちをしても本家には到底かなわない。イーストウッドが西部劇のイメージを脱ぎ大成功を収めた、刑事アクションの金字塔とも言える作品である。

Amazon 映画『プラネット・テラー in グラインドハウス』の商品を見てみる

関連作品