映画『ドッグヴィル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ドッグヴィル」のネタバレあらすじ結末

ドッグヴィルの概要:『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』など、これまで数々の人間の業を描いてきた鬼才ラース・フォン・トリアー監督作品。主演にニコール・キッドマンを抜擢し、閉ざされた炭鉱町に巣食う人間の悪意をリアルに描く。

ドッグヴィルの作品概要

ドッグヴィル

公開日:2003年
上映時間:177分
ジャンル:サスペンス
監督:ラース・フォン・トリアー
キャスト:ニコール・キッドマン、ポール・ベタニー、クロエ・セヴィニー、ローレン・バコール etc

ドッグヴィルの登場人物(キャスト)

グレース(ニコール・キッドマン)
ギャングに追われ、小さな町“ドッグヴィル”に逃げ込む。素性は不明。慈悲深く、人間は皆愛すべき部分がると信じる純真無垢な性格。
トム(ポール・ベタニー)
ドッグヴィルに住む無職の青年。小説家志望。グレースに心惹かれていく。
ヴェラ(パトリシア・クラークソン)
四人の子を持つ母親。美しく男を惑わせるグレースを目の敵にしている。
マッケイ(ベン・ギャザラ)
盲目の男。しかし周囲には目が見えないことを隠している。
チャック(ステラン・スカルスガルド)
リンゴ農家。武骨な性格で、よそ者のグレースをはじめのうち嫌悪する。ヴェラの夫。

ドッグヴィルのネタバレあらすじ

映画『ドッグヴィル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ドッグヴィルのあらすじ【起】

アメリカ、ロッキー山脈の外れにある小さな炭鉱町、通称“ドッグヴィル”。15人しかいない小さな町に、ある日金髪の美しい女性グレースが駆け込んでくる。偶然、彼女に遭遇した小説家志望のトムは、彼女を咄嗟に鉱山の陰に匿う。すると直後、黒塗りのセダンが町を訪れ「若い女性を見なかったか?」とトムに尋ねた。トムは「知らない」と嘘をつき、その男から名刺を受け取る。

グレースはひどく怯えており、そんな彼女の姿を見かねたトムは、町の集会で、この町にしばらく彼女を住まわせようと提案する。

異端者であるグレースをなかなか受け入れられない住人たち。そこでトムは、二週間の猶予をグレースに与え、その二週間に町の仕事を手伝えば皆に認められるはずだと彼女に告げる。

トムの言葉を信じ、献身的に肉体労働に励むグレース。素直な彼女の性格に、次第に町の人間たちも心を開き始め、少しずつグレースは認められ始める。

しかしリンゴ農家のチャックだけは、なぜか彼女を毛嫌いしていた。リンゴの収穫を手伝うグレースにチャックが言う。「この町は腐っている」

ドッグヴィルのあらすじ【承】

グレースに与えられた猶予である二週間が終わった。再び集会を開くトム。彼女をこの町に残すべきか否かを多数決で決めることとなった。公平な判断を下すため、グレースは遠くの鉱山で結果を待つこととなった。

もし賛成票が入れば、一人につき一度、教会の鐘が鳴らされる約束になっていた。1回、2回……そして15回目の鐘が鳴り、見事グレースはドッグヴィルの一員となる。

町の一員となった彼女のために、住人は手伝いのたびにわずかながら彼女に報酬を払うようになった。彼女はこれまで以上に献身的に町の仕事を手伝うようになる。そして少しずつ、トムとグレースは惹かれ合っていく。

独立記念日の夜、滅多に人の訪ねることのないドッグヴィルに警察がやって来る。警察は若い女性を探していると、一枚の手配書を掲示板に貼り去っていく。そこにはグレースの顔写真と共に、彼女がある銀行強盗事件に関与している旨が記されていた。

集会での話し合いにより、彼女を警察へ引き渡さず、これまで通り町へ匿うことが決まったが、少しずつグレースに対する町の人々の視線が冷たくなっていく。

グレースはほとんど一日中働かされ、報酬も減らされてしまう。

ドッグヴィルのあらすじ【転】

再び町へ警察がやって来る。ヴェラの家で子供たちの面倒を見ていたグレースはチャックからその事実を聞き動揺する。チャックは、警察へ黙っている代わりにグレースの肉体を求める。抵抗するグレースだったが、チャックにより力ずくで押し倒されレイプされる。

チャックはリンゴの収穫の度に、妻に隠れてグレースを求めるようになっていた。グレースはやがて諦めたようにチャックを受け入れるように。しかしある日、二人が性行為をしている場面を町の住人に見つかってしまう。

その夜、チャックの妻ヴェラに折檻を受けるグレース。ヴェラはグレースの大事にしていた陶器の人形を一つ残らず壊してしまう。

グレースは町を出て行くことを決意する。トムと運送屋であるベンの協力でベンのトラックの荷台に隠れ町を抜け出したグレースだったが、欲に目がくらんだベンにセックスを強要される。疲れ果て眠っていると、彼女が逃げ出したことに気付いた住人たちによって、再び彼女はドッグヴィルに連れ戻されてしまう。

町の住人たちの彼女への態度は常軌を逸し始め、グレースが二度と町を出られないよう彼女に首輪をつける。そして町の男たちは夜な夜な彼女の家を訪ね、グレースを犯し続けた。

トムはグレースを助けようと思いつつも、町の人間を敵に回すことができない自分に嫌気がさしていた。どうしたら彼女を助けられるだろうか。やがてトムは一つの結論に辿り着く。
以前、ギャングのボスから受け取った名刺の番号に電話をかける。

ドッグヴィルのあらすじ【結】

トムの連絡を受け、あの日の黒塗りのセダンが再び町へやって来る。グレースを車の後部座席に乗せるギャングの手下たち。実はギャングのボスはグレースの父親だった。傲慢で人間の命を少しも重く見ていない父親の所業に嫌気がさしていた彼女は家を抜け出し、この町に逃げ込んだのだった。

父はこの町の人間に仕返しをするかとグレースに問うが、彼女は拒否し再び町へ戻ろうとする。しかし、車から出た彼女が見たドッグヴィルの風景は、初めて目にした頃とはすっかり見え方が違ってしまっていた。この町の住人たちも、結局は父と何も変わりがないじゃないか。これまでの自身が受けた苦渋の数々を思い出したグレースは、この町の人間をこのままにしていると、第二の自分のような被害者を呼んでしまうという結論に達する。

再び後部座席に乗り込んだ彼女は父に「この町を焼き払って」と頼む。彼女の決断により、町の住人たちは次々と射殺されていく。

そして残るはトムただ一人となった。立ちすくむトムを、グレースは自らの手で射殺する。すべてを焼き払い、誰一人としていなくなったドッグヴィル。グレースたちが去ろうとすると、遠くで犬の鳴き声が聞こえた。それはチャックの飼っていた犬が発しているものであり、ただ一匹、奇跡的に生き延びていた。

その犬を残し、町を去るグレース。その背中を追うように、犬はいつまでも鳴き続けた。

Amazon 映画『ドッグヴィル』の商品を見てみる