映画『エリジウム』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「エリジウム」のネタバレあらすじ結末

エリジウムの概要:大人気俳優、マッド・デイモンが挑む新たなSF超大作。未来の日本では、貧民層と、全てを享受できる富裕層、『エリジウム』に暮らす人々で二分されていた。貧民層に産まれた主人公がエリジウムを目指す大冒険が今始まる!

エリジウムの作品概要

エリジウム

公開日:2013年
上映時間:109分
ジャンル:SF、アクション
監督:ニール・ブロムカンプ
キャスト:マット・デイモン、ジョディ・フォスター、シャールト・コプリー、アリシー・ブラガ etc

エリジウムの登場人物(キャスト)

マックス・ダ・コスタ(マット・デイモン)
いつかエリジウムに渡ることを長年夢見ている男性。ある日事故に巻き込まれたことをきっかけに、本格的にエリジウムを目指す。
フレイ(アリシー・ブラガ)
マックスの幼馴染。既婚者で、娘を授かっている。娘の病気を治すため、娘をエリジウムに送りたいと思っている。
ジェシカ・デラコート(ジョディ・フォスター)
エリジウムで防衛長官の任に就く人物。野心が強く、自らが総統になるべく反乱を起こそうとしている。
クルーガー(シャールト・コプリー)
マックス暗殺のために雇われた男性。
ジョン・カーライル(ウィリアム・フィクナー)
エリジウムを設計した人物。デラコートの革命に計画に巻き込まれ、命を失ってしまう。

エリジウムのネタバレあらすじ

映画『エリジウム』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

エリジウムのあらすじ【起】

科学の力で裕福な生活を送っていた人間だが、そんな幸福な日も突如として終わりを迎える。今まで地球を顧みなかった結果、とうとう地球が限界を迎え、環境汚染により地球上で病気が蔓延し始めたのだ。そして、その影響でたちまち地球は見る影もない有様となってしまった。

しかし、それでもまだ富裕層は存在した。彼らは貧民を見限り、自分たちだけの宇宙コロニーを地球の軌道上に作ったのだ。エリジウムと呼ばれるその場所は、あらゆる設備が整っていた。現在地球を震撼させているどんな病気をも治す医療設備も整っているのだった。しかし、エリジウムの住人達はその技術を独占し、貧民層には決して分け与えようとはしない。

そして、荒れ果てた地球に、マックスという少年が暮らしていた。彼は、幼馴染のフレイをいつか必ずエリジウムに連れて行くと約束するのだった。それから数年が経ち、マックスは大人になっていた。マックスは今でもエリジウムに行くことは叶わず、地球の工場で勤務していた。

エリジウムのあらすじ【承】

そして、大人になったマックスは、久々にフレイと再会を果たすことになる。フレイは可愛らしい女の子を授かっていたが、なんと娘は白血病にかかっているという。エリジウムであれば簡単に治るその病気も、地球上では死を待つ他ないのだった。

そんな頃、マックスは仕事中に致死量の放射能を浴びてしまう。そして、なんと5日という残酷な余命宣言を受けてしまうのだった。勿論、このままではマックスは助かる見込みはない。そこで、マックスは自分が生き残るために、エリジウムに行く計画を立てるのだった。マックスは、エリジウムに行くために闇業者と関わるようになる。

一方、全てが完璧に思えるエリジウムでも、水面下で事件が起きていた。エリジウムには、防衛長官の任に就くデラコートという人物がいた。デラコートは現在の自分の地位に満足しておらず、自らがエリジウムの総裁になろうと暗躍し始めたのだ。そして、現在地球にいるジョン・カーライルという人物の頭に、そのために必要なパスワードを託したのだ。

エリジウムのあらすじ【転】

そして、ジョン・カーライルは頭にあるデータを使いエリジウムを征服するため地球を飛び立とうとする。しかし、そんなカーライルを狙う人物がいた。マックスである。マックスはカーライルを襲うと、頭の中にあるそのデータを、自分の中にダウンロードしたのである。かつて科学の発展したこの時代では、そんなことは造作もないのである。

しかし、これはデラコートにとっては不測の事態だった。マックスがデータを持ってしまったことで、自らのクーデター計画は水泡に帰すうえ、マックスがエリジウムまで辿り着けば、彼がエリジウムを掌握できてしまうのである。地球人がエリジウムを掌握する、それは考え得る最悪のシナリオだった。

マックスをエリジウムに入れないため、デラコートは一人の男にマックスの殺害を依頼する。その男は、クルーガーという傭兵だった。一方のマックスは、自分が奪ったデータがそれほど重要なものだとは思っていなかった。彼は、闇業者に言われたエリジウムに行くためのパスワードを手に入れようとしただけなのである。

エリジウムのあらすじ【結】

しかし、マックスが重要なデータを得てしまったことには変わりない。クルーガーが目をつけたのは、フレイと彼女の娘だった。マックスは、自分の頭の中のデータを渡す代わりに、フレイ達を含め、自分達をエリジウムへ連れて行くように交渉する。そして、エリジウムに到着したマックスはデラコートに捕まってしまう。データを抜かれれば、マックスの命も失われてしまうのだ。

その頃、デラコートと口論になったクルーガーが、デラコートを殺してしまう。一方、マックスも敵の隙を見て逃げ出していた。そして、フレイ達を連れエリジウムの医療施設へと向かうのだった。しかし、ここで衝撃の事実が明らかになる。エリジウムにある医療施設は、エリジウムの住民しか利用できないのである。

そこで、マックスは信じられない行動をとったのだ。マックスは襲ってくるクルーガーと対峙し、彼を退けると、制御室へと急いだ。そして、自らの命が失われることを承知の上で、エリジウム内のデータを書き換えたのだ。マックスの行動により、地球人の誰もがエリジウムに侵入できるようになる。勿論、その医療サービスも利用できる。こうして、フレイの娘の命は助かった。そして、マックスは満足げにこの世を去るのだった。

Amazon 映画『エリジウム』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    とにかく最初から最後まで悲痛で暗たんたる気持ちがぬぐえない映画だった。主人公がめちゃくちゃいい人かどうかもよくわからないし、なんだかかわいそうだなあ、という気持ちで始終してしまう。助けられた幼馴染とその娘もなんというか、ラッキーに見えてしまうし、エリジウムが楽園というわりに警備は穴だらけだし、と突っ込みどころが多いので万人におすすめできるかといわれると難しい。ただキャストはいい人がそろっていたし、映像はとてもよく作りこまれていたので、世界観や設定はとてもよかったと思う。だからこそ、もうちょっとどうにかならなかったのだろうか、というがっかり感が否めない出来になってしまっている。

  2. 匿名 より:

    ①悲しい

    なんというか、とにかく最初から最後までひたすらに悲しい映画だった。まず格差社会の底辺で生きるマックスに何も救いがない点。犯罪に走ってる中で希望を失っていない描写は多少あるものの、どちらかというとヤケクソ感がずっと漂っている。そんななかで放射能を浴びて余命5日になってしまったり、幼馴染の娘が白血病だったり。脳内にウイルスをインプットするシーンはなんだかもう無駄に痛そうで見ていられないし、医療ポッドのためにエリジウムに行って死に物狂いで戦ったあとは、自分のためではなく幼馴染の娘のためにそれを使用して息絶える。かっこいいのはわかるし、応援もしたくなるのだけれど、これだけ主人公が辛いままなのは、さすがに救いがなさすぎるだろう、と途中から映画を観ているというよりも同情ばかりしていた。

    たしかにマチルダを助けて死んだかもしれないけれど、幼馴染の娘というポイントがイマイチ感情移入しきれず(実は娘だったとかならまだしも)、幼馴染という点以外に観客がマチルダを助けたい思いになるような演出もなかったので、ただただ「幼い子供が助かった」というそれ以上でもそれ以下でもないオチなのがとてもがっかりだった。

    ②そんな簡単でいいのだろうか

    エリジウム、富裕層がたくさん住んでいて、地球に住む人々からすれば楽園のように描かれている。コロニーとはいえ、大規模な宇宙船のようで、富裕層も数多く暮らしているのにも関わらず、そんな簡単に密入国できていいのか、というあっさり感がぬぐえなかった。そこを描き始めるとボリュームがそこばかりになってしまうのもわかるけれど、宇宙船でそんなに簡単に着陸できて、しかもたった数人の地球の貧民にボコボコにされる警備システムって、という呆れというか、がっかり感が強かった。そこは確かにストーリーのメインではないのはわかるけれど。我に返ってしまったのが残念だ。