映画『E.T.』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『E.T.』のネタバレあらすじ結末

E.T.の概要:SFで有名な作品は?と問われれば確実に名前が挙がるであろう映画歴史上に残る超大作。当時最先端の技術を駆使した映像と、少年と宇宙人の切なくも暖かい、深い絆を描いた感動作。

E.T.の作品概要

E.T.

公開日:1982年
上映時間:115分
ジャンル:SF、ヒューマンドラマ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:ディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス、ロバート・マクノートン、ドリュー・バリモア etc

E.T.の登場人物(キャスト)

エリオット(ヘンリー・トーマス)
E.T.を見つけた少年。E.T.との交流を深めていく。
マイケル(ロバート・マクノートン)
エリオットの兄弟。E.T.が星へ帰る手助けをする。
メアリー(ディー・ウォレスキーズ)
エリオットの母親。E.T.の存在に中々気づかない。

E.T.のネタバレあらすじ

映画『E.T.』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

E.T.のあらすじ【起】

アメリカのとある田舎町。そんな街の近くにある深い森に、誰にも悟られないよう一台の宇宙船が降り立ちました。勿論人間は宇宙人の存在など知る由もないので、彼らは人間に姿を見られるわけにはいきません。そんな危険を冒してまで地球に来た理由、それは、地球にしかない植物を採取し研究する為でした。

複数の宇宙人が森に出て植物の伐採を始めます。しかし、あまりに巨大な宇宙船は何人かの人に悟られてしまいます。彼らが様子を見に森に踏み込んで来た為、宇宙人は慌てて船へと戻り地球を飛び立っていきました。しかしなんと、ここで1体の宇宙人が宇宙船へと乗りそびれてしまったのです。

一方、森の近くにある家では子供達が楽しく遊んでいました。そのうちの1人、エリオットは注文したピザを受け取るために外に出ます。しかし、途中物置から何か不思議な音が聞こえて来ました。他の子供達も誘って様子を見に行くエリオットでしたが、物置には不思議な足跡以外何も見つかることはありませんでした。

E.T.のあらすじ【承】

子供達は早々に飽き物置から引き上げていきますが、エリオットだけは何かがいる確信がありました。そして、物置の隣にあるトウモロコシ畑で新たに気配を感じたのでした。エリオットが畑に近づくと、何と、そこには一体の見たこともない宇宙人が隠れていたのでした。

翌日になって、エリオットは興奮気味に自分が見た宇宙人のことを家族に語りますが、宇宙人を信じていない家族は誰も信じてくれません。エリオットは夜を待ち、再び宇宙人を探すべく外に出ました。そして物置で、再びその宇宙人を見つけるのです。エリオットは宇宙人をこっそりと自分の部屋のクローゼットへと連れていきます。

次の日、エリオットはこの宇宙人と交流を図ろうと、仮病を使い学校を休みました。色々な話をして打ち解けた2人のもとに、エリオットの兄弟であるマイケルとガーティが学校から帰って来ました。エリオットは宇宙人を彼らに紹介しました。宇宙人は自分がここではない宇宙から来たことを彼らに伝え、そしてボールを浮かせるという不思議な力を披露したのです。

E.T.のあらすじ【転】

エリオットは宇宙人の話を他の友達にもしますが、誰も信じてくれません。とある友人が、宇宙人のことをエキストラ・テレストリアル、すなわち地球外生命体と称し、その響きを気に入ったエリオットはそこから、宇宙人をE.T.と呼ぶ事にします。

一方のE.T.は、エリオットが学校に行っている間は1人家の中で過ごしていました。テレビを見ていたE.T.は、テレビに映っていた電話を見て、自分の星に電話をかけたいと思い立ちます。そこでE.T.は、帰って来たエリオットに「電話、電話」と覚えたての言葉で伝えます。エリオットはそんなE.T.の気持ちを汲み取り、家にある傘などを使い通信機を作りました。

そしてハロウィンの夜、出来上がった通信機を持ってエリオットは森へと出かけていきます。しかし、何と突然E.T.が倒れてしまったのです。実は地球の空気はE.T.に適しておらず、少しずつ彼の体を蝕んでいたのです。エリオットは急いでE.T.を家へと運びます。エリオットの母親は初めて見るE.T.の姿に驚きますが、エリオットとE.T.を看病してくれます。

E.T.のあらすじ【結】

しかし、慌てて家に駆け込んだエリオットとE.T.の姿を見ていた存在がありました。宇宙船の噂が流れたあの日以降、この地域周辺を監視していたNASAの職員達です。彼らは、貴重なサンプルとなるE.T.を無理やり連れて行こうとします。必死に抵抗するエリオットでしたが、元々具合の悪かったE.T.は、不幸にもエリオットの前で命を落としてしまいました。

嘆くエリオットでしたが、突如E.T.の胸についているランプが赤く光り始めました。E.T.はまだ、辛うじて生きていたのです。しかし、このまま地球にいてはE.T.は確実に死んでしまいます。エリオットは、仲間の手を借りてE.T.を宇宙へ帰そうと駆け巡りました。しかし、そんな彼らをNASA職員達が追い詰めます。

絶対絶命、そんな時、2人の乗っている自転車が突如として空に浮かび上がったのです。そして、2人の前にE.T.が乗っていた宇宙船が姿を見せました。エリオットは、E.T.に別れを告げます。すると、E.T.はエリオットに「友達」と告げました。E.T.を乗せた宇宙船は、そのまま宇宙の彼方へと姿を消しました。

E.T.の解説・レビュー

宇宙への憧憬

今作は「未知との遭遇」の成功の5年後に制作された映画です。今作も同じく未知なる宇宙への限りない憧れが全編に漂うロマンチックな一作となっています。今でこそ宇宙の解明が進み(地球外生命体が存在する確率が限りなく低い事が判明したため)、これほど純粋な映画が作られる事はなくなってしまいました。それでも1980年代初頭にこういったストレートな作品が生まれていたというのは興味深い事実です。ちなみに同じ年に公開されたSF映画はジョン・カーペンターの「遊星からの物体X」やリドリー・スコットの「ブレード・ランナー」など。この顔ぶれを見る限りスピルバーグの「E.T.」はあまりにも子供向けだとは思いますが、この年一番の興行成績を上げたのがこの作品なのですから、スピルバーグはやはりあなどれませんね。

これぞエンタメの王道

スピルバーグは大衆にアピールするポイントをこれでもかとこの映画につぎ込みます。今で言えば「お涙頂戴映画」ではあるんですが、これほどうまくまとめられていると嫌味な感じがしないのが不思議。主人公である少年は、引っ込み思案なキャラクターとして設定されていて、同じくはぐれものとなったE.T.と心を通わせるようになっていく。大人たちが彼らの仲を引き裂こうとするものの、少年達はなんとかE.T.を守ろうと戦いを挑んで行く。

ジュブナイル映画の王道を行く展開に、少年とエイリアンの友情ものを挟み込む。大人たちとの追いかけっこは、自転車で逃げたり空を飛んだりと非常にスリリング。そしてラストには感動のお別れシーンまであるのだから、もはや脱帽するしかないだろう。

「お涙頂戴もの」と言えば、すぐに「難病もの」か「自己犠牲精神もの」が多いのが近年の邦画界の悪しき伝統だが、たまにはスピルバーグ流の王道世界を真似してもいいのではないだろうか。確かに恥かしくなるほどストレートではあるが、それを恐れなかったからこそ、これだけ愛される映画になったのだと言えるだろう。

しかし肝心のスピルバーグ自身、近年はパワーが落ちているのが非常に残念だ。久々にこういった子供向けの王道作品を作って欲しいと切に願う。

E.T.の感想まとめ

音楽の力は強い。E.T.はテーマ曲を聞くだけで、あの名シーンを思い出してしまうほどだ。そして映画というのはその音楽と映像を記憶に結びつける働きを持つ。その力は強大であり、そう簡単に剥がれるものではない。そんな映画の力をまざまざと見せつけられる作品はそれほど多くはないが、このE.T.はそんな稀有な例の一つだと言えるだろう。映画は偉大である。

Amazon 映画『E.T.』の商品を見てみる

コメント

  1. aaa より:

    いいね^_^