映画『ファンタスティック・プラネット』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ファンタスティック・プラネット」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・プラネットの概要:惑星イガム。オム族はドラーグ人から奴隷のように扱われている。母と引き離された少年は、ドラーグ人の娘の元でペットとして成長する。少年は知恵をつけ、ある日娘から脱走する…。驚嘆と戦慄のSFアニメ。

ファンタスティック・プラネットの作品概要

ファンタスティック・プラネット

公開日:1973年
上映時間:73分
ジャンル:SF、ファンタジー、アニメ
監督:ルネ・ラルー

ファンタスティック・プラネットの登場人物(キャスト)

テール(少年期:エリック・ボージン / 大人:ジーン・ヴァルモント)
主人公。オム族の少年で、赤ん坊の頃ドラーグ人に母を殺される。ティバに拾われ、愛玩具として育てられる。ティバと共に学習し、後にオム族独立の英雄となる。
ティバ(ジェニファー・ドレイク)
ドラーグ人の少女。オム族の赤子を拾い、テールと名付け可愛がる。ドラーグ人の不気味な容姿(青い巨体・赤い目・ヒレのような耳)とは裏腹に、素直な性格。
タージェ知事(ジェラルド・ハーンナンデス)
ティバの父親で、都市知事。気難しく生真面目な性格。ティバが、テールと学習することをよく思わない。

ファンタスティック・プラネットのネタバレあらすじ

映画『ファンタスティック・プラネット』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ファンタスティック・プラネットのあらすじ【起】

ある銀河の惑星イガム。青い体に赤目の巨人族・ドラーグ人が統治し、人間のようなオム族は下等民族として扱われていた。ある日、オム族の女性は赤子を抱いて、ドラーグ人のチンピラから逃げ惑っていた。チンピラ共は、女性をいたぶり面白がる。女性は、赤子を残して死んでしまう。そこに、ドラーグ人少女が通りかかって赤子を見つける。少女ティバは小さな赤子を気に入り、そのまま家に連れて帰る。赤子は、「テール」と名付けられ、拘束用の首輪をはめられる。そして、ティバのペットとして育つのだった。

イガムでの一週間は、オム人にとっての1年であった。テールはみるみるうちに成長し、あっという間に自我の芽生えた少年になる。ティバとは、悪戯を仕掛けてじゃれ合うほど仲が良かった。ティバは、少年らしくなったテールに愛情をより注ぐ。

ティバは教育を受ける年齢になり、レシーバーという遠隔受信機を用いてドラーグ人の歴史を学ぶ。傍らのテールも共に学び、テールは一生記憶に残るとされる知識を吸収した。

ファンタスティック・プラネットのあらすじ【承】

テールの知的好奇心は、どんどん膨らむ一方だ。ティバがいない隙に、テールはレシーバーを自らの首輪に接続して知性を磨く。ティバの父タージェは、それをよく思わずときに邪魔をした。

ティバは思春期に差し掛かり、テール(ペット)と遊ばなくなる。一方、テールも成人並に知能を高め、時機を見てドラーグ人の住まいから脱走する。初めての外の世界で、テールは様々な危機に晒される。そんな彼を助けたのは、オム族の娘。彼女に導かれ、テールはオム族の秘密の住処―「廃園の大木」へと足を踏み入れた。オム族は、当初テールを馬鹿にするも、彼の高い知性を目にして評価を改める。テールは、何とかオム族に置いてもらえることになった。

その晩。テールは寝付けず、外に繰り出す。オム人の成人男女が、不気味な建造物をよじ登って謎の光り物を口にしていた。建造物から出てきた女性たちは、次々と裸になり、男達を魅了する。そして、男女はつがいになって契りを交わした。不可思議な光景を、テールは冷めた目で眺めていた。

何人かのオム人たちは、テールが持ってきたレシーバーで自らも知識を吸収しようとしていた。しかし、一派のボスが妨害して、部族間で仲間割れが起きる。テールは、衝突の要因として決闘に駆り出される。最初は攻撃されるばかりだったが、相手を打ち負かす。テールに否定的だった一部族のボスは、テールを認め、晴れてテールはオム族に迎えられる。

ファンタスティック・プラネットのあらすじ【転】

テールは徐々にオム人らしくなり、オム族たちも一斉にレシーバーでの学習に勤しんだ。テールをオム族に導いた娘は、テールの博識さに惹かれており、二人は恋仲となっていた。

ドラーグ人が、「人間狩り」と称して「人類絶滅大作戦」を計画する。危険を察知したオム族は、大木に立てこもる方策を取る。テールは、様子を知るために一人住処を抜け出す。しかし、気の緩みか、木の穴族という盗賊に捕らわれてしまう。テールは、木の穴族の女族長にドラーグ人がオム人(人類)を壊滅しに来る、と告げる。だが、聞き入れてもらえず、その日は投獄されてしまった。

次の日、「人間狩り」が開始される。人間たちは、毒ガスのようなものを撒かれ、次々と息絶えていく。テールは、女族長に縄を解かれ、共に逃げ出す。ドラーグ人を人類の元へ導くのは、ガスマスクをつけた「人間」(愛玩具)だった。

オム族も命を奪われる中、テールの恋人や族長はまだ生存していた。そこに、オム族たちの隠れ場所を、ドラーグ人が通り過ぎる。オム族に気付いたドラーグ人は、躊躇なくオム族を踏み殺し始める。人々は屈さず、ドラーグ人に立ち向かった。二人のうち、一人のドラーグ人が捕らわれ死亡した。しかし、闘いの中で、オム族のボスが命を落としてしまっていた。

女族長が、人間たちをロケットの墓場に案内する。そこは、ドラーグ人が立ち寄らない場所で、隠れるには最適だった。一方、ドラーグ人会議では、各県の知事たちが人間の知能の高さや順応性、繁殖ぶりに懸念を示した。そして、更なる人間狩りの強化を訴える。タージェだけは、ドラーグ人が人類に惨たらしい仕打ちを犯してきたことを顧みていた。

ファンタスティック・プラネットのあらすじ【結】

3つの季節が巡った。人間の感覚で言えば、15年後。人類は、ロケットの墓場に地下都市を建設していた。大勢の人間が、地下都市に流れ込み住み着いた。しかし、彼らの最終目的地は「野性の惑星」だった。レシーバーで磨いた知恵を使って、人々は宇宙船を人間用に改良する。人類の指揮を執っているのは、成人したテールだ。

地上では、ドラーグ人によって放たれた探索機(ドローン)が人類の住処を探していた。地下都市に侵入すると、ドローンは宇宙船を発見する。人々は、建物に身を潜めた。ドローンは、攻撃も仕掛けず地上へ戻った。

テールらの危機を救った女族長は老衰で、宇宙船に同乗することは難しかった。新しい惑星で平和な人類の世界を創るよう言うと、女族長は息を引き取る。その直後、ドローンが地下都市に攻め入り、人間を次々に捕獲する。同タイミングで、宇宙船は、とうとうイガムから飛び立った。

イガムの衛星―月に酷似した星に着地する。宇宙船を降りた人々が目にしたのは、首から上がない巨像だった。人々はそこで、ドラーグ人の秘密を知る。ドラーグ人は一日の大半を瞑想に費やすが、この衛星に意識を飛ばして、異星人と交流する。その異星人と夫婦になることで、生命エネルギーを得、ドラーグ人の種を保存していたのだ。男女の形をした巨像は、宇宙人の意識体を首に載せて、踊り始める。何とも不気味な光景を目撃した後、人間の宇宙船は衛星を離れた。ドラーグ人は、瞑想中の状態が一番の弱点だった。それに気付いた人類は、宇宙船から巨像を次々に破壊する。結果、ドラーグ人は絶滅の危機に追いやられ、人間狩りは収束した。

戦争終結後、ドラーグ人と人類の間で和平交渉が取られる。ドラーグ人は人間の知恵を逆輸入し、自身の生活向上に役立てた。人類は、イガムと衛星の付近に人工の惑星を創る―それはテール(地球)と呼ばれている。

Amazon 映画『ファンタスティック・プラネット』の商品を見てみる