映画『フライト・ゲーム』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「フライト・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

フライト・ゲームの概要:『96時間』など数々のアクション映画に出演してきたリーアム・ニーソンが次に挑むのは、脱出不可能な密室の中での大勢の命を賭けた殺人ゲーム。制限時間内にリーアム演じる主人公は、犯人を見つけだすことができるのか。

フライト・ゲームの作品概要

フライト・ゲーム

公開日:2014年
上映時間:107分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ジャウマ・コレット=セラ
キャスト:リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ドッカリー、ルピタ・ニョンゴ etc

フライト・ゲームの登場人物(キャスト)

ビル・マークス(リーアム・ニーソン)
機内で事件に巻き込まれた航空保安官。単独事件解決のために捜査を開始する。
ジェン・サマーズ(ジュリアン・ムーア)
飛行機内でビルの隣に乗っていた女性。心臓に爆弾を抱えている。
トム・ボーウェン(スクート・マクネイリー)
飛行機に乗り合わせていた学校の教師。
ザック・ホワイト(ネイト・パーカー)
機内にいたスマートフォンのプログラマー。ビルに協力する。
ジャック・ハモンド(アンソン・マウント)
ビルと同じ航空保安官。実は、とある悪事を働いている。

フライト・ゲームのネタバレあらすじ

映画『フライト・ゲーム』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フライト・ゲームのあらすじ【起】

ビルは、長年航空保安官として働いてきたベテランの捜査官である。そんなビルは、ある日ニューヨーク発ロンドン行きの飛行機に乗り込んでいた。しかし、太平洋の上空辺りを飛行機が差し掛かる頃、ビルの携帯電話に一通のメールが届く。そのメールを見たビルは緊張をはしらせる。そのメールには「指定する口座に1億5000万ドルを送金せよ。送金がない場合20分毎、機内の人間が一人ずつ死んでいく」という文面が記載されていたのだった。

ビルは機内を見回すが、当然ながら犯人と思しき人物を絞り込むことはできなかった。そこでビルは、同じ機内にいたハモンドという男にメールを見せ相談する。ハモンドもビルと同じく、航空保安官として働く男だったのだ。しかしそのメールを見たハモンドはそれが悪戯だと判断し、ビルへの協力を断るのだった。ビルは機長やTSA(運輸保安局)などにも連絡を仰ぐが、ビルがフラストレーションのあまりトイレ内でタバコを吸っていると、そのことを犯人からメールで指摘されたのだ。犯人はビルの様子を近くで見ることができる者、つまり犯人はこの飛行機内のどこかにいるとビルは判断する。

ビルは飛行機内を再度注意深く見渡す。そしてビルの目に一人の不審者の姿が映った。それは、もう一人の航空保安官であるハモンドだった。ハモンドは異常なまでに携帯を確認しており、その様子をビルは不審に思ったのだった。ビルはハモンドを問い詰めるが、ハモンドはそれに逆上、二人はトイレ内で乱闘にもつれこんでしまう。殺さなければ自分が殺される、とビルはハモンドの首を負って彼を止めるのだった。

フライト・ゲームのあらすじ【承】

こうして、ビルが防ぐはずだった連続殺人は、苦しくもビルがハモンドを殺したことで幕を開けるのだった。しかし、ハモンドはこの騒動の真犯人ではなかった。航空保安官は仕事柄、飛行機に乗り込む際に荷物検査を受ける必要がない。そのことを利用し、ハモンドは秘密裏にコカインの密輸をしていたのだった。そして、ビルにそのことを掴まれたと思い彼に抵抗したのだ。

ビルは本格的に連続殺人を止めるべく、乗客に自らが航空保安官であることを明かす。そして乗客全員の身体検査を行ったビルだったが、その検査でも怪しい人物は見つからない。頭を抱えるビルのもとに、新たなメールが届くのだった。第二の殺人を知らせるそのメールのあと、予告通り1体の遺体が見つかった。その遺体はこの機体の機長のものだった。しかし、機長室に行ける人間は限られている。そこでビルは、捜査のターゲットを乗客だけでなく、乗組員にも広げるのだった。

ここでビルは一人の人物に協力を仰ぐ。彼の名前はザック・ホワイト、スマートフォンのプログラマーをしている人物だった。ザックは犯人のものと思われる連絡先にウイルスメールを送りつける。そしてその直後、一人の乗客の携帯が鳴るのだった。しかしその乗客はその携帯は自分のものではないと否定、そしてその後何故か泡を拭いて倒れてしまうのだった。再び行き詰まったビルは、再びトイレでタバコを吸っていた。すると、そのタバコの煙が奇妙な流れでどこかに流れていく。その流れの先には小さな穴が開いていた。ビルはその穴を見て、犯人はこの穴から毒針を飛ばし、機長を殺したに違いないと考えるのだった。

フライト・ゲームのあらすじ【転】

そこでビルは機内でトイレを使用した人物に狙いをつけ、改めて捜査を続行する。そして、ジェンというビルの隣の席に座っていた女性もトイレを使用していたことが判明する。彼女は心臓に病を抱えており、次に発作が起きれば死ぬとも言われているほど重篤な状態にある女性だった。

一方、ビルにとって予想外の出来事が起こる。何と機内に乗り合わせていたドイツ人の男性が現在の緊迫した機内の様子を撮影、それをネットにアップしたのだった。そしてその動画を見た視聴者やマスコミ、挙句の果てに運輸保安局までもがビルをハイジャック犯に仕立て上げたのだ。

マスコミがこういった対応をとったことには理由があった。実はビルは以前最愛の娘を亡くした悲しみに負け、酒に溺れていた過去があったのだ。そしてその際、ビルは警官という職業から追われていた。そういった過去、そして、犯人が指定した口座がなんとビルのものであったこともあり、世間はビルを犯人と決めつけたのだった。

フライト・ゲームのあらすじ【結】

しかし、そんな逆風の中でもビルは諦めることはなかった。青年が撮影した動画に何か手がかりが残されているかもしれない、とビルはその動画を隅々までチェックした。すると、その動画で不審な動きをしている人物がいたのだった。その男の名前はトム、普段は学校の教師をしている人物だ。そしてビルの読み通り、彼こそが一連の事件の犯人だった。

しかし、トムは単独犯ではなく協力者がいた。その人物は、先程ビルに協力してくれたように見えたプログラマー、ザックだったのだ。二人の狙いは、政府の評判を下げることにあった。犯行が露見したトムとザックは仲間割れを起こし、何とトムがザックに向けて銃の引き金を引く。そして、トムはそのまま自分達の邪魔をしたビルへと銃口を向ける。

さらに最悪なことに、その機内にはハモンドがコカインの中に潜ませていた爆弾も乗せられていた。そんな一触即発の状態で向かい合った二人であったが、ビルが見事トムを下し、更にまだ生きていたザックも倒すのだった。飛行機は無事着陸、乗客は無事だった。一度は犯人に仕立て上げられたビルだったが、今度はビルは英雄として世間に認知されることになる。

Amazon 映画『フライト・ゲーム』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    リーアム・ニーソンと言えば、大傑作『シンドラーのリスト』のシンドラー役です。イケイケ男を演じさせても良し、苦悩・後悔に押しつぶされそうな男を演じさせても良し。お気に入りの俳優です。
    しかし、近年は筋肉俳優としての出演が多くなりました。『バットマン・ビギンズ』、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』、『96時間』シリーズ、『THE GREY』など。いくつか好きな作品もありますが、やはり演技派として、落ち着いた映画にも出演して欲しいと思っています。
    本作は『96時間』のヒットを受けて製作されたのでしょう。職務に燃え、犯人探しに奔走しながらも最悪のシナリオを回避しなくてはいけない。常人にはとても不可能な困難に立ち向かう男。確かに、リーアム・ニーソンが適役です。