『フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白』あらすじとネタバレ映画批評・評価

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白の概要:「フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白」(原題:Forever Young)は、1992年のアメリカ映画。監督はスティーブ・マイナー。主演は「リーサル・ウェポン」シリーズのメル・ギブソン。共演は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のジェイミー・リー・カーティス。

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白 あらすじ

映画『フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白』のあらすじを紹介します。

1939年。アメリカ陸軍航空隊のテストパイロット、ダニエル(メル・ギブソン)は、ある日、恋人のヘレン(イザベル・グラッサー)にプロポーズしようとするが、うまく言葉に出来ずにいた。仕事へ戻ろうとしたヘレンは交通事故に遭い、重傷を負って昏睡状態に陥ってしまう。そこから半年が過ぎ、ダニエルは親友の科学者ハリー(ジョージ・ウェント)が開発した、冷凍睡眠装置の実験台に自ら志願した。万一ヘレンが目覚めたら起こしてくれと言い残し彼はカプセルに入った。

年月は流れ1992年、二人の少年、ナットとフィーリックスは、偶然立ち入ってしまった空軍の倉庫で埃をかぶったカプセルを発見し、凍結した男が横たわっているのを発見する。その姿は50数年前から変わらないダニエルだった。目覚めたダニエルは、ナットの母クレア(ジェイミー・リー・カーティス)を暴漢から救い、クーパー家に迎え入れられる。その裏では軍とFBIがダニエルの行方を探していた。一方、ようやくハリーの消息を掴んだダニエルは、彼の居所を訪ねるが暴発事故でハリーが死んでしまったために、自分が置き去りにされた事実と、かつての恋人ヘレンが生きていることを知り、急速に老化する体で過去に自分が操縦したB-25でヘレンの許へ飛び立った。岬の灯台に住むヘレンの住処へ辿り着いたダニエルは、すっかり85歳の老人の姿になっていた。50年以上の年月を超え、ダニエルがヘレンに愛を告白する瞬間がようやく訪れた。

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1992年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:SF、ラブストーリー
  • 監督:スティーヴ・マイナー
  • キャスト:メル・ギブソン、ジェイミー・リー・カーティス、イライジャ・ウッド、イザベル・グラッサー etc

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白 批評 ※ネタバレ

映画『フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白』について、2つ批評します。※ネタバレあり

SFらしからぬSF

ある種のタイムトラベルもののように思えるが、実はそうではない。第二次大戦中のパイロットが冷凍冬眠で50年後に目覚めるという話なので、今の科学ならありえる話だが、当時の科学ではあり得ないというややこしい話ではある。お互いが無事だったら結婚していたはずの二人が、同時期に手違いによって眠ったままになってしまったという複雑な話である。そしてその問題をさらに厄介にしたのは冷凍冬眠の開発というものが、個人の秘密研究だったというところである。
廃屋になった軍の倉庫に50年も放置されて、子供たちに発見されるまで一体軍は何をしていたのだろう。冷凍されていた人間が生き返るということを考えたら…。いや、考えない方がいいのだろう、こういった話においては。

50年後の文明をダニエルが素直に受け入れているのもさて置きという感じだろうか。まぁ、とにかくSF的な話でありながらストーリーが偶発的な事故によるというためか、そのあたりの表現は雑というのは仕方がないのだが、昔愛し合っていた二人とは言え、いきなり50年以上も時を過ぎてしまった老人たちが、プロセス無しで愛を確かめ合えるものかというところの方が疑問は大きい。それともプロセスがなかったから純粋に愛し合えるのだろうか。そのような葛藤でも描かれていたらよかったのにとも思ったりするが、そういうのを「野暮」というのだろう。シナリオ自体は悪くないと思うので、描写の仕方を現実的でなく、もう少しファンタジックに描いてくれれば、素直に納得して観られた映画であるかも知れない。

メル・ギブソンだから

主役がメル・ギブソンであり、アメリカ映画だからまぁいいかっていう感じは拭えない。設定はどうあれ素直に感動するというのがこう映画への正しい接し方だろう。欲を言えば監督が誰かというところで、内容も変わったのだろうという気がしないでもない。浦島太郎のような内容だからそれはそれで、役者の演技があってこその映画というところだろう。ジェイミー・リー・カーティスと、子役のイライジャ・ウッドが非常にいい演技をしているところも評価を上げた部分だろう。誰しもが子供と動物には弱いのだという典型である。

まとめ

ロミオとジュリエットのその後を描いたようなラブ・ファンタジーというところで落ち着こう。ちょっとご都合的なところはあるとしても、ロマンスを見せてくれる映画としてツッコミなんかは入れないでおこう。人間はあまり物事に接しすぎると夢を語れなくなってしまい、つまらなくなってしまうんだな。映画っていうのは本来こういった夢のあるものだったのだ。

Amazon 映画『フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白』の商品を見てみる