映画『ガタカ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ガタカ」のネタバレあらすじ結末

ガタカの概要:出生前の遺伝子操作が当たり前になった時代。両親の意向で、遺伝子治療を受けずに生まれたビンセントは、心臓に疾患を抱え、普通の子供というだけで迫害を受けてきた。彼の夢は宇宙飛行士になることだった。努力により、並外れた知性と体力を獲得したビンセントだが、遺伝子検査により不適合の烙印を押されてしまう。そこで、ビンセントは他人の遺伝子を使って別人に扮することを考えた。

ガタカの作品概要

ガタカ

公開日:1997年
上映時間:106分
ジャンル:SF、ヒューマンドラマ
監督:アンドリュー・ニコル
キャスト:イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、アラン・アーキン、ジュード・ロウ etc

ガタカの登場人物(キャスト)

ビンセント / ジェローム(イーサン・ホーク)
遺伝子操作を受けずに生まれた青年。心臓に疾患を抱えていて、既に医者から宣告された寿命を超えて生きている。宇宙飛行士になることが目標。
ユージーン(ジュード・ロウ)
本物のジェローム。世界二位の実力を持つ水泳選手だったが、事故により選手生命を絶たれてしまう。ビンセントに自分の遺伝子を提供し、共同生活を営む。
アントン(ローレン・ディーン)
ビンセントの弟。兄と違い、遺伝子操作を施され、十年に一人の逸材といわれる。警察官。
アイリーン(ユマ・サーマン)
ビンセントの同僚。かつて宇宙飛行士を目指していたが、心臓に疾患が見つかり夢が途絶えてしまう。

ガタカのネタバレあらすじ

映画『ガタカ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ガタカのあらすじ【起】

そう遠くない未来。土星探査を控えていた宇宙飛行士候補生ジェロームは、上司にその仕事振りを絶賛された。上司が去ったあと、ジェロームは卓上に家から持参した皮脂と毛髪を、日常で溜まった埃のように散布した。

会社が定期的に実施する薬物検査を済ませたジェロームは、廊下の天窓から打ち上げられたロケットを見上げていた。地球を出ることは、彼の夢だった。飛んで行ったロケットを見送り、仕事部屋に戻ろうとすると、ジェロームはトイレが騒々しいことに気付いた。一人の男が殺されていたのだ。

ジェロームは宇宙飛行士に必要な素養を持って生まれてきた。だから、彼が宇宙飛行士として土星に行くことが決まっても、周りの者は誰も不思議に思わない。しかし、とジェロームは内心で独白する。自分は本物のジェロームじゃない。生前の遺伝子操作が当たり前の時代に、彼の母は遺伝子学者より神に子供の全てを託した。そうして生まれた彼は心臓に疾患を抱え、寿命は三十年しかないだろうと医者に宣告された。ビンセントと親に名付けられた彼は、虚弱体質で、もしものときの責任を負いたくない保育園にも、入園を拒まれる始末。ビンセントの両親は、次の子供は遺伝子操作を施して生むことに決めた。そうして生まれたビンセントの弟は、アントンという父の名を継ぐに相応しい子供になった。

ガタカのあらすじ【承】

成長したビンセントは、家族に何も告げず、家を出ていく決心をした。放浪の時期が数年続き、トイレ掃除の仕事もやった。彼の属する新下層階級は肌の色ではなく、科学によって決められた。ガタカ社の清掃にきたビンセントは、そこで打ち上げられるロケットを見て、宇宙に思いを馳せる。

ビンセントはガタカ社の入社試験を受けるため、肉体の特訓と勉強に勤しんだ。しかし、彼がどれだけ頑張っても、血液検査が彼のことを劣等者として弾いてしまう。そこでビンセントは、自分の遺伝子を偽装する必要があった。

優れた遺伝子は成功を容易くするが、絶対ではない。どれだけ優秀だろうと運命には逆らえないのだ。エリートが何らかの理由で悲運に見舞われたとき、彼らの遺伝子は高値で取引される。ビンセントは、水泳で世界二位の実力を持つが、交通事故で両脚が麻痺してしまったジェロームという男の遺伝子を買った。そして、ビンセントは、外見、身長、筆跡と、彼に関する全てを真似て、彼に成りきる準備を進めた。ジェロームはミドルネームのユージーンを名乗り、ビンセントがジェロームを名乗る生活が始まった。

ガタカのあらすじ【転】

ジェロームは、ビンセントの存在を抹消するため、職場の掃除を欠かせず、家に帰ると皮脂や抜けかかった毛髪を落として焼却しなければならない。そして、ユージーンはビンセントがジェロームであることを証明するために、尿や血液、皮脂のサンプルを保存し続けた。そうした努力のおかげで、ジェロームは昇進を重ね、宇宙飛行士に抜擢された。一度は上司に遺伝子の偽装を見破られそうになったこともあるが、それ以上に彼を窮地に陥れる事態が生じた。その上司が、会社で死体となって見つかったのだ。

ガタカ社に警察の捜査が入った。ジェロームは土星探査が延期されることを恐れて、局長に今後の予定を尋ねる。局長は心配するなとジェロームに言い、予定通りにロケットを打ち上げると誓った。

犯人を挙げるため、ガタカ社は職員の遺伝子の再検査を内密に実施することにした。アイリーンは同僚のジェロームのことを調べることになったが、検査結果に異状はなかった。

土星探査の内定を祝い、ジェロームとユージーンは酒を飲んでいた。泥酔したユージーンはジェロームに事故の原因を打ち明ける。世界一になるべくして生まれた彼は、どう足掻いても二位にしかなれなかった。そのことに絶望して、自殺を図ったのだという。しかし、それでも結局は死に切れなかった。自分を背負ってベッドまで運んだジェロームに対して、ユージーンは言う。「挫けずに頑張ればいつか成功する」そして、ジェロームの胸ぐらを掴んで引き寄せると、こう続けた。「偉いぞ、ビンセント」

ガタカのあらすじ【結】

ガタカ社で捜査員の手によって採取された塵や埃が、警察に届けられる。ほとんどは、社員から排出されたものだったが、その中で、たった一つ、公には数年前に失踪し、消息不明となっていたビンセントのまつ毛が見つかった。最下層者のビンセントがガタカ社に出入りしているのは怪しいと考えた警察は、彼を最重要参考人として捜索を始めた。

捜査官になっていたアントンは、兄を庇おうとした。ビンセントには動機がなく、既に死んでいても不思議ではない年齢だ。しかし、他の捜査員はアントンの話に耳を貸さない。警察の指導で、ビンセントの写真が社内中に掲載されるようになった。

ジェロームは自分の夢が潰えたと絶望する。大丈夫だとユージーンは励ますが、ジェロームは機材や遺伝子サンプルを廃棄して逃亡を図る。そんなジェロームにユージーンは激怒した。最後になって裏切るのか。ジェロームに夢を叶えて欲しいと願うユージーンの説得により、ジェロームは再び会社に戻る。

真犯人が逮捕された。ジェロームの上司を殺したのは、局長だった。局長は、ジェロームに余計な疑いをかけてロケットの打ち上げを遅らせようとする上司が邪魔だったと供述した。

ジェロームが旅立つその日、ユージーンは彼に感謝の言葉を述べた。身体を貸す代わりに夢を見られた。ユージーンはジェロームに一枚の手紙を渡した。

出発のゲートに立つジェロームは困惑した。そこではロケット搭乗者に対する抜き打ちの遺伝子検査が行われていたのだ。打つ手がないジェロームは諦めて検査に応じる。すると、検査官はジェロームの検査結果をワザと見逃した。検査官は、ビンセントとしてガタカ社に受験してきた彼のことを覚えており、実力で宇宙飛行士の座に着いたジェロームのことを影ながら応援していたのだった。

ジェロームが乗り込んだロケットの搭乗口が閉じられる。丁度その頃、自宅の焼却設備の中にユージーンはいた。彼は自分の遺伝子サンプルを一生分残し、ジェロームの名前を完全にビンセントに明け渡すため、自殺を図った。そうとは知らないジェロームを乗せたロケットは、土星に向かって地上を飛び立った。

Amazon 映画『ガタカ』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    映画ファンの方はご存知だと思いますが、本作の共演をきっかけにイーサン・ホークとユマ・サーマンが1988年に結婚。しかし、2004年にイーサンの浮気が原因で2人は別れています。美男美女カップルで羨ましい!なんでもイーサンはキスがとても上手いとか。別れてしまいましたが、2人にとって運命的な作品だったんです。

    ジュード・ロウにとっても、自身の存在感を大きく示した1作だといえよう。また現在、ジュード・ロウは禿げているが、色気のある俳優として再びブレイク中です。本作の頃はまだ髪も元気だが、2009年製作のガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ」シリーズからかなり禿げております。これも遺伝子が原因なのか?

    男性フォルモンが過剰に出ているためだとか色々考えられています。それでも日本人ほど薄いことを神経質にならない点に安心します。髪も演技も彼の魅力の一つとして輝いています。

  2. 匿名 より:

    「ガタカ」で描かれた、遺伝子によって決まる世界と現在の遺伝子研究はどこまで進んでいるのでしょうか?まだ「ガタカ」の世界ほどではないが、遺伝子操作によって生まれるデザイン・ベイビーの問題や遺伝子で病気が特定できる未来へと近づいています。本作は、遺伝子をテーマにしたSF映画として傑作です!

  3. 匿名 より:

    女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳癌になるリスクを回避するために、乳房を摘出する手術を受けたことで遺伝子診断が話題になりました。アンジェリーナは身内に乳癌を発症した人がおり、遺伝子診断により自身の発がん率が高かったため手術を決意したのです!

    遺伝子研究の進歩は病気の予防に大きな貢献をしています。良い点もあるが、遺伝子によって人の能力や寿命、可能性が制限・差別させるのではないかという怖さもあります。本作では、そんな近未来を舞台に人の可能性は遺伝子で測れるのか?不適合といわれても夢を実現できるのかがテーマです。

  4. 匿名 より:

    イーサン・ホーク目当てでもいいのでぜひ、ご覧下さい。またマイケル・ナイマンの音楽も素晴らしく心に残ります。ジュード・ロウの魅力は、主人公に影の分身のように寄り添う守護天使的な存在感です。何故か主人公を演じる、イーサン・ホークよりも気になります。遺伝子が優秀なだけで全てが決まるわけではない。

    その命の重さを感じてほしい。ジュード・ロウのブルー・アイが台詞以上のものを語りかけてきます。なぜ、宇宙に行きたいのか?と問うた彼の声が耳に残っています。

  5. 匿名 より:

    イーサン・ホークが主演ですが、その彼を助ける、もう1人の主人公ジェロームを演じるジュード・ロウに光を当ててみたい。ジェロームは元水泳選手。大会で銀メダルを取るほど優秀な選手だったが、未来を悲観して自殺を図り、助かったものの下半身不随になってしまう。

    そんな時、宇宙飛行士を夢みるビンセントと出会う。ビンセントは、遺伝子操作をせずに生まれたため心臓が弱く、長生きできないと言われていた。そんな2人が2人3脚で夢実現を目指すのだ。なぜ、不可能とも思える夢に協力しょうと思ったのだろう?

    何かを成し遂げるためには、遺伝子だけではない努力や運、周囲の人の協力が必要だと気づいていたのではないか。だから、ジェロームのリベンジ物語なんです!影分身のように常にビンセントのそばに寄り添い、時にはお酒を飲んでよっぱらう。

    ジェロームを演じる、ジュード・ロウは繊細で知的な人物を演じさせたら本当に上手い!綿密に織られた近未来的背景も、科学的なごまかしがない分、シンプルでリアルに響いてきます。特に2人で星を眺めるシーンがいい。