映画『ガタカ』あらすじとネタバレ感想

ガタカの概要:イーサン・ホーク主演のSFサスペンス。優秀な遺伝子を手にして宇宙への夢を叶えようとする物語。共演はジュード・ロウ、ユマ・サーマン。アンドリュー・ニコル監督のデビュー作。1997年アメリカ映画。

ガタカ あらすじ

ガタカ
映画『ガタカ』のあらすじを紹介します。

遺伝子研究の進んだ近未来。そこでは、遺伝子によって能力や寿命、健康が決まると考えられていた。ビンセント(イーサン・ホーク)は、両親が自然な形での出生を望んだため、生まれつき心臓が弱く、30才までしか生きられないと言われてしまう。

その後、弟が誕生。両親は弟をデザイナー・ベイビーとして生んだ。2人の体力的差は大きく、子供の頃から弟の方が優れていた。だがビンセントの夢は宇宙飛行士になること。しかし、遺伝子で不適格者となってしまう。それでもあきらめきれないビンセントは家を出ます。

ガタカ研究所。ビンセントは、清掃会社の清掃員としてガタカで働きはじめた。空を見上げ、宇宙へ旅立つロケットを眺める毎日だった。どうしても宇宙への夢をあきらめきれず、偽の遺伝子を手に入れてガタカの就職試験を受けることを決めた。

ビンセントに偽遺伝子を提供するのは、ジェローム・モーロ(ジュード・ロウ)。彼は元水泳選手で銀メダル保持者。しかし、優勝できないことを悲観して自殺未遂してしまう。命は助かったものの、下半身不随で車いす生活を送っていた。

ジェロームは毎日、自分の血液や尿、皮膚などあらゆる生体サンプルを蓄積させてゆく。そのおかげで、ビンセントは念願のガタカ研究所へ就職が決まった。研究所では、血液や尿の検査が行われ、その都度クリアーしてゆく。

ビンセントはジェローム(イーサン・ホーク)として働き出すと、すぐに優秀だと認められてゆく。ところがある日、イジワルをいう上司がガタカ研究所内で何者かに殺された。現場に残されたビンセントのまつ毛から犯人だと疑われてしまう。

ジェロームは、捜査を助ける助手として動くイレーナ(ユマ・サーマン)と出会い、恋人になります。ある日、ジェロームの本当の正体がばれそうになってしまう。自宅を訪れた捜査員でビンセントの実の弟アントン(ローレン・ディーン)とイリーナはジェロームの姿を見て驚く。

その後、上司殺人の犯人は捕まり1週間後、ジェロームは宇宙へ旅立つことが決まった。宇宙へ飛びたつ日、尿検査で不適格となるが、検査員が見逃してくれ、無事宇宙へ。
そして、本物のジェロームは命を絶った。

ガタカ 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1997年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:SF、サスペンス、ヒューマンドラマ
  • 監督:アンドリュー・ニコル
  • キャスト:イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、アラン・アーキン、ジュード・ロウ etc

ガタカ ネタバレ批評

映画『ガタカ』について、感想批評です。※ネタバレあり

SFサスペンスの傑作!遺伝子で未来は決まるのか?

女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳癌になるリスクを回避するために、乳房を摘出する手術を受けたことで遺伝子診断が話題になりました。アンジェリーナは身内に乳癌を発症した人がおり、遺伝子診断により自身の発がん率が高かったため手術を決意したのです!

遺伝子研究の進歩は病気の予防に大きな貢献をしています。良い点もあるが、遺伝子によって人の能力や寿命、可能性が制限・差別させるのではないかという怖さもあります。本作では、そんな近未来を舞台に人の可能性は遺伝子で測れるのか?不適合といわれても夢を実現できるのかがテーマです。

イーサン・ホークが主演ですが、その彼を助ける、もう1人の主人公ジェロームを演じるジュード・ロウに光を当ててみたい。ジェロームは元水泳選手。大会で銀メダルを取るほど優秀な選手だったが、未来を悲観して自殺を図り、助かったものの下半身不随になってしまう。

そんな時、宇宙飛行士を夢みるビンセントと出会う。ビンセントは、遺伝子操作をせずに生まれたため心臓が弱く、長生きできないと言われていた。そんな2人が2人3脚で夢実現を目指すのだ。なぜ、不可能とも思える夢に協力しょうと思ったのだろう?

何かを成し遂げるためには、遺伝子だけではない努力や運、周囲の人の協力が必要だと気づいていたのではないか。だから、ジェロームのリベンジ物語なんです!影分身のように常にビンセントのそばに寄り添い、時にはお酒を飲んでよっぱらう。

ジェロームを演じる、ジュード・ロウは繊細で知的な人物を演じさせたら本当に上手い!綿密に織られた近未来的背景も、科学的なごまかしがない分、シンプルでリアルに響いてきます。特に2人で星を眺めるシーンがいい。

運命という言葉が、「ガタカ」にはよく似合う!

映画ファンの方はご存知だと思いますが、本作の共演をきっかけにイーサン・ホークとユマ・サーマンが1988年に結婚。しかし、2004年にイーサンの浮気が原因で2人は別れています。美男美女カップルで羨ましい!なんでもイーサンはキスがとても上手いとか。別れてしまいましたが、2人にとって運命的な作品だったんです。

ジュード・ロウにとっても、自身の存在感を大きく示した1作だといえよう。また現在、ジュード・ロウは禿げているが、色気のある俳優として再びブレイク中です。本作の頃はまだ髪も元気だが、2009年製作のガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ」シリーズからかなり禿げております。これも遺伝子が原因なのか?

男性フォルモンが過剰に出ているためだとか色々考えられています。それでも日本人ほど薄いことを神経質にならない点に安心します。髪も演技も彼の魅力の一つとして輝いています。

ガタカ 感想まとめ

「ガタカ」で描かれた、遺伝子によって決まる世界と現在の遺伝子研究はどこまで進んでいるのでしょうか?まだ「ガタカ」の世界ほどではないが、遺伝子操作によって生まれるデザイン・ベイビーの問題や遺伝子で病気が特定できる未来へと近づいています。本作は、遺伝子をテーマにしたSF映画として傑作です!

イーサン・ホーク目当てでもいいのでぜひ、ご覧下さい。またマイケル・ナイマンの音楽も素晴らしく心に残ります。ジュード・ロウの魅力は、主人公に影の分身のように寄り添う守護天使的な存在感です。何故か主人公を演じる、イーサン・ホークよりも気になります。遺伝子が優秀なだけで全てが決まるわけではない。

その命の重さを感じてほしい。ジュード・ロウのブルー・アイが台詞以上のものを語りかけてきます。なぜ、宇宙に行きたいのか?と問うた彼の声が耳に残っています。

Amazon 映画『ガタカ』の商品を見てみる