映画『グリーン・デスティニー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「グリーン・デスティニー」のネタバレあらすじ結末

グリーン・デスティニーの概要:清朝の時代。伝説の名剣グリーン・デスティニーを巡り、武術の達人たちが織りなすアクション巨編。第73回アカデミー賞で外国語映画賞など4部門を受賞。ワイヤー・アクションの演出が話題を呼んだ。

グリーン・デスティニーの作品情報

グリーン・デスティニー

製作年:2000年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、ラブストーリー
監督:アン・リー
キャスト:チョウ・ユンファ、ミシェル・ヨー、チャン・ツィイー、チャン・チェン etc

グリーン・デスティニーの登場人物(キャスト)

リー・ムーバイ(チョウ・ユンファ)
高名な剣の達人。戦いに明け暮れる武林の世界に疑問を覚え、修行をやめて愛剣グリーン・デスティニーを手放す決意をする。シューリンとの静かな生活を望むが、名剣を巡る因縁が、彼を再び戦いの世界に呼び戻す。
ユー・シューリン(ミシェル・ヨー)
武術の達人で、刀の使い手。父の跡を継ぎ、運送業を営む。恋人を殺した仇敵を、ムーバイと共に捜してきた。武術の師でもあるムーバイに心惹かれているが、かつての恋人を思い、自分の心に素直になれずにいる。
イェン(チャン・ツィイー)
ユイ長官の娘。親の政略結婚で嫁ごうとしていたが、貴族の生活に嫌気がさし、剣士になって冒険することを夢見ている。いたずら心でティエ氏の家からグリーン・デスティニーを盗み出したことが、流血の惨事を招く。
ロー(チャン・チェン)
元盗賊の頭領。かつて西域に赴任していたユイ長官の行列を襲い、イェンと出会う。イェンと恋に落ち、盗賊をやめて長官に認めてもらえるような人物になることを誓う。親の決めた相手に嫁ぐイェンを奪おうとする。
ジェイド・フォックス(チェン・ペイペイ)
表向きはイェンの教育係だが、ムーバイの師匠のほか、さまざまな人間を殺してきた謎の武芸者。ウーダン山から秘技書を盗み、イェンに武術を指導するが、イェンの技量が自分を上回ったことを知り、殺意を抱くようになる。
ティエ氏(ラン・シャン)
亡くなったシューリンの父の旧友で、ムーバイとシューリンの庇護者。剣への造詣も深く、ムーバイが手放したグリーン・デスティニーを引き取るが、その剣が持つ恐ろしい力もよく知っている。
ユイ長官(リー・ファーツォン)
イェンの父。西域に赴任していたが、北京に戻り、宮廷警護長に就任する予定。政略結婚で、イェンを本人の意思とは関係なく、名門のゴウ家に嫁がせる。
ツァイ(ワン・ターモン)
妻を殺したジェイド・フォックスを、娘と共に西域から追ってきた隠密捜査官。鉞(えつ)という武器でジェイド・フォックスと戦うが、逆にその武器で殺されてしまう。

グリーン・デスティニーのネタバレあらすじ

映画『グリーン・デスティニー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

グリーン・デスティニーのあらすじ【起】

運送業を営むユー・シューリンは、荷駄の護衛で北京に向かおうとしていた。そこへ、ムーダン山で修行をしていたはずのリー・ムーバイがやって来る。武林(武術の世界)で生きることの空しさを感じ、修行を打ち切ったのだという。

ムーバイは、剣の達人として広くその名を知られた武芸者であったが、愛剣グリーン・デスティニー(碧銘剣)をシューリンに託し、北京にいるティエ氏に献上してほしいと頼む。引退を決めた彼の唯一の心残りは、師匠を殺したジェイド・フォックスに仇討ちができずにいることであった。

北京でティエ氏に剣を渡したシューリンは、そこでユイ長官の娘イェンと出会う。父の決めた相手に嫁ぐ身の上や、剣士になる夢を語るイェン。シューリンは、そんな彼女に、結婚が女の幸せであることを説く。

その夜、ティエ氏の屋敷に黒装束の賊が忍び込み、グリーン・デスティニーを盗み出した。警備をしていたボーが賊を捕らえようとしたが、賊は見事な武術でボーを翻弄し、軽功の技を使って屋根伝いに逃亡した。

騒ぎに気付いたシューリンは、先回りして賊に追い付き、格闘の末にこれを捕らえようとした。しかし、何者かが暗器を飛ばして賊を助けたため、取り逃がしてしまう。シューリンはこのとき、賊の正体はイェンではないかという疑いを持ち始めていた。

グリーン・デスティニーのあらすじ【承】

ムーバイの仇であるジェイド・フォックスとは女であり、表向きはイェンの家庭教師としてユイ長官の屋敷にいた。そのジェイド・フォックスに妻を殺された警官のツァイと娘が、西域から彼女を追って北京に来ていた。

ツァイの執拗な追跡に業を煮やしたジェイド・フォックスは、ある夜、ツァイ親子を呼び出し、殺そうとする。ジェイド・フォックスは強く、警官のツァイも歯が立たない。

そこへムーバイが助けに現れる。ムーバイはシューリンを迎えに北京に来ていたのだ。ムーバイがあと一歩のところでジェイド・フォックスを討ち果たそうとしたとき、グリーン・デスティニーを持った賊が、ムーバイの邪魔をした。ジェイド・フォックスはその賊を「弟子」と呼んだ。そしてツァイを殺し、弟子と共に逃げ去った。

賊の正体はイェンだった。イェンは、いたずらでグリーン・デスティニーを盗んだことで、殺人事件まで引き起こしてしまったことを悔いていた。そのためティエ氏の屋敷に再び忍び込み、剣を元の場所に返そうとする。そこにはムーバイが待ち構えていた。イェンの剣技に才能を感じていたムーバイは、自分の弟子になるようイェンを説得する。しかしイェンは、その誘いを断る。

屋敷に戻ったイェンは、警官を殺したジェイド・フォックスを追放しようとする。争う2人。だが、イェンの技はすでに師を上回っていた。実は、ジェイド・フォックスがムーダンから盗んだ秘技書を、イェンはこっそり読み解いていたのだ。激しい嫉妬にかられるジェイド・フォックス。だが、「まだ教えることはある」と言い残し、長官の家から去っていった。

グリーン・デスティニーのあらすじ【転】

イェンが結婚を間近に控えたある夜。イェンの部屋に、かつての恋人ローが忍び込んだ。

ローはかつて盗賊団を率いていたが、ある日、西域に赴任していたユイ長官の行列を襲い、金品を強奪した。そのときイェンは1人で盗賊団を追い、盗賊たちを相手に大暴れする。しかし、そんなイェンにローは乱暴な真似もせず、優しかった。いつしかイェンとローはわかり合い、愛し合うようになる。だが貴族の娘がいつまでも盗賊と暮らしている訳にはいかず、2人には別れの日が来た。

月日は流れ、再びイェンの前に姿を現したロー。イェンに嫁入りをやめさせようとするが、イェンはローを冷たく突き放す。

イェンが嫁ぐ日。輿入れの行列にローが乱入し、イェンの嫁入りを妨害した。そして、長官の家臣たちに捕らえられそうになるところを、ムーバイとシューリンに助けられる。ムーバイはローをムーダンに逃がすが、その後、イェンが嫁ぎ先のゴウ家を出て、行方をくらましたという知らせが入った。

数日後、北京から屋敷に戻ったシューリンを、イェンが訪ねてきた。イェンはシューリンを姉と慕っていた。しかし、シューリンがイェンにグリーン・デスティニーを返すよう迫ると、イェンは屋敷の者たちを蹴散らして逃げようとした。

仕方なくシューリンは刀を取り、イェンと戦う。技ではシューリンのほうが上だが、グリーン・デスティニーの力で、シューリンの手にする武器はことごとく真っ二つにされてしまう。

そこに戻ってきたムーバイがイェンに戦いを挑んだ。イェンは軽功を使って屋敷を飛び出し、竹林に逃げ込む。2人は竹林で剣を交えるが、グリーン・デスティニーを持っていても、イェンはムーバイには敵わなかった。

ムーバイは、イェンから剣を奪い、滝壺に投げ捨てる。剣を追って滝に飛び込んだイェンは、剣を掴んだところで息が尽きて溺れる。そこへジェイド・フォックスが現れ、イェンを滝壺から引き上げて逃げていった。

グリーン・デスティニーのあらすじ【結】

ムーバイがジェイド・フォックスを隠れ家まで追って行くと、そこにはアヘンを吸わされて意識の混乱したイェンがいた。彼女を介抱するムーバイのところへ、シューリンとボーもやってきた。

突如、物陰から飛んできた無数の針が4人を襲う。さらにジェイド・フォックスが現れ、ムーバイに襲いかかった。ムーバイは、ジェイド・フォックスを剣で刺し殺して仇を討つ。しかし、毒針の1本がムーバイの首に刺さっていた。

針に塗られていたのは、心臓に作用して血液を逆流させる紫陰という猛毒だった。イェンは、その解毒法を知っている。シューリンは、イェンに急いで屋敷に行き、家の者に解毒法を教えて薬を調合するよう頼む。ムーバイに命を救われたイェンは、良心を取り戻し、シューリンの屋敷に走った。しかし、イェンが戻ったときには、ムーバイは息絶えていた。シューリンに「お前を愛していた」と言い残して・・・・・・。

それから数日後。ムーダンに連なる幾千もの階段を登るイェンの姿があった。険しい岩山の上に築かれた武術の聖地ムーダン。そこでイェンは、ローと再会した。2人が再び愛を確かめ合った翌朝、床にイェンの姿はなかった。

ローは、下界を見下ろす橋の上にたたずんでいるイェンを見つける。イェンはかつてローが話してくれた伝説を思い出していた。霊峰の山頂から飛び降りると、願いが叶うという伝説。そしてイェンは、ローに「祈って」と言い残し、橋の上から飛び降りた。

鳥のように空を舞うイェン。伝説によれば2人の願いは叶ったはずだが、イェンは果たしてどこへ行くのか。残されたローは、イェンの姿を、幸せとも哀しみとも似つかない表情で見つめていた。

この記事をシェアする