『羊たちの沈黙』あらすじとネタバレ映画批評・評価

羊たちの沈黙の概要:1991年のジョナサン・デミ監督、ジョディ・フォスター、アンソニー・ポプキンス主演のミステリー映画。原作はトマス・ハリス。殺人鬼ハンニバル・レクターと女性FBI訓練生が猟奇殺人事件の謎に挑む。

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙 あらすじ

映画『羊たちの沈黙』のあらすじを紹介します。

FBI訓練生のスターリング・クラリスは、拘留中の殺人鬼ハンニバル・レクターへのを面接を、上司クロフォードから言い渡される。
彼は凶悪殺人犯でありながら、頭のキレる精神科医でもあった。

レクターに面会したクラリスは、被害者の皮膚を持ち帰る殺人鬼バッファロー・ビルについての手がかりを教えられる。
そして見つけた「モフェット」というレクターの偽名で契約されていた貸し倉庫の中で、女装させられた男性の遺体が発見される。
その被害者がレクターの元患者であったこと、そしてその犯人でもあるバッファロー・ビル事件解決への協力を申し入れられるクラリス。

バッファロー・ビル事件の新しい犠牲者が発見され、クラリスも同行すると、死体の口の中からスズメガの一種の繭が見つかる。
そんな中、議員の娘キャサリンがバッファロー・ビルに誘拐され、レクターへの捜査協力が許可される。

収容されていた拘留所の医師チルトンの策略で、レクターは大きな医療収容所に移り、クラリスは担当を外される。
しかし最後の面会をした際、バッファロー・ビルに関しての大きなヒントを教えられた。
その後レクターは脱獄し、行方をくらませる。

レクターからのヒントを頼りにクラリスはバッファロー・ビルの手がかりを追う。
犯人の自宅を見つけ監禁中のキャサリンを救出、犯人を逮捕したクラリスは、その後無事に正式なFBI捜査官となる。

羊たちの沈黙 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1990年
  • 上映時間:118分
  • ジャンル:ミステリー、サスペンス
  • 監督:ジョナサン・デミ
  • キャスト:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン、テッド・レヴィン etc

羊たちの沈黙 批評 ※ネタバレ

映画『羊たちの沈黙』について、2つ批評します。※ネタバレあり

羊が出てこない羊たちの沈黙という映画

人の口に骸骨の模様のある蛾が止まっているパッケージなどでもおなじみの、この作品。
バッファロー・ビル事件の被害者の口に詰め込まれていた蛾の繭をイメージしたものなのだが、タイトル「羊たちの沈黙」には結びつかない。

両親を失ったクラリスが預けられた牧場で、殺されてしまった子羊の鳴き声が彼女のトラウマとなり、レクターに話したことからその題名になっていているのだ。
しかも原作が推理小説なので、凝っているのは仕方のない事だが、どうして羊たちの沈黙という題名なのかと思われがち。
クラリスが過去を回想するシーンは現実のシーンに重なっていて幻想的だが、肝心の羊はやはり出てこない。
ラストシーンでクラリスが受けたレクターからの電話で、羊の鳴き声は聞こえなくなったか、と問われるシーンがあり、そこを含めて羊という台詞が出てくるのは2回なので、タイトルがややこしいとツッコミを入れたくなる。

また、個人的な話は上司から止められているにもかかわらず、ペラペラと話してしまうクラリスには、少し不安になる。

グロテスクな描写が少なくミステリーが強めの見やすい映画

ハンニバル・レクターのシリーズは、猟奇的でグロテスクな表現が多い。
だが、この作品では極力映さないようにしていたり、白黒写真でごまかしている場面が多い。
グロテスクな描写が苦手でも、比較的見やすいだろう。
だが、映像が無くても台詞では猟奇的な発言は多い。

レクターが脱獄するシーンだけは特種メイクにとても凝ったようで、紳士的に振舞っていた彼が「食人」をするシーンは気持ちが悪い。
紳士なハンニバル・レクター博士と、殺人鬼ハンニバル・レクターを表現するのには、十分過ぎる演技力と演出だ。
しかしそれが一種の面白さでもあり、ミステリー好きにはたまらない映画だろう。

まとめ

トマス・ハリスのハンニバル・レクターシリーズで、リメイク作品を除いて4作品ある映画の中で時系列では3番目にあたる作品。
また、アンソニー・ポプキンスが演じたハンニバル・レクターの最初の作品でもある。
当時のアカデミー賞をいくつも獲得したことでも知られる名作で、何度見ても引き込まれる面白さ。
猟奇的な事件という題材があり、近年では残酷描写に頼ってしまうであろうストーリーだが、グロテスクな描写を抑えたことでミステリーに集中できる。
また、意味ありげなラストシーンが後を引くので、続編も見たいという気にさせる。

映画は見たことが無くても、タイトルやポスターだけなら耳にしたり目にした事はあるのではないだろうか。
羊たちの沈黙のポスターを推理ドラマなどで目にする事もあり、知名度の大きさは底知れない。

Amazon 映画『羊たちの沈黙』の商品を見てみる

関連作品