映画『羊たちの沈黙』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『羊たちの沈黙』のネタバレあらすじ結末

羊たちの沈黙の概要:アンソニー・ホプキンスが「怪演」と呼ばれる所以とも呼ぶべき名作。アカデミー賞で5部門を受賞した史上三作目の作品で、現在でもミステリー作品の中でトップに君臨し根強い人気を誇る。

羊たちの沈黙の作品概要

羊たちの沈黙

公開日:1990年
上映時間:118分
ジャンル:サスペンス、ホラー
監督:ジョナサン・デミ
キャスト:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン、テッド・レヴィン etc

羊たちの沈黙の登場人物(キャスト)

クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)
優秀な成績を収め、上層部からの信頼も厚いFBIアカデミーの生徒。レクター博士との交渉を任される。
ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)
現在では精神病院に収監されている天才精神科医。かつて9人の患者を実際に食べたという犯罪者。
バッファロー・ビル(テッド・レヴィン)
若い女性ばかりを狙い連続殺人を繰り返す殺人犯。この事件の解決の為に、クラリスはハンニバルのもとへ赴くこととなる。

羊たちの沈黙のネタバレあらすじ

映画『羊たちの沈黙』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

羊たちの沈黙のあらすじ【起】

世間では、とある凶悪な連続殺人事件の話で持ちきりでした。その一連の犯行の犯人はバッファロー・ビルと呼ばれ、若い女性のみを狙いその皮を剥ぎ、最終的に川に流すという酷く残虐的な犯行を繰り返しています。警察は総力を挙げ犯人追跡につとめますが、一向に犯人の目星がつかず捜査は難航していました。

悩んだ末に警察は、とある人物に捜査協力を求めに向かいます。その人物は州立精神病院に収監されていました。上司であるジャックに命じられその病院に向かう事となったのは、未だ訓練生でありながらも優秀な成績で信頼の高い、クラリスというFBI候補生です。クラリスはその病院で、全身と口を拘束された老人に出会います。その男こそが警察が助力を求めた人物、天才精神科医のハンニバル・レクター博士でした。

レクター博士はかつて自身の患者を9人も殺害しそして食べた、という事でこの独房に隔離されていました。クラリスに興味を持ったレクター博士は、クラリスが自分の過去を一つ明らかにする度に、事件に対して一つ助言を与えるという約束を交わします。

羊たちの沈黙のあらすじ【承】

レクター博士がまず求めたクラリスの過去は、クラリスのトラウマについてでした。クラリスは自身の出来事をレクター博士に話します。満足な様子を見せた博士は、バッファロー・ビルの心理を読み解り始めました。そして博士は、「バッファロー・ビルはかつての自分の患者を思わせる」と意味深なコメントを残すのでした。よく意味を汲み取れないクラリスでしたが、一つの質問に対しては一つの助言、とレクター博士はそれ以上口を開きません。

一方その頃、バッファロー・ビルが新たな人質をとっていました。そしてその誘拐された若い女性は上院議員の娘でした。警察は、早急に事件を解決し何としてでも娘を助けるように、と圧力をかけてきます。レクター博士との交渉は、クラリスに専任されました。

クラリスは何度も繰り返し病院へ向かい、レクター博士の助言を仰ぎます。一方、そんなクラリスの姿を見た病院の院長らチルトン博士がレクター博士の存在価値に気がつきます。彼はレクター博士をどうにか利用して、出世の足掛かりとしようと考えるのでした。

羊たちの沈黙のあらすじ【転】

チルトン博士は上院議員とのコネクションを作る為に、レクター博士に「上院議員に会い事件に関する情報を言えば、病院での待遇を良くする」と取引を持ちかけました。承諾したレクター博士は、上院議員と会う為に移送されることになりました。しかしその移送の際に生まれた一寸の隙を見逃さず、レクター博士は病院の職員たちを襲います。そして職員たちを殺し、殺した職員の皮を被ったレクター博士は、その場から脱獄することに成功するのでした。

一方クラリスも、今迄レクター博士から受けてきた助言、そして自身で調査した内容を整理した結果、1人の人物に容疑を向けていました。上司であるジャックに報告をしたクラリスでしたが、ジャックも犯人と思しい人物を突き止めたと言います。2人は同時に犯人の家に突入する事としましたが、ジャックが突入した言家は空き家で、犯人の家ではありませんでした。犯人を突き止めたのはクラリスの方だったのです。結果クラリスは、バッファロー・ビルの家に単身で乗り込む結果となりました。

羊たちの沈黙のあらすじ【結】

クラリスは慎重に家の中を進んでいきますが、屋内にいたバッファロー・ビルはその気配に気がついていました。彼は一度家の奥に逃げると、クラリスを迎え撃つ為に赤外線スコープを手に取ります。一方クラリスは、家にある古井戸の地下に監禁されたキャサリンを発見します。犯人逮捕の後必ず助ける、とキャサリンに約束したクラリスはそのままバッファロー・ビルを求め暗闇の中を進みます。

そして、バッファロー・ビルの潜伏している部屋に辿り着きました。真っ暗闇の中、クラリスからはバッファロー・ビルの姿が見えていません。赤外線スコープを装着しクラリスの姿がはっきり見えているバッファロー・ビルは、彼女を殺すべく銃を装填しました。しかし、その小さな音に気がついたクラリスは、その音の方を向けて連続して発砲し、バッファロー・ビルを倒したのでした。

そして時は流れ、クラリスのFBIアカデミーの卒業式の日がやってきました。優秀な成績と実績でアカデミーを卒業したクラリスのもとに、一本の電話が入ります。それは脱獄し行方不明となっていたレクター博士からのもので、クラリスの卒業を祝福すると同時に、チルトン博士を殺害する、という犯罪予告の電話でした。

Amazon 映画『羊たちの沈黙』の商品を見てみる

羊たちの沈黙 批評 ※ネタバレ

映画『羊たちの沈黙』について、2つ批評します。※ネタバレあり

羊が出てこない羊たちの沈黙という映画

人の口に骸骨の模様のある蛾が止まっているパッケージなどでもおなじみの、この作品。
バッファロー・ビル事件の被害者の口に詰め込まれていた蛾の繭をイメージしたものなのだが、タイトル「羊たちの沈黙」には結びつかない。

両親を失ったクラリスが預けられた牧場で、殺されてしまった子羊の鳴き声が彼女のトラウマとなり、レクターに話したことからその題名になっていているのだ。
しかも原作が推理小説なので、凝っているのは仕方のない事だが、どうして羊たちの沈黙という題名なのかと思われがち。
クラリスが過去を回想するシーンは現実のシーンに重なっていて幻想的だが、肝心の羊はやはり出てこない。
ラストシーンでクラリスが受けたレクターからの電話で、羊の鳴き声は聞こえなくなったか、と問われるシーンがあり、そこを含めて羊という台詞が出てくるのは2回なので、タイトルがややこしいとツッコミを入れたくなる。

また、個人的な話は上司から止められているにもかかわらず、ペラペラと話してしまうクラリスには、少し不安になる。

グロテスクな描写が少なくミステリーが強めの見やすい映画

ハンニバル・レクターのシリーズは、猟奇的でグロテスクな表現が多い。
だが、この作品では極力映さないようにしていたり、白黒写真でごまかしている場面が多い。
グロテスクな描写が苦手でも、比較的見やすいだろう。
だが、映像が無くても台詞では猟奇的な発言は多い。

レクターが脱獄するシーンだけは特種メイクにとても凝ったようで、紳士的に振舞っていた彼が「食人」をするシーンは気持ちが悪い。
紳士なハンニバル・レクター博士と、殺人鬼ハンニバル・レクターを表現するのには、十分過ぎる演技力と演出だ。
しかしそれが一種の面白さでもあり、ミステリー好きにはたまらない映画だろう。

まとめ

トマス・ハリスのハンニバル・レクターシリーズで、リメイク作品を除いて4作品ある映画の中で時系列では3番目にあたる作品。
また、アンソニー・ポプキンスが演じたハンニバル・レクターの最初の作品でもある。
当時のアカデミー賞をいくつも獲得したことでも知られる名作で、何度見ても引き込まれる面白さ。
猟奇的な事件という題材があり、近年では残酷描写に頼ってしまうであろうストーリーだが、グロテスクな描写を抑えたことでミステリーに集中できる。
また、意味ありげなラストシーンが後を引くので、続編も見たいという気にさせる。

映画は見たことが無くても、タイトルやポスターだけなら耳にしたり目にした事はあるのではないだろうか。
羊たちの沈黙のポスターを推理ドラマなどで目にする事もあり、知名度の大きさは底知れない。

Amazon 映画『羊たちの沈黙』の商品を見てみる

関連作品