映画『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のネタバレあらすじ結末

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!の概要:コメディ映画の常連、サイモン・ペグが次に演じるのはエリート警察官。その有能ぶりの為周囲に疎まれた彼が左遷されたのは、イギリス一犯罪が起こらない田舎町だった!?ショーン・オブ・ザ・デッドの陣営が送るドタバタコメディ映画。

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!の作品概要

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!

公開日:2007年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、コメディ、サスペンス
監督:エドガー・ライト
キャスト:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジム・ブロードベント、パディ・コンシダイン etc

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!の登場人物(キャスト)

ニコラス・エンジェル(サイモン・ペグ)
完全無欠の警察官。その有能さから同僚と上司のやっかみをかい、イギリス一平和と称されるサンフォードという田舎町に左遷される。
ダニー・バターマン(ニック・フロスト)
サンフォード警察署でニコラスの相棒となる男。大らかで思慮が足りない点があるが、基本的に素直で憎めない性格。
フランク・バターマン(ジム・ブロードベント)
ダニーの父親で、サンフォード警察署の警察署長。サンフォードの持つ「ロンドン一平和な街」という肩書きに強くこだわっている。

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のネタバレあらすじ

映画『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のあらすじ【起】

ニコラスは、俗にいう唯一無二の完璧な男でした。頭脳明晰で、大学を首席で卒業、警察学校でもトップの成績を収めており、頭の回転も他とは比べ物にならないほどの速さです。そして、スポーツもどの種目でも1位を取れるほどの天性の才能がありました。生まれも育ちもロンドンである彼は、今まで暮らしてきた自分の街を守りたい、と警察学校を卒業した後ロンドン首都警察に勤務し始めます。

少し堅物すぎるところがたまに傷とも言えたかもしれませんが、勤務開始まもなくして検挙率圧倒的トップを誇る超エリート警察官として華々しく活躍し始めます。表彰された数は数え切れないほどで、ニコラスの存在のおかげでロンドンの犯罪率は大幅に減少しました。

しかし、全てがうまくいく筈の彼の警察人生において、大きな問題が生じてきました。出る杭は打たれるという言葉通り、あまりに自分達とかけ離れた存在であるニコラスを、周囲の人間が疎ましく思うようになってきたのです。

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のあらすじ【承】

その疎みはニコラスに手柄を取られている同僚や上司からだけでなく、なんと恋人からも向けられました。ニコラスの彼女は真面目すぎる彼に次第に愛想を尽かし、「仕事のことしか頭にない、バカ真面目な仕事人間」と称します。そしてニコラスは成績優秀にも関わらず、上司から目をつけられた為に左遷させられてしまいます。

ニコラスが左遷された先は、サンフォードという田舎町でした。サンフォードはイギリス一犯罪率が低く、犯罪とは全く無縁という街でした。サンフォードにいる警察も、毎日ぼーっとしているだけで、ほぼ警察としての役割を果たしていません。しかしニコラスの目には街中でアルコールを飲んでいる未成年の姿が多く映りました。

彼らを逮捕し犯罪という形で残してしまう事で街の犯罪率を上げ、イギリス一平和な街という肩書きを失う事を避けていたのでした。それに構わず、真面目なニコラスは若者たちを次々と逮捕します。そしてまたしてもニコラスは、同僚の警官達や街の住民に疎まれるようになってしまいます。

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のあらすじ【転】

ニコラスは、警察署長の息子であるダニーとコンビを組む事になります。ダニーは他の警官と同じく能天気な性格をしていましたが、しかしニコラスの事を馬鹿にすることはなく、かっこいいと讃える素直な性格をしていました。

その頃、村で死体が発見されます。状況からして明らかに殺人事件であると判断したニコラスは、ダニーを連れてロンドンで培った捜査技術で捜査を進めていきます。しかし、その途中次々と生じる新しい事件や怪奇現象に、サンフォードはただの平和な田舎村ではない、とニコラスは疑いを持ち始めます。

しかし、自分が見つけた疑問やおかしい点をいくら指摘したとしても、何故かダニーを覗く他の警官達は一切取り合ってくれません。その態度は警察のみに限らず、これだけ街内で事件が起きているにも関わらず、住人達もひたすら能天気な姿勢を貫いています。彼らのその態度の意味がわからず、何でも事件にしたがる癖があるのではないか、と周囲の指摘もあり、おかしいのは自分ではないのか、とニコラスは徐々にノイローゼになっていきます。

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!のあらすじ【結】

ノイローゼ状態になりながらも、何とかニコラスは捜査を続けます。そしてとうとう、街を救うカルト組織の存在を突き止めるのです。そしてなんと、そのカルト組織の長を務めていたのが、ニコラスの上司でありダニーの父親である、警察署長だったのです。

単独でカルト組織に乗り込むニコラスでしたが、多勢に無勢、危うく殺されそうになります。そこでニコラスの危機を救ったのがダニーでした。ダニーは自分の父親が黒幕である事を知っていましたが、その素直な性格故、父親の言う「この街の評判を守る為だ」という言葉を信じていたのでした。ダニーの力を借りてなんとか外へ逃げ出すニコラスでしたが、彼の正義心がこのままではいけない、と彼を突き動かします。

街に戻ったニコラスは他の警察に事情を説明、ダニーも仲間に加わり改めてカルト組織との全面戦争が始まります。仲間の力も借り無事に勝利を収めたニコラスの元へ、ロンドンにいた際の上司がやってきます。ニコラスが去った事でロンドン内の犯罪率が急激に上がった為、彼に戻ってきて欲しいというのです。しかしニコラスはこれを断り、サンフォードに残る決意をするのでした。

Amazon 映画『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』の商品を見てみる