映画『インセプション』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「インセプション」のネタバレあらすじ結末

インセプションの概要:人の夢の中に入り秘密を暴く産業スパイのコブはもっと深く潜り、意識を植え付ける「インセプション」に挑む。夢に潜りすぎて最愛の妻モルを失った彼の心は救われるのか。斬新なストーリーと映像美の次世代アクションエンターテイメント。

インセプションの作品概要

インセプション

公開日:2010年
上映時間:148分
ジャンル:SF、アクション
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール etc

インセプションの登場人物(キャスト)

コブ(レオナルド・ディカプリオ)
夢の中に潜り込む有能な産業スパイ。過去にインセプションに失敗し、妻のモルを自殺に追い込んでしまった。彼の中にはいつもモルがいて邪魔をする。最愛の人を死に追いやってしまったことを悩んでいた。
アーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)
コブのパートナー。有能だが、今回の作戦で大きな失敗をしてしまう。それによって強制的にインセプションを行う事になり、意識へ深く潜って行く。
サイトー(渡辺謙)
今回の依頼人。エネルギー産業の社長で自分の財力を存分に使い、作戦を支える。
モル(マリオン・コティヤール)
コブの元妻。虚無に落ちた事によって、現実と夢の境目がわからなくなり死を選ぶ。コブの潜在意識に度々現われ、邪魔をする。
アリアドネ(エレン・ペイジ)
勇敢な女性。大胆な発想で夢の世界を作る。コブの背中を押して、モルの苦しみから開放させようとする。

インセプションのネタバレあらすじ

映画『インセプション』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

インセプションのあらすじ【起】

心の中で秘密を探り出す事を「エクストラクト」と言う。コブ(レオナルド・ディカプリオ)とアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はサイトー(渡辺謙)を説得しているが、建物が揺れ始めた。サイトーは去り、元妻のモル(マリオン・コティヤール)が現われた。誘惑を振り切り、コブは先に進む。アーサーを人質にとったサイトーとモルが現われた。

ここはアーサーの夢の中だった。どうにかこの窮地を切り抜けるためにアーサーを目覚めさせる。夢が崩れると同時に世界が崩れて行く。作戦は失敗だ。コブを起こす為にバスタブに放り込む。現実でサイトーを確保する。サイトーは笑った。ここは夢の中だろう?

夢を二重に仕掛けたコブが目覚めると、新幹線の中だった。夢がばれていて、作戦失敗。サイトーが目覚める前に姿を消した。

「インセプション」をしろ。先回りしていたサイトーがコブに言った。報酬は子供の待つ我が家に帰れること。意識に深く潜り込んで意識を植え付ける。不可能に近いがコブはそれができると言った。危険を伴うが、このチャンスを手にしたいコブ。

インセプションのあらすじ【承】

街が粉々に砕けて行く、その破片に当たってアリアドネは目覚めた。コブと夢のトレーニングをする。アリアドネは街を折り畳む。天井に車が走り、壁を歩く。アリアドネは優秀だが、やんちゃが過ぎた。モルが現われアリアドネを刺した。

潜在意識に大きな問題を抱えるコブにアリアドネは部屋を飛び出す。アーサーが「トーテム」について教えた。これが夢か現実かのジャッジになるはずだ。

サイトーはエネルギー事業の半分以上を支配しようとしているフィッシャーの野望を阻止したい。コブは仲間と作戦を開始した。サイトーは作戦の為に航空会社ごと買い取った。

モルの夢を見る。モルはコブの元奥さんで彼女は死んだ。夢に毎回出てくる彼女はコブを苦しめる。彼女はなぜ死んだのだろうか。

モルの夢にアリアドネが潜り込んだ。コブとモルを影から伺っていると、モルがこっちを睨んだ。コブは毎晩モルと夢の中で一緒にいた。死んだ妻を夢の中で生かすコブにアリアドネは逃げ出してしまう。ここにいてはいけない。とあるホテルの一室に迷い込んだ。ここはモルと結婚記念日を過ごした部屋だった。ガラスが割れ、花が散乱している。コブはかなり危険な状態にいる。

インセプションのあらすじ【転】

フィッシャーの作戦を開始する。飛行機の中、フィッシャーと仲間が夢の中に侵入した。フィッシャーを夢の中で確保したが、大きな列車が街を走っていて、追突した。車も銃撃される。予定外の事態に混乱し、サイトーが撃たれてしまった。鎮静剤を打っているせいでサイトーを目覚めさせたら虚無に落ちてしまう。全員助かるには「インセプション」を完成する以外道はない。

コブはモルと虚無に落ちてしまったことがある。その機関は50年。夢から浮上したモルは夢と現実の境目がわからなくなってしまっていた。夢の中なら何でも自分の思い通りになる。現実の世界はつらすぎる。

結婚記念日の夜。モルは一緒に死のうと言った。モルはもうまともではなくなっていた。目を閉じて窓から飛び降りてしまうモル。そこからコブは少しも前に進めない。

更に下の層にもぐる。1層では車に乗っている。雨の中銃撃を受けている。2層でコブが夢の中だとばらした。その途端2層の重力が歪み始めた。コブはフィッシャーの信頼を得始める。フィッシャーを眠らせ、更に下の層に落ちる。1層で車が横転した、その影響で2層の世界も横転し始める。

3層では雪の世界が広がっていた。目覚めの合図の音楽が流れ始めた。残り時間が少ない。雪山で雪崩が起こる。1層で車が橋から落っこちてしまった。

モルが現われてフィッシャーを射殺した。フィッシャーが虚無に落ちてしまい、作戦は失敗する。しかしアリアドネは諦めなかった。

インセプションのあらすじ【結】

4層目にコブとアリアドネが侵入し、海の中目覚める。ここにはモルがいるはずだ。過去と向き合う時がやってきたのだ。ここはモルと虚無に落ちたときに一緒に作った世界。記憶を再現した2人だけの世界を進む。

モルが現われた。モルは言葉攻めでコブを混乱させる。罪悪感がコブをずっと苦しめていた。モルが現実に疑問を持ったのは自分のせいだ。過去にインセプションを行った相手はモルだった。モルに目を覚ましてほしいコブは、夢の中で死ねば戻って来れると意識を植え付けた。目覚めても現実と夢の区別がつかないモルは、夢から目覚める為にビルから飛び降りた。

ずっとここにいてほしい。君じゃだめだとコブはモルを頭の中から追い出す。
全員が目覚める。雪山は爆発し、車が着水した。

サイトーを助ける為に、夢に残ったコブは腕の中でモルを看取った。夢に中ですっかり年老いたサイトーに思い出せと訴える。一緒に戻ろうと。

飛行機の中で目覚めるコブ。それを仲間達が微笑んで迎えた。任務は成功し、コブはモルの呪縛からも解き放たれていた。空港で待っていた老人は見覚えがある。子供達がいる。やっとコブは我が家に帰る事ができた。

インセプションの解説・レビュー

ストーリーが理解できなかった人はもう一度見てみよう!

夢のまた夢。この物語のメインとなるシーン、ロバートを夢に引きずり込む計画だが、1回見た限りではどういうことなのかいまいち理解に苦しむところである。
理解するためのキーワードは「階層」と「キック」である。
階層は最初の夢、トラックが突然出てきたところであり、これが第1階層。
第2階層はホテル。第3階層は雪山。そして最後の第4階層がサイトーが落ちた虚無である。
各階層を抜けるためには「キック」と呼ばれる刺激のようなもの(死ぬこと)が必要であるが、今回のプロジェクトを始める前にとても強い睡眠薬を投入したために、サイトーは虚無へおちてしまったのである。
各階層に残っていく登場人物、またより深い階層へと進んでいく登場人物を整理すればこのストーリーを理解できるはずです!

靴の色がちがう!?

この作品のオチは、ドムが家族と再会するシーンである。子供たちの顔を見る前にコマを回すドムであるが、コマが周り続けるのか止まるのかは分からないままエンドロールを迎える。
コマが周り続けていたとしたら、この最後のシーンも夢だということだ。
見ている側としては「どっちなの!?」と気になる結末なのだが、ラストをよく見ていただきたい。
子供たちの後ろ姿のシーンは中盤でも数多く見られるのであるが、実は履いている靴の色が中盤とラストのシーンで違っているのだ!
ドムの夢に出てくる子供たちは記憶から導き出したものなので、靴の色がちがうはずはありません!ということは、つまり、このラストシーンは現実なのです。

インセプションの感想まとめ

本作品について多くの観点から批評が行われている。とくにラストシーンへの疑問は多く、監督のクリスタファー・ノーランはその真相を明かしてはいないのである。しかし、ネタバレで話したように、よく見ればこの物語を理解するヒントが至るところに隠されているのだ。

本作品は、モルの死といい、サイトーの敵会社撲滅作戦といい、主人公コブの特殊能力”インセプション”を使ったために引き起こる数々の問題であるが、はたして私たちは日常生活の中で、こんなにも夢の影響を受けているのだろうか。医学・科学的には夢は記憶を整理するために見ると言われている。しかし、誰しも実際に経験していないことを夢に見た事があるだろう。もしかしたら、その夢はだれかに企てられたものかもしれませんよ。

Amazon 映画『インセプション』の商品を見てみる