「インセプション」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

インセプションの概要:人の夢の中に入り秘密を暴く産業スパイのコブはもっと深く潜り、意識を植え付ける「インセプション」に挑む。夢に潜りすぎて最愛の妻モルを失った彼の心は救われるのか。斬新なストーリーと映像美の次世代アクションエンターテイメント。

インセプションの作品情報

インセプション

製作年:2010年
上映時間:148分
ジャンル:SF、アクション
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール etc

インセプションの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『インセプション』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

インセプションの登場人物(キャスト)

コブ(レオナルド・ディカプリオ)
夢の中に潜り込む有能な産業スパイ。過去にインセプションに失敗し、妻のモルを自殺に追い込んでしまった。彼の中にはいつもモルがいて邪魔をする。最愛の人を死に追いやってしまったことを悩んでいた。
アーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)
コブのパートナー。有能だが、今回の作戦で大きな失敗をしてしまう。それによって強制的にインセプションを行う事になり、意識へ深く潜って行く。
サイトー(渡辺謙)
今回の依頼人。エネルギー産業の社長で自分の財力を存分に使い、作戦を支える。
モル(マリオン・コティヤール)
コブの元妻。虚無に落ちた事によって、現実と夢の境目がわからなくなり死を選ぶ。コブの潜在意識に度々現われ、邪魔をする。
アリアドネ(エレン・ペイジ)
勇敢な女性。大胆な発想で夢の世界を作る。コブの背中を押して、モルの苦しみから開放させようとする。

インセプションのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『インセプション』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

インセプションのあらすじ【起】

心の中で秘密を探り出す事を「エクストラクト」と言う。コブ(レオナルド・ディカプリオ)とアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はサイトー(渡辺謙)を説得しているが、建物が揺れ始めた。サイトーは去り、元妻のモル(マリオン・コティヤール)が現われた。誘惑を振り切り、コブは先に進む。アーサーを人質にとったサイトーとモルが現われた。

ここはアーサーの夢の中だった。どうにかこの窮地を切り抜けるためにアーサーを目覚めさせる。夢が崩れると同時に世界が崩れて行く。作戦は失敗だ。コブを起こす為にバスタブに放り込む。現実でサイトーを確保する。サイトーは笑った。ここは夢の中だろう?

夢を二重に仕掛けたコブが目覚めると、新幹線の中だった。夢がばれていて、作戦失敗。サイトーが目覚める前に姿を消した。

「インセプション」をしろ。先回りしていたサイトーがコブに言った。報酬は子供の待つ我が家に帰れること。意識に深く潜り込んで意識を植え付ける。不可能に近いがコブはそれができると言った。危険を伴うが、このチャンスを手にしたいコブ。

インセプションのあらすじ【承】

街が粉々に砕けて行く、その破片に当たってアリアドネは目覚めた。コブと夢のトレーニングをする。アリアドネは街を折り畳む。天井に車が走り、壁を歩く。アリアドネは優秀だが、やんちゃが過ぎた。モルが現われアリアドネを刺した。

潜在意識に大きな問題を抱えるコブにアリアドネは部屋を飛び出す。アーサーが「トーテム」について教えた。これが夢か現実かのジャッジになるはずだ。

サイトーはエネルギー事業の半分以上を支配しようとしているフィッシャーの野望を阻止したい。コブは仲間と作戦を開始した。サイトーは作戦の為に航空会社ごと買い取った。

モルの夢を見る。モルはコブの元奥さんで彼女は死んだ。夢に毎回出てくる彼女はコブを苦しめる。彼女はなぜ死んだのだろうか。

モルの夢にアリアドネが潜り込んだ。コブとモルを影から伺っていると、モルがこっちを睨んだ。コブは毎晩モルと夢の中で一緒にいた。死んだ妻を夢の中で生かすコブにアリアドネは逃げ出してしまう。ここにいてはいけない。とあるホテルの一室に迷い込んだ。ここはモルと結婚記念日を過ごした部屋だった。ガラスが割れ、花が散乱している。コブはかなり危険な状態にいる。

インセプションのあらすじ【転】

フィッシャーの作戦を開始する。飛行機の中、フィッシャーと仲間が夢の中に侵入した。フィッシャーを夢の中で確保したが、大きな列車が街を走っていて、追突した。車も銃撃される。予定外の事態に混乱し、サイトーが撃たれてしまった。鎮静剤を打っているせいでサイトーを目覚めさせたら虚無に落ちてしまう。全員助かるには「インセプション」を完成する以外道はない。

コブはモルと虚無に落ちてしまったことがある。その機関は50年。夢から浮上したモルは夢と現実の境目がわからなくなってしまっていた。夢の中なら何でも自分の思い通りになる。現実の世界はつらすぎる。

結婚記念日の夜。モルは一緒に死のうと言った。モルはもうまともではなくなっていた。目を閉じて窓から飛び降りてしまうモル。そこからコブは少しも前に進めない。

更に下の層にもぐる。1層では車に乗っている。雨の中銃撃を受けている。2層でコブが夢の中だとばらした。その途端2層の重力が歪み始めた。コブはフィッシャーの信頼を得始める。フィッシャーを眠らせ、更に下の層に落ちる。1層で車が横転した、その影響で2層の世界も横転し始める。

3層では雪の世界が広がっていた。目覚めの合図の音楽が流れ始めた。残り時間が少ない。雪山で雪崩が起こる。1層で車が橋から落っこちてしまった。

モルが現われてフィッシャーを射殺した。フィッシャーが虚無に落ちてしまい、作戦は失敗する。しかしアリアドネは諦めなかった。

インセプションの結末・ラスト(ネタバレ)

4層目にコブとアリアドネが侵入し、海の中目覚める。ここにはモルがいるはずだ。過去と向き合う時がやってきたのだ。ここはモルと虚無に落ちたときに一緒に作った世界。記憶を再現した2人だけの世界を進む。

モルが現われた。モルは言葉攻めでコブを混乱させる。罪悪感がコブをずっと苦しめていた。モルが現実に疑問を持ったのは自分のせいだ。過去にインセプションを行った相手はモルだった。モルに目を覚ましてほしいコブは、夢の中で死ねば戻って来れると意識を植え付けた。目覚めても現実と夢の区別がつかないモルは、夢から目覚める為にビルから飛び降りた。

ずっとここにいてほしい。君じゃだめだとコブはモルを頭の中から追い出す。
全員が目覚める。雪山は爆発し、車が着水した。

サイトーを助ける為に、夢に残ったコブは腕の中でモルを看取った。夢に中ですっかり年老いたサイトーに思い出せと訴える。一緒に戻ろうと。

飛行機の中で目覚めるコブ。それを仲間達が微笑んで迎えた。任務は成功し、コブはモルの呪縛からも解き放たれていた。空港で待っていた老人は見覚えがある。子供達がいる。やっとコブは我が家に帰る事ができた。

インセプションの感想・評価・レビュー

設定が複雑でややこしい。
見てすぐに感想を書いていても細部の記憶が曖昧になってきます。
ただ、俳優がとても豪華で、最初はカメレオン俳優のトムハーディが、この作品に出ていることに気が付きませんでした。
夢の中を設計する、侵入する、アイデアを植え付けるというまさに「夢」のある映画。街がぐるぐると変わっていく様が面白かったです。
最終的に、これが現実なのか夢なのか、判断がつかないまま終わります。そこも良かったです。(女性 20代)


ヒットメーカー、クリストファー・ノーラン監督によるSF作品。他人の夢に入り込み記憶を操作する男たちの姿を描く。レオナルドディカプリオ主演。

潜り込んだ夢の中でさらに夢に潜り込むなどを繰り返し、次第に現実なのか夢なのか分からなくなってきてしまうややこしさがあり、観る人を選ぶ作品ではあるが、逆にその複雑さが斬新な世界観を作り出している。名優たちの演技も見事だが、夢の中と言うこともあり、常識離れした映像にも注目。(男性 20代)


現実の世界と夢の世界の区別が分からなかったため、かなり混乱したが、徐々に理解できた。見れば見るほどストーリーが面白くなり、展開が気になるため、ハラハラしながら見られた。レオナルド・ディカプリオと渡辺謙の共演が豪華であり、高い演技力にも魅了された。妻の死後、長い間夢の中に出てきていたが、アリアドネの協力で解放されたコブのほっと安心する気持ちや、少し寂しそうな表情も見所である。(女性 20代)


レオナルドディカプリオと渡辺謙が共演する事で話題となった本作品。一度見ただけでは、細かな部分に頭が回らないので、繰り返し見る事で面白さが増していく内容となっている。夢の世界に階層があり、とにかく見ている側も今目の前の世界が、現実を描いているのか、夢の中の出来事なのかを錯覚してしまう程、非常に入り組んだストーリー展開となっている。「夢から覚める」という単純な行為に、溜め息が出てしまうような作品である。(男性 30代)


非常に難解です。一度観ただけで全てを理解するのは至難の業でしょう。
舞台が夢の中という設定で、現実世界ではあり得ない展開も多く映像だけでも楽しめます。クリストファー・ノーランらしい「謎かけ」みたいな作品です。
キャストも豪華で話題になりましたが、個人的には音楽を手がけたハンス・ジマーが好きで、今作でも作品に合った重厚な曲の数々で楽しませてくれました。
是非、時間に余裕があるときにじっくり考えながら観ていただきたいです。
あの最後もどう解釈するか、と。(女性 20代)

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. ゆゆぽん より:

    正直に言うと設定がややこしくて、どういうことなんだろうと疑問に思う場面が多々あった。文章で改めて見ると、なるほどこういうことだったのかと理解を深めることができた。渡辺謙が世界で活躍していることはもちろん知っているが、レオナルド・ディカプリオと共演しているところを見ると、改めて凄い人だなと感じた。
    モルが亡くなった原因が、何とも言えない切なさを感じた。こんな状態なら、現実と夢の区別がつかなくなっても無理はないと思う。

  2. グリー より:

    夢の中を舞台に繰り広げられる新感覚ミステリーだ。夢の中に入り込み情報を搾取したり、意識を植え付けたたりする主人公のコブとその仲間たちが繰り広げる展開は、夢の中でスピーディーに進むため、しっかり集中しないと状況が把握できないほどだ。

    夢の中という設定は面白く綿密に作られているため、とても満足してみることが出来た。しかし、1回で理解することが難しかったので、2,3回観て内容を理解すれば更に楽しめるだろう。さすがの内容としか言いようがない。

  3. あさとあさ より:

    夢の中で行動を操り、他人の頭の中のアイデアを盗むという話。夢の中の夢の中の夢など二重、三重構造に現実か夢かわからなくなってしまった。区別がつかなくなると混乱するため、夢の世界は現実の世界の模写をしてはならず、そのためには設計士が必要である。コブもかつては設計士だったが、亡き妻モルが夢の中に出現してしまうようになり、モルは設計をやめてしまう。「設計士は夢を創る仕事」というセリフは、この世界感だけに過ぎない表現のようで個人的にとても好きだ。

    ペンローズの階段は、錯覚を利用した無限の階段で、映画の中でそれが出てきたのも感性を揺さぶられた。夢を操れる、夢のような世界観にわくわくさせられる映画だ。

  4. holy より:

    夢を介して深層心理へと潜り込み、意識を植え付けるという発想がまず素晴らしい。さすが、クリストファー・ノーラン監督である。非常にテンポがよく、主人公を含め登場するキャラクターそれぞれの思いや複雑な心理をもきちんと描いている。難解ではあるが、夢と現実の境を分からなくさせるという意味では目論見通りではないかと思う。
    監督は今作の構想に20年の歳月を費やしたらしく、『マトリックス』や『13F』など他作品からの影響も受けている。確かに『マトリックス』と少し似ていると感じていたが、影響を受けているのならば頷ける。非常に想像力豊かでアーティステックで、面白い作品だと思う。

  5. トウシュ より:

    夢の中ならなんでもあり。とはいえ、ここまでボリュームとスケール感のある映像を着想して実現できる映画監督はそうはいない。映像を楽しむだけでも十分に元をとれる映画ではあるが、この作品の真価はその世界を十二分に使ったサスペンスだろう。いつの間にかどこからが夢で現実かがあいまいになると同時に、現実であろうがなかろうがどちらでもいいのではないか。というラストに至るまでの構成が緻密で製作者の深い人間洞察をうかがわせる。一粒で二度おいしい傑作と呼べる作品だ。

  6. 瑞季 より:

    複雑な設定になっていて説明が長くなっているので、最初はストーリーに入り込めずにいたが、しっかりと説明を聞きながら進むと理解できるようになり、さらに納得させてくれる脚本になっていて、作品の緻密さに感動した。結末まで惑わされ続けたが、観た後は自分の考察や感想をこの作品を見た人に伝えたくなるような、そんな作品になっていた。

    夢の内容は映画を作ることが出来るほど濃いが、実際に経過した時間はたった10分という現実にもよくある感覚の設定がよりリアルに感じた。

  7. yuma より:

    とてつもなく壮大で複雑なSF映画である。夢の中に入り込んでミッションをこなすという、今までに観たことがない舞台設定であった。
    確かにこれは夢なのか、現実なのか、と混乱する場面も多々あったが、夢の世界から帰ってこれるのかという今までにない緊迫感が癖になる作品であり、何度も見直したくなる映画だった。
    ラストシーンでこれは夢か現実か、結論が出ない終わり方はインセプションらしい、この映画の世界観に合ったラストだと思う。