映画『女子ーズ』のネタバレあらすじ結末

女子ーズの概要:『女子ーズ』は、地球侵略を目論む宇宙怪人たちと戦う5人の女子戦隊を描いたコメディ映画。OLやショップ店員、財閥令嬢に貧乏娘、売れない劇団員と様々なメンバーが集まる。監督は福田雄一。

女子ーズの作品概要

女子ーズ

公開日:2014年
上映時間:97分
ジャンル:コメディ、アクション
監督:福田雄一
キャスト:桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純 etc

女子ーズの登場人物(キャスト)

赤木直子 / 女子・レッド(桐谷美玲)
建設会社の営業としてバリバリ働くOL。突然ヒーローにされたが、真面目で責任感が強いため引き受ける。「女子ーズ」のリーダー。
青田 美佳 / 女子・ブルー(藤井美菜)
アパレルショップ店員。ギャルで口が悪く、怪人が出ても「まつエクしたいから」という理由で来なかったりする。色がすみれとやや被っている。
黄川田 ゆり / 女子・イエロー(高畑充希)
複数のバイトを掛け持ちする貧乏なフリーター。ツッコミポジション。
緑山 かのこ / 女子・グリーン(有村架純)
アングラ劇団に所属している。普段のしゃべり方からして演技くさい。
紺野 すみれ / 女子・ネイビー(山本美月)
財閥令嬢。美女だが、男性の好みが残念。美佳と色がやや被っている。
チャールズ(佐藤二朗)
女子ーズの司令官。メンバーの選定は、「苗字に色が入っている中からランダムに選んだ」という適当な理由で行った。ヒーローの意識に欠ける5人に手を焼く。
成瀬輝彦(大東駿介)
直子の同期で、女子にモテる。仕事ばかりで恋愛しようという意識もなかった直子に「結婚を前提に付き合ってほしい」と言い、動揺させる。

女子ーズのネタバレあらすじ

映画『女子ーズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

女子ーズのあらすじ【起】

OLの直子、ショップ店員の美佳、フリーターのゆり、劇団員のかのこ、財閥令嬢のすみれ。接点など内容に思える5人は、日々地球侵略を目論む宇宙怪人と戦い、地球を守るヒーロー戦隊「女子ーズ」である。

その日も怪人の侵略を食い止めるために登場するが、ブルーの姿がない。電話すると、まつエクしているから来られないという。4人は仕方なくブルー抜きで戦うのだった。

5人がヒーローになった経緯は、少し前にさかのぼる。
突然謎の空間に呼び寄せられた5人は、チャーリーと名乗る司令官からヒーローに選ばれたことを告げられる。
それぞれ仕事もあり、そんなことをしている場合じゃないと文句タラタラの5人。

選ばれた理由を尋ねてみれば、チャーリーはしどろもどろになり、結局「苗字に色が入っている」という適当な理由であることをぶっちゃける。
呆れたメンバーは出て行こうとするが、人一倍真面目な直子は引き受ける。こうして直子がリーダーとなり、5人は怪人と戦う日々を送っている。

女子ーズのあらすじ【承】

だが、それぞれ生活もある5人は、怪人が出る度に呼び出されることに不満を抱いていた。直子には正社員としての仕事があるし、それはアルバイトである美佳やゆりも同じだ。かのこには練習もある。

そういうわけで、5人そろわないことも多い。しかし、5人そろわなければ必殺技「女子トルネード」が使えない。
今のところ雑魚怪人ばかりで、キンチョールひと吹きで倒せる怪人もいるほどなのでなんとかなっているが、チャーリーはあまりの体たらくに5人を呼び出して叱る。

しかし、逆にメンバーから苦情が出る。仕事中に呼び出されていては、生活にも支障が出るというのだ。とくにゆりは、お金に困っているので給料を要求した。

不満があるのは、真面目な直子も同じだった。現在大事な仕事を抱えているのだ。おまけに、同期の成瀬から「好きだ」と言われ、動揺する。

直子は夢だった美術館の仕事ができると張り切り、プレゼンの準備を進める。しかし、プレゼン当日になって呼出がきた。直子は悩むが、仕事を優先させて呼出を無視する。

女子ーズのあらすじ【転】

だが、それぞれ生活もある5人は、怪人が出る度に呼び出されることに不満を抱いていた。直子には正社員としての仕事があるし、それはアルバイトである美佳やゆりも同じだ。かのこには練習もある。

そういうわけで、5人そろわないことも多い。しかし、5人そろわなければ必殺技「女子トルネード」が使えない。
今のところ雑魚怪人ばかりで、キンチョールひと吹きで倒せる怪人もいるほどなのでなんとかなっているが、チャーリーはあまりの体たらくに5人を呼び出して叱る。

しかし、逆にメンバーから苦情が出る。仕事中に呼び出されていては、生活にも支障が出るというのだ。とくにゆりは、お金に困っているので給料を要求した。

不満があるのは、真面目な直子も同じだった。現在大事な仕事を抱えているのだ。おまけに、同期の成瀬から「好きだ」と言われ、動揺する。

直子は夢だった美術館の仕事ができると張り切り、プレゼンの準備を進める。しかし、プレゼン当日になって呼出がきた。直子は悩むが、仕事を優先させて呼出を無視する。

女子ーズのあらすじ【結】

自分がどの面さげて来てほしいと頼めるのか、と思う直子だったが、四の五の言ってられない。

まず1人目は、ゆりだった。ゆりは歩道橋の交通量調査に集中しており、呼出に気付かなかったらしい。ゆりは仕事だからといってカウントし続けるが、業を煮やした直子はすぐそばにいた高校生に代わりを頼み、ゆりを連れて行く。

次は美佳だ。なんと漫画喫茶で『20世紀少年』を読んでいた。漫画ならいつでも読めるという直子に対し、「ともだちの正体がもう少しでわかるから」と言って読み続ける。ゆりは来なければ今すぐともだちの正体をバラすと脅し、美佳を連れて行く。

次はかのこ。劇団のリハーサル中だから行けないと言う。しかし、かのこの役は「木B」だった。演出家に「どうしても必要な役か」と尋ねると、「いなくてもいい」と言われる。かのこは激怒するが、そのまま連れて行く。

最後はすみれだ。彼女は別れ話の真っ最中だった。相手の男は毛むくじゃらで腹が出ており、残念な見た目。「ロマンチックだ」と盛り上がるかのこ以外の3人はげんなりする。
すみれの別れ話に終止符が打たれ、5人そろったところで怪人の前に登場する。

必殺技を使って倒そうとするが、今度の相手はそれだけではだめだった。チャールズがよこしたロボに乗って怪人を倒す。

直子は、頑なすぎる自分の考え方を少し変えた。職場の雰囲気も少しずつ良くなっていく。
また呼出があり、あとを後輩に任せて直子は怪人の元へ。

しかし、また呼出に応じたのは直子だけだった。「女子ーズ」苦難の日々は続く。

Amazon 映画『女子ーズ』の商品を見てみる