映画『ジュラシック・ワールド(2015)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ジュラシック・ワールド(2015)」のネタバレあらすじ結末

ジュラシック・ワールド(2015)の概要:ジュラシック・パーク跡地に建てられた恐竜テーマパーク、ジュラシック・ワールド。そこでは、遺伝子操作を施して生まれた新種の恐竜たちが展示されていた。生命の創造という神の領域に踏み込んだ科学者は、人間が手を付けられないほどの凶悪な怪物を生み出してしまう。

ジュラシック・ワールドの作品概要

ジュラシック・ワールド

公開日:2015年
上映時間:125分
ジャンル:SF、アクション、アドベンチャー
監督:コリン・トレヴォロウ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス etc

ジュラシック・ワールドの登場人物(キャスト)

オーウェン・グレイディ(クリス・プラット)
元海兵。遺伝子操作をして生まれた新種の恐竜の調教のため、ジュラシック・ワールドの運営会社に雇われた。
クレア・ディアリング(ライス・ダラス・ハワード)
ジュラシック・ワールドの運営管理者。仕事に夢中で、自分を訪ねにきた甥っ子たちよりもパークの経営状況を気にかけてしまう。

ジュラシック・ワールドのネタバレあらすじ

映画『ジュラシック・ワールド(2015)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ジュラシック・ワールドのあらすじ【起】

ザックとグレイは親元を離れ、船に乗ってイヌラ・ヌブラル島に向った。恐竜の島と呼ばれるそこは生きた恐竜を観ることができる一大テーマパーク、ジュラシック・ワールド。二人はそこに勤める叔母のクレアに招待された特別客だった。

クレアは投資家を集め、研究所を案内していた。遺伝子技術によって恐竜を蘇らせただけでなく、自分たちは新種の配合を成功するに至った。新種を展示する度、来場者数は上昇し続けている。クレアの話に闘志かは興味津々だった。

恐竜のホログラムや採掘現場のジオラマが展示された島内の博物館。展示物に目を輝かせるグレイに対し、ザックはあまり気乗りしていなかった。そこで二人はクレアと会う。忙しいクレアは、ザラという部下に彼らの世話を任せ、後で一般の来場者は見られないコントロール・ルームに案内すると約束して仕事に戻った。

クレアはコントロール・ルームでジュラシック・ワールドの様子を確かめた。そこでは迷子や熱中症で倒れた人の数、恐竜の置かれた環境までを把握することができた。

ジュラシック・ワールドのあらすじ【承】

クレアはヘリの発着場でジュラシック・ワールドの社長、マスラニと合流した。マスラニはクレアにパークの運営は順調かと尋ねた。クレハは増収率を自慢しようとしたが、マスラニが重視していたのは、恐竜たちの幸福と来場客の満足度だった。クレアはコストの削減を提案するが、マスラニはコストよりも恐竜たちを通して抱く教えが大事であり、それこそがパークの設立理由なのだと彼女を制した。

ヘリに乗ったマスラニとクレアが辿り着いたのは、近々完成予定のとある施設だった。そこには高度な知能を有した大型の新種の肉食竜が飼育されていた。マスラニはその新種の研究員として元海軍のオーウェンという男を雇ったと話す。利口な恐竜が逃げ出すような事態を避けるためだった。クレアは部外者の参加を快く思っていなかった。

オーウェンは他の職員の前で四棟の小型肉食竜の調教をしていた。彼が華麗に恐竜を操るのを見たインジェンス社の職員は、恐竜をドローンや兵器の代わりに軍事戦力として売り出そうと持ちかけた。しかし、オーウェンは野生動物を外に出すことを警戒していた。

ジュラシック・ワールドのあらすじ【転】

小型の草食動物と触れ合える広場にいたザックとグレイは、隙を突いてザラの監視から逃げ出した。

クレアは湖畔で暮らしているオーウェンに会いに向かった。クレアは自分以上にマスラニの信頼を得ているオーウェンのことが気に入らなかったし、オーウェンは恐竜を紙面上の数字としか考えないクレアのことが気に入らなかった。

クレアはオーウェンにインドミナス・レックスと名付けられた恐竜を紹介しようとした。クレーンで餌を吊るし、密林の中から誘き出そうとしたが、姿を現わさない。オーウェンは、壁にレックスが脱走したと思しき痕跡を見つけた。オーウェンたちは職員と共に中の様子を確かめようとした。しかし、それは恐竜の罠だった。痕跡に誘き出されたオーウェンの前に姿を現わしたレックスは、職員の一人を丸呑みにした。別の職員が門を開け逃げ出そうとしたところにレックスも続き、施設を脱走した。逃げ出した職員もレックスに食われたのを見たオーウェンは、レックスは眼だけでなく鼻も利くと気付き、車の下に隠れ、車体下のパイプを切断しオイルを浴びて自分の匂いを消すことで難を逃れた。

コントロール・ルームではレックスの脱走に絶句していた。このままでは観光客が危ない。職員は捕獲作戦に乗り出した。

ジュラシック・ワールドのあらすじ【結】

レックスに埋め込まれていたGPSの信号を頼りに討伐に出かけた捜索隊。信号の発信源に辿り着くと、装置が埋め込まれた肉片が発見された。レックスは自分に埋め込まれたGPSのことを覚えているだけでなく、その機能まで理解していたのだ。木陰に潜んでいたレックスは捜索隊を殲滅した。その様子の中継をコントロール・ルームで見ていたオーウェンはクレアとマスラニに、島の閉鎖を進言した。クレアはオーウェンの忠告を聞き入れず退場を命じる。オーウェンは去り際にマスラニに恐竜の危険性を再度忠告し、コントロール・ルームを去った。クレアはレックスが発見された場所に近い、パークの北部の封鎖を命じた。しかし、彼女の指示は僅かに間に合わず、アトラクションに乗って一部の客が北部に出発してしまった。出発した客の中にはザックとグレイの姿もあった。

特殊なガラスにコーティングされた乗り物に乗って草食竜の群れの中を進んでいたザックとグレイは乗機から聞こえる帰還命令を無視して観光を楽しんでいた。戻ろうと言うグレイに対し、ザックは好奇心から立入禁止と書かれた柵を越えていく。コントロール・ルームにいたクレアはそれに気づき、職員に二人の救助を要請するが、人手が足りず、それどころではなかった。クレアはオーウェンに救助を頼み込む。

ザックとグレイは草食竜とレックスの戦いに巻き込まれ、乗機を壊されてしまった。レックスに追い掛け回された二人だが、途中で見つけた滝壺に飛び込み、レックスの追跡から逃れることに成功した。

クレアとオーウェンが封鎖されたパークの北部に着くと、レックスによって殺された草食竜の死体が沢山転がっているのを見つけた。レックスは獲物を食わず、殺しを楽しんでいた。更に二人が進んで行くと、破壊された乗り物とザックとグレイの足跡を見つけた。

レックス討伐のため、マスラニは自らヘリに乗り込み、密林を目指した。一方、ザックとグレイは密林の中でかつてそこがジュラシック・パークと呼ばれていた時代に建てられた拠点を見つけた。中に遺棄されていたジープを修復した二人はそれに乗ってパークに向った。

レックスはドーム状の施設、翼竜園を襲撃した。逃げ惑う翼竜たちはレックスがドームに開けた穴から一斉に逃げ出した。レックス討伐に向ったマスラニは翼竜の群れに巻き込まれ、墜落してしまう。

混乱した翼竜がパークの観光客を襲い始めた。パークは一瞬にして戦場と化す。クレアがザックたちと再会を果たす一方で、マスラニの死に乗じてインジェンス社がコントロール・ルームを占拠していた。インジェンス社はオーウェンが育てていた肉食竜を解き放ち、レックスと戦わせようとしていた。オーウェンは自分が育てた肉食竜への愛着から肉食竜の指揮を引き受けた。

四頭の肉食竜を引き連れ、夜の密林をバイクで疾走するオーウェン。その背後に武装したインジェンス社の職員が続く。肉食竜にレックスの肉の匂いを嗅がせ、標的を捜索させると思惑通り肉食竜はレックスを見つけた。しかし、肉食竜はレックスと会話し、オーウェンたちを裏切った。一斉射撃を行ったオーウェンたちはレックスに痛手を負わせることに成功するものの、一人、また一人と肉食竜の犠牲になっていった。肉食竜はオーウェンたちを追い詰めていく。睨み合うオーウェンと肉食竜。そこにレックスが戻ってきた。肉食竜はオーウェンとの絆を思い出すとレックスに立ち向かっていた。肉食竜と共闘するオーウェンだが、それでもレックスには歯が立たない。クレアは隙を見て、肉食獣の檻に向かい、Tレックスをレックスの元に誘き寄せた。Tレックスと肉食竜は力を合わせてレックスを倒すと、戦いで負った傷を癒やすためにそれぞれの住処に戻っていった。

Amazon 映画『ジュラシック・ワールド(2015)』の商品を見てみる

関連作品

前作 ジュラシックパーク3

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    1作目「ジュラシック・パーク」の世界は1993年、本作「ジュラシック・ワールド」の世界は2015年と、現実と重なる年数に驚かされる作品。
    22年前の「ジュラシック・パーク」のファンサービスをしながら、遺伝子操作によって最恐の恐竜を作り出すという斬新な展開に、かつての子供たちや今の子供たちは楽しめそう。
    しかし、大ヒット作のシリーズ化は1作目を超えるのが難しいという定説の通りに、最初のハラハラドキドキした強いイメージから抜けきれていない。

    スタッフ、キャストともに豪華で、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という話題性もあったためなのか、次回作の噂も流れている。

  2. 匿名 より:

    「ジュラシック・パーク」シリーズで一番の見どころといえば、やはり恐竜たちが大暴れするシーン。
    VFX技術も格段に上がり、DVDやブルーレイでは楽しめないが3D映画でもあり、恐竜のリアリティや迫力は満点。

    だが、恐竜たちがパーク内を暴れまわるまで30分以上の時間がかかっており、インドミナスレックスに関しての説明やラプトル調教の成功、どれだけ重要なプロジェクトかという解説だらけ。
    遺伝子組み換え恐竜の中にラプトルのDNAが入っていたから訪れる危機や、ラプトルと共に戦うシーンのためには必要不可欠な説明もあるが、長すぎて飽きてしまう。

    また、吹き替え版に俳優の玉木宏をオーウェン役、女優の木村佳乃をクレア役として抜擢しているが、プロの声優の吹き替えと俳優の行う吹き替えとの違いがにじみ出てしまって、違和感だらけになっている。

  3. 匿名 より:

    シリーズ1作目であり、大ヒットした有名な「ジュラシック・パーク」好きならわかる、小ネタの数々が登場する作品。

    「ジュラシック・パーク」に登場したキャラクターのB.D.ウォン演じるヘンリー・ウー博士が、遺伝子操作された恐竜インドミナスレックスの生みの親として登場。
    ラストに出てくるティラノサウルスは、1作目に登場してラプトルに傷をつけられたところと似た場所に、古傷が見える恐竜。
    パーク内でインドミナスレックスに追いかけられたザックとグレイが逃げ込んだのは、見覚えのある空間と見覚えのある92年式の古いジープ。
    パーク内のコントロールルームのスタッフ、ロウリーが着ているのは「ジュラシック・パーク」のロゴのTシャツ。

    しかしこれは1993年のシリーズ1作目を知らなければ何の意味も持たないため、ファンサービスの一環にしかなっていない。