映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「怪盗グルーの月泥棒 3D」のネタバレあらすじ結末

怪盗グルーの月泥棒 3Dの概要:今や子供から大人まで、幅広い世代に愛されることとなったキャラクター、ミニオン。お馬鹿っぷりが可愛らしいミニオンと、悪役のはずなのに憎めない怪盗グルーのコンビが心を掴んで離さない。

怪盗グルーの月泥棒 3Dの作品概要

怪盗グルーの月泥棒 3D

公開日:2010年
上映時間:95分
ジャンル:コメディ、アドベンチャー、アニメ
監督:クリス・ルノー、ピエール・コフィン
キャスト:スティーヴ・カレル、ジェイソン・シーゲル、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース etc

怪盗グルーの月泥棒 3Dの登場人物(キャスト)

グルー(スティーヴ・カレル)
世界一の悪党を夢見る中年男性。月を盗み出す計画を立てる。
ベクター(ジェイソン・シーゲル)
ピラミッドを盗んだ若き大悪党。何かとグルーの邪魔をする。
ネファリオ博士(ラッセル・ブランド)
グルーの相棒的存在。初老の発明家。
ミニオン(ジェマイン・クレメント)
不思議な黄色い生命体。グルーの元で働く。
マーゴ(ミランダ・コスグローヴ)
三姉妹の長女。真面目な性格。
イディス(ダナ・ガイアー)
三姉妹の次女。男勝りな性格。
アグネス(エルシー・フィッシャー)
三姉妹の末っ子。メルヘンなものに目がない。

怪盗グルーの月泥棒 3Dのネタバレあらすじ

映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

怪盗グルーの月泥棒 3Dのあらすじ【起】

近頃、世間はとあるニュースで持ちきりだった。何と、あの歴史的建造物であるピラミッドが盗まれたのである。元々ピラミッドがあった場所には犯人によってピラミッドの形をした風船が置かれていて、連日メディアがその現場に押し寄せていた。

この歴史に名を残す大犯罪を起こしたのは、ベクターという悪党だった。この事件をきっかけに、ベクターは世紀の悪党として名を馳せることとなる。一方、テレビの前でこの事件を不機嫌そうに眺めている人物がいた。彼の名前はグルー、彼もまた悪党の一人で、いつか世界を股にかける悪党となることを夢見ている中年男性だった。

相棒の発明家、ネフェリオ博士とその存在が謎に包まれている不思議な黄色の生命体、ミニオン達と日々悪行に勤しむグルー。自分の夢のため、真面目に悪党業に取り組んでいるグルーだったが、しかし彼の最近の活躍はイマイチパッとするものがなく、中々世間の注目も集まらない。グルーは悪党としてスランプに陥っていたのだった。

怪盗グルーの月泥棒 3Dのあらすじ【承】

グルーは、ベクターをも超える犯罪を自分が起こすしかないと考える。そして、ピラミッドよりも注目される盗みのターゲットとしてグルーが目をつけたのは、何と空に輝くあの月だった。それからというもの、グルーは月を盗む出すための計画を練り始めた。

しかし、その計画を実行するには巨額な資金が必要となる。そこでグルーは、悪党に金を貸し出している悪党銀行に赴き資金援助を頼むこととした。自らの計画をプレゼンテーションしたグルーに対して、オーナーは「縮ませ光線銃を持って来い」と命じるのだった。

その縮ませ光線銃は、東アジアのとある研究所に保管されている。そこで、グルーとミニオン達はその研究所に忍び込み、縮ませ光線銃を盗み出す計画を立てたのだ。その作戦はうまくいき、一行は見事光線銃を盗み出したのだが、それをベクターに横取りされてしまう。資金を手に入れるために何としてでも光線銃をベクターから取り戻したいグルーは、ベクターのアジトへと向かう。しかし彼のアジトは最新鋭のセキュリティーシステムに守られており、グルーは手も足も出ないのだった。

怪盗グルーの月泥棒 3Dのあらすじ【転】

しかし、そんなベクターのアジトに出入りしている者がいた。それは養護施設で暮らし、クッキーを売っている3人の少女達だった。ベクターはこの少女達に目をつけ、彼女達を使いベクターの家に忍び込む作戦を立てる。まずベクターは養護施設の施設長に掛け合い、3人を自分の養子とした。

しかしこの3人も中々の曲者で、家の中で勝手に暴れまわった挙句、地下に隠してあるグルーの研究所まで見つけてしまうのだった。そしてグルーは、3人にクッキー型の超小型ロボットを持たせ、ベクターの家に持ち込ませるのだった。そして見事、グルーはベクターの家から縮ませ光線銃を盗み出すことに成功する。

グルーは約束通り悪党銀行のオーナーに光線銃を見せた。しかし、なんとオーナーはグルーへの資金援助を断ったのである。実はオーナーはベクターの父親だったのだ。落ち込むグルーを見た少女達とミニオン達は、協力して小さなロケット作りを始める。そんな彼女達の温かい心に触れたグルーは彼女達に愛情を感じ、少しずつ距離を縮めていくのだった。

怪盗グルーの月泥棒 3Dのあらすじ【結】

しかし、そんな現状に危機感を持っている者がいた。グルーの相棒、ネフェリオ博士である。このままグルーが三姉妹に心を許していけば、いつかきっと本業に支障が出るに違いないと博士は考えたのだ。そして博士は、3人を養護施設へと戻してしまう。

落胆するグルーだったが、本業に打ち込み、縮ませ光線銃を使って見事月を盗み出すことに成功するのだった。しかし、ベクターもまた月を狙っていた。ベクターは少女達を誘拐すると、彼女達の命と引き換えに月を要求する。少女達を見捨てられないグルーは月をベクターに渡すが、ベクターは約束を破り、少女達をそのまま連れ去ってしまう。

グルーはベクターを必死で追いかける。そして激しい逃走劇の末、グルーは少女達をベクターの魔の手から救い出すのだった。そしてちょうどその時、縮ませ光線銃の効果が切れ、月が元の大きさに戻った。月を手にしていたベクターは、一緒に宇宙へと飛ばされてしまう。そしてその後、グルーは再び三姉妹を養女にすると、共に幸せな日々を送るのだった。

Amazon 映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』の商品を見てみる

関連作品

次作 怪盗グルーのミニオン危機一発偵

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ディズニー・ピクサー作品以外で日本でも唯一ヒットしたと言ってもいい「怪盗グルー」シリーズ。ストーリーは子供から大人まで楽しめる。吹替えの事だけが残念だった。海外作品の吹替えは、アニメ作品ではかなり重要だと思う。普通の洋画は字幕で観るけどアニメは吹替えで観るという人も多いと思うし、もちろん子供は吹替え版の方が見やすい。だからことアニメ作品に関しては作品自体の評価にも関わるように思うので、なんとかならないのかと思う。

  2. 匿名 より:

    日本吹替え版のグルーの声優を務めているのが、笑福亭鶴瓶である。もう一人、三姉妹の末っ子アグネスを芦田愛菜が演じている。が、アグネスはイメージ通りでそんなにセリフ量も多くはないので全然違和感はなかった。言いたいのはグルーの吹替えである。
    アメリカの作品にも拘わらず、関西弁のグルー。もうそのまんま鶴瓶のイメージしかない。
    ハリウッドの吹替えで関西弁というと、『LIFE!』での岡村隆史の吹替えが記憶に新しい。主人公を演じるベン・スティラーの声を吹替えしているのだが、酷かった。本業の声優でもない素人が、しかも関西弁をしゃべる。
    本当にここ最近のタレントの声優起用には勘弁してくれと思うのだが、今回の鶴瓶の演技はそこまで悪くはなかった。ただ、海外作品なのに、しかも訛りがある設定でもないのに、なんで関西人に関西弁のままやらせるんだろうとずっとモヤモヤしてしまい、そこだけ残念だった。

  3. 匿名 より:

    「怪盗グルー」シリーズでは、今ではミニオンが一番目立っていて人気がある印象だが、主役はグルー。
    アニメーションではディズニー・ピクサーが一番で、他は及ばないイメージがあったが、「怪盗グルー」シリーズはピクサーに並ぶほどヒットしている。
    偏屈で子供が大嫌いなグルーが三姉妹に対して徐々に心を開いていき、ハッピーエンドを迎えるストーリーは、子供だけでなく大人も十分楽しめるようになっている。家族で観るのもおすすめの作品である。