映画『キス・オブ・ザ・ドラゴン』あらすじとネタバレ感想

キス・オブ・ザ・ドラゴンの概要:ジェット・リー主演の2001年公開の香港アクション映画。レオンのリュック・ベッソンが製作で麻薬捜査のためにパリに来た捜査官が、警察官に騙され戦っていくストーリー。

キス・オブ・ザ・ドラゴン あらすじ

キス・オブ・ザ・ドラゴン
映画『キス・オブ・ザ・ドラゴン』のあらすじを紹介します。

麻薬捜査の捜査官として特別任務を任されたリュウ(ジェット・リー)は、北京からフランス警察の協力要請でパリにやってきた。
というのも、フランスと中国の間で麻薬の密輸を働いているギャングのソングという人物を協力して逮捕するためだった。

パリで現地の警察官リチャードと合流。
まさにソングを逮捕しようと張り込みをしていたその時、リチャードはソングを殺害。
さらにリュウにその罪を着せようとした。
実はリチャードは麻薬市場を独占する裏組織の警官だったのだ。

パリの歓楽街でエビセンベイの店を経営する人物を頼るリュウ。
リュウのように中国からの捜査でくる警察官を匿う任務を遂行する店だった。
そこでリュウは娼婦ジェシカと出会い、彼女もまたリチャードの策にはめられ娘を人質に取られたことを知る。

それを聞いたリュウは彼女の娘を助けるべく、リチャードの元へ向かう。
そして持ち前のスゴ技でバッタバッタと敵を倒していくのだった。

キス・オブ・ザ・ドラゴン 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2001年
  • 上映時間:98分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:クリス・ナオン
  • キャスト:ジェット・リー、ブリジット・フォンダ、チェッキー・カリョ、ローレンス・アシュレイ etc

キス・オブ・ザ・ドラゴン ネタバレ批評

映画『キス・オブ・ザ・ドラゴン』について、感想批評です。※ネタバレあり

ジェット・リーのアクションが映える映画

武術のスペシャリストジェット・リーの演技はメーカー見張るものがある。
とりわけアクションシーンは近年の香港映画で群を抜いて良いだろう。
体の小さな彼がダイナミックに欧米人と戦う姿はもはや美しささえ感じさせる。
リュック・ベッソンとジェット・リーが手を組むとこんなにもシンプルでいながら、アクションがド派手、な面白い映画できるのかと感心させられた。

納得いかないラスト

全体的にシンプルで何も考えないで見ていられるアクション映画である。
最初から最後まで楽しめる作りになっているのだが、ラストシーンが少々もの足りたない。
え?終わったの!?というくらいあっさり終わってしまい、ここだけ残念な感じが否めないのである。
もう少しラストを練って劇的に終わらせてくれたらもう少し記憶に残るものになっていたであろう。

悪役が見事

リュック・ベッソンの作品は悪役のキャラが無駄にたっている。
レオンの時もそうだが、演技が上手い俳優を起用したあげくバックグラウンドを紹介してみたりと何故か悪役に力を入れている。
本作品の悪役もかなり良い味を出している。
この悪役のおかげでジェット・リーのキャラも映えて見応えのある作りへと仕上げられているのだ。
良い映画は良い悪役、まさにそんな感じの映画である。

音楽センスの良さ

レオンもそうだがベッソン監督の映画は音楽が素晴らしい。
特に本作品はヒップホップの音楽がとりわけ格好よく、物語を相当もりあげえているのだ。
この辺りは監督のセンスの良さをかもし出していると同時に、シティ系の作風を演出している。

キス・オブ・ザ・ドラゴン 感想まとめ

この映画はカンフー映画にいれて良いものだろうか。
ジェット・リーが主演であるからカンフーに入るが、立派なフランス監督が演出するアクション映画である。
しかしながら、ジェット・リーが銃にも麻薬にも負けず持ち前のカンフーで闘うシーンは圧巻。
香港を代表する俳優である。
作品としても何も考えずに見て楽しめるエンターテインメントとして成立しているし、見ごたえもあり。
アクション好きにはたまらない1本になるだろう。
数々の名作に出演しているが、彼の魅力を発揮する1本。
武術映画を引退したジェット・リーのアクション映画を遡って見たいならまずこれである。

Amazon 映画『キス・オブ・ザ・ドラゴン』の商品を見てみる

コメント

  1. 営業主任 より:

    この作品、銃撃戦が山ほどでてくるが、ジェット・リーは最後まで1発の銃弾も発射してないことに気付いてるひとはどれだけいるんだろう。