映画『その男、国家機密につき』あらすじとネタバレ感想

その男、国家機密につきの概要:2010年にスウェーデンで制作されたモキュメンタリー映画。監督はエリック・エガーとマグヌス・オリーヴ。出演はヨーン・レクダル、ジョルディ・アルメイダなど。

その男、国家機密につき あらすじ

その男、国家機密につき
映画『その男、国家機密につき』のあらすじを紹介します。

その男、国家機密につき 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2010年
  • 上映時間:76分
  • ジャンル:ドキュメンタリー、サスペンス
  • 監督:エリック・エガー、マグヌス・オリーヴ
  • キャスト:ヨーン・レクダル、ジョルディ・アルメイダ、ジャック・フランケル、アンドレア・スーチ etc

その男、国家機密につき ネタバレ批評

映画『その男、国家機密につき』について、感想批評です。※ネタバレあり

フェイク・ドキュメンタリー=モキュメンタリーの世界

ドキュメンタリー風に作られているが、実際の内容はフィクションであるものをモキュメンタリー映画という。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の爆発的なヒットにより、近年爆発的に制作されているジャンルだ。低予算で作れる事のがメリットなのだが、逆にアイディアが重要になってくるのが難しいところである。

今作「その男、国家機密につき」は、歴史上の実在人物や過去のフィルムを多用するところなどがウディ・アレン監督の「カメレオンマン」を彷彿とさせて非常に意欲的である。

ヒトラーは生きていた!?

「オデッサ・ファイル」のようにナチスの残党を探す映画や、「ブラジルから来た少年」のようにヒトラーのクローン計画を暴く映画は過去には存在した。しかし実はヒトラーの自殺説はねつ造であり、その後も彼は生き続けていたのだという話はなかなか斬新である。荒唐無稽な話ではあるのだが、ニュース映像や歴史上の事件などを挿入してくるため、なぜか本当っぽく思えて来るのが可笑しくて仕方がない。

戦後、ヒトラーはムンチェンハウザーと名前を変えてアメリカに移り住んでいた。その足取りを追っていくのがこの映画のメインプロットである。彼はアメリカでジョセフ・マッカーシーの右腕となって政治界で暗躍をしたり、またキューバに移り住んではキューバ危機を引き起こしたりと大活躍を繰り広げる。しまいにはケネディよりも早く宇宙計画を実行に移そうとしていたというのだからもはや笑うしかないだろう。

さらには影にはドイツ人会なる謎の組織が存在していたり、果てには冷凍保存で近い未来に復活を試みているというSF的展開まで見せるのだからたまらない。もはやこれはコメディといっても過言ではないだろう。どこまでこの映画の嘘に付き合えるか、それがこの作品を楽しむコツなのではないだろうか。

その男、国家機密につき 感想まとめ

モキュメンタリー映画は、いかに本当っぽく嘘をつき続けるか、というのが重要なのだが、この映画はそこの水準を確実にクリアしていると思う。CIA職員やキューバ警護官など多数の人物が登場する所もリアルだ(もちろん彼らはあくまで役者に過ぎないのだが)。ジョセフ・マッカーシーの横に座っているヒトラーの図、という合成映像の出来も素晴らしく、最後まで観客を騙し続けようとする姿勢に好感を抱いた。歴史上のifもしもを空想するのは誰もが楽しい事であろう。作品の出来不出来は別にしても、もしヒトラーが生きていたらという発想からこれだけの映画を作り上げたのは、評価に値するだろう。

Amazon 映画『その男、国家機密につき』の商品を見てみる