映画『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEの概要:ルパン三世と名探偵コナン、大人気のタイトルがまさかのコラボ!以前TVスペシャルで放映された究極のタッグが再度映画館で復活。一流の探偵と泥棒の追いつ追われつが非常に面白い。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEの作品概要

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

公開日:2013年
上映時間:107分
ジャンル:アニメ、アクション、サスペンス、ミステリー
監督:亀垣一
キャスト:栗田貫一、高山みなみ、小林清志、浪川大輔 etc

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEの登場人物(キャスト)

ルパン三世(栗田貫一)
一度狙った獲物は決して逃がさない、世界を股にかける大泥棒。女好きなところが玉にきず。
次元大介(小林清志)
ルパンの相棒で、早打ちの名手。自分を独身貴族と称するクールな男。
石川五ェ門(浪川大輔)
ルパンファミリーの一員で、刀の使い手。斬れないものは何もない斬鉄剣を持つ。
峰不二子(沢城みゆき)
女泥棒で、ルパンの意中の相手。よくルパンを手玉に取っている。
江戸川コナン(高山みなみ)
本来は高校生工藤新一であるが、”黒の組織”に毒薬を飲まされ小学生に戻ってしまった探偵。
ルチアーノ・カルネヴァーレ(金尾哲夫)
アイドル、エミリオのプロモーターでその実マフィアのボス。アランとの取引に臨む。
アラン・スミシー(内野聖陽)
峰不二子を人質にとり、ルパンを自分のいいように利用している。チェリーサファイアという宝石を盗ませた。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEのネタバレあらすじ

映画『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEのあらすじ【起】

若い世代から絶大な人気を誇る怪盗、怪盗キッドが下町の月島で宝石を大胆にも盗み出す事件が起きました。しかし、悪の組織に無理やり飲まされた薬のため身体が小学生まで戻ってしまっている高校生探偵工藤新一こと江戸川コナンは、その犯行は実は怪盗キッドによるものではなく、怪盗キッドに扮したルパン三世によるものであることを見抜きます。

ルパン三世とは、知らぬ者はいないほどの世界を股にかける大泥棒です。そんなルパン三世が何故日本で盗みを働く事となったのか。それはルパンの最愛の人であるこれまた泥棒である峰不二子がアランという男に拉致された為でした。アランは不二子の首に爆弾を取り付け、不二子を助けたければ自分のいう通りに盗みを働くようにルパンに命じます。

そしてアランの次の狙いは、江戸川コナンが暮らす街、米花町に保管されている宝石、チェリーサファイアを盗み出す事でした。ルパンは華麗な盗みのテクニックで難なく宝石を盗み出すことに成功し、アランに手渡しました。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEのあらすじ【承】

その頃、日本には世界で爆発的な人気を誇るアイドル、エミリオがライブのために日本を訪れていました。しかし、そんなエミリオの元に一通の脅迫状が届きます。一時はライブの開催も危ぶまれましたが、ルパンの相棒であり凄腕のガンマンである次元大介がボディーガードにつく事でライブは何とか開催される事となりました。しかし、実は脅迫状を用意したのはエミリオ本人だったのです。

それを見抜いたコナンはエミリオに理由を問います。すると、自身のプロモーターであるルチアーノが、ライブの最中に闇取引を行おうとしていることをエミリオが打ち明けます。エミリオは、ライブが中止になればその取引も中止になると考えたのでした。しかし彼の願いに反して、ライブは開催される事となってしまったのです。

そしてライブ当日、エミリオの読み通りルチアーノはこっそりと会場を抜けるのでした。会場には脅迫状の相手からエミリオを守る為警察、そしてルパンが現れると聞きつけた銭形警部が来ています。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEのあらすじ【転】

そして、ルチアーノが闇取引をする相手はルパンを手中に収めているあのアランでした。アランはルパンに盗ませたチェリーサファイアを取引の材料として使い、ルチアーノはヴェスパニア鉱石という珍しい鉱石を取り出します。しかし他人に良いように使われ黙っているルパンではありません。ルパンは取引現場に姿を表し、取引を破綻させようと画策します。そこにエミリオから話を聞いていたコナンも加わり、探偵と泥棒の即席タッグが結成されました。

コナンが知り合いのFBI、ジョディに連絡しておいたお陰でその場は何とか収まります。しかし、なんと見た目が小学生の為一件か弱そうなコナンが、アランとルチアーノに拉致されてしまったのでした。軍用のジェット機で遠ざかる2人とコナンを、ルパンは逃げ出して来た不二子の協力で軍用機に乗り追いかけます。

追い迫るルパンを何とか振り切ろうと、ルチアーノはルパンに向かってガトリング砲をむけます。しかし不運なことにその弾丸自分の乗る機体に当たり、風圧でルチアーノは飛ばされてしまいました。また、アランは流れ弾に当たり命を落とします。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEのあらすじ【結】

死んだアランは、ルチアーノがヴェスパニア鉱石を盗んだジランバ共和国からの工作員でした。このヴェスパニア鉱石は、たった一つで現在の軍事を大きく変えてしまうと言われるほどの効力を持つ鉱石で、今回チェリーサファイアを渡す事でその鉱石を取り返せるはずだったのです。一方、ルチアーノはマフィアのボスでした。彼はヴェスパニア鉱石を手に入れ、結果としてチェリーサファイアという大きな宝石を手に入れる事で巨額の富を手に入れようと企んでいたのとした。

しかし、ルパンとコナンが現れたことによって2人の計画は破綻したのです。結果自分達の放った弾丸によってアランは命を失い、ルチアーノも遥か彼方へ飛ばされたわけですが、一方のルパンとコナンも無事ではすみませんでした。ルパンの乗る軍事機も銃撃を食らった為に降度を落とし、海へと突っ込みました。

その騒動に紛れ、世界中が喉から手を出して欲しがるヴェスパニア鉱石は海の底へと沈んでいきます。そしてルパンとコナンは潜水艦に乗って現れたルパンの仲間達によって助けられるのでした。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEの解説・レビュー

見どころと疑問

コナン君とルパン一味に面識があります。これは、TVスペシャル版を観ていない方には作中での理解に追いつかなくなる可能性があるのでここで軽く触れておきます。
コナンとルパンは敵対関係です。(探偵と泥棒)コナンと怪盗キッドの図式に近いと認識しておけば良いです。コナンと次元の関係も前回では、組んで動いていましたが、やはり敵対関係は変わらず…。
蘭にそっくりのお姫様が出てきて、ルパンとは別の悪役がいて、その悪役との対決がコナンチームとルパンチームに分かれて行われつつもたまにお互いのグループが絡む形です。
今作も似たような所を踏襲した作品ではあります。
劇中で前回の話が良く出ますが、それと今回の内容がごちゃまぜになる理由としては順序に沿わないで説明が出てる感が伝わります。
とは言え、見どころはやはり「両チームの掛け合い」でしょう。お互いの面白いところやポテンシャルを存分に見る事が出来る映画だと、私は思いました。
(なんだかんだ、コナン君がルパンに勝つのはまだ早いという事ですね。)

TV編との差

劇場版と銘打っているだけあって、登場キャラクターが豪華でした。そして、世界観の引き込みが逆になっています。今回の舞台は米花町。
ストーリーやテーマはあまり大きな変化がないのは残念。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEの感想まとめ

欲を言えば、キャラクターに削りを入れて内容進行を重視して欲しかったです。
派手な演出で興行を成功させたので、次回作があるのならば、内容の上、結論的な所をもっと見たいと感じました。例えば、コナン君とルパン三世の真剣対決や怪盗キッドとルパン三世の真剣対決など…。
近年では、TVで峰不二子が主人公の物語があったり、怪盗キッドが主人公の物語があったりするので、TV版でのスピンオフに期待したいと思います。
名探偵コナンの映画シリーズでは、ネタバレエピソードが含まれて作成されているので、コラボシリーズでは、ちょい脇役でも良いのでしっかり決着をつけて欲しいですね。
本来は個人の内面までしっかり移す内容であれば良いのですが、限界もあると思うので、決着という形で表現して頂ければと思います…。
内容を子供向けにしないといけないのもわかりますが…。

Amazon 映画『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』の商品を見てみる