映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦の概要:クレヨンしんちゃんシリーズの長編映画。泣ける事に定評のある同シリーズであるが、その中でも1、2位を争う程の感動的ストーリーと名高く、最後のシーンは涙なしではいられない。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦の作品概要

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

公開日:2002年
上映時間:95分
ジャンル:ヒューマンドラマ、SF、アニメ
監督:原恵一
キャスト:矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ etc

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦の登場人物(キャスト)

野原しんのすけ(矢島晶子)
5歳とは思えないほどの行動力と突飛な発想力を持ち合わせる幼稚園児。未来の自分からの手紙を受け取ったことにより、何と戦国時代へとタイムスリップしてしまう。
野原みさえ(ならはしみき)
しんのすけの母親。勝気な性格をしており、性格に癖のあるしんのすけ達を育てられる肝っ玉母ちゃん。
野原ひろし(藤原啓治)
野原家の大黒柱。普段はみさえに尻に敷かれがちなところがあるが、いざという時には家長としての責任感をしっかり発揮する。
野原ひまわり(こおろぎさとみ)
しんのすけの妹。まだオムツが取れない年齢にも関わらず既にイケメンと光り物が好きという流石野原家の一員といった性格。
井尻又兵衛由俊(屋良有作)
しんのすけがたまたま命を救う事となった侍。身分の違う廉姫に密かに恋心を寄せる。
春日廉(小林愛)
政略結婚のため大蔵井高虎の元へ嫁ぐ事となっているが、その心は井尻又兵衛由俊に向いている。
大蔵井高虎(山路和弘)
廉姫の許嫁。自身の勢力拡大に強い野望を持っており、廉姫と結婚する事でそれを叶えようとしている。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦のネタバレあらすじ

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦のあらすじ【起】

幼稚園生のしんのすけは、とある夜不思議な夢を見ました。それはある和服姿の美人な女性が、湖のほとりで花に口を寄せているという夢です。次の朝起きてみると、なんとしんのすけだけでなく家族全員がその夢を見ていたことが判明します。不思議に思いながらも多忙な時間の準備ですっかりその事を忘れ去ってしまいました。

しんのすけが幼稚園から帰ってみると、飼い犬のシロが庭の一箇所をひたすら掘り続けています。花咲か爺さんの昔話を思い出したしんのすけは、シロと一緒に穴を掘る事にしました。するとその穴の中から一つの箱が出てきたのです。中を開けると、「とーちゃん かーちゃんへ オラ天正二年にいる。お姫様は超美人だぞ。春日のお城は遠いから、お車で来た方がいいぞ。早く来てね。じゃ、そういうことで」」という文字が全て平仮名で、しんのすけ自身の字で書かれていたのです。ですがしんのすけにはそれを書いた記憶がありません。しかし次の瞬間気がつくと、しんのすけは見知らぬ場所に飛ばされていました。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦のあらすじ【承】

少し歩いたしんのすけは、戦場と思しき開けた場所に出ました。しんのすけは目の前に匍匐前進をしている2人の男を見つけ声をかけます。すると2人は焦ったようにその場から退散して行きました。その2人は武士、井尻又兵衛由俊を狙っていたのでした。

しんのすけに命を助けられた井尻は、礼にしんのすけに城内を案内します。しかしその途中、会話の内容が噛み合わないと気がついた井尻は、しんのすけが未来から来たのではないかと疑います。そしてそれはその通りでした。現在しんのすけがいる時代は天正2年、手紙に書いてあった年号でした。

一方現代では、行方不明になったしんのすけを巡り大騒動となっていました。しんのすけからの手紙を発見したひろしは、自分達も天正2年に行く事になると思い、車の中に荷物を詰め込み待機していました。しんのすけの話を聞いた井尻の幼なじみである廉姫は、しんのすけは今その手紙を書かなければいけないとしんのすけと未来の自分に向かって手紙を書き出しました。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦のあらすじ【転】

そして、その手紙を埋めた瞬間、なんとその場にひろし達を乗せた車が突如タイムスリップしてきたのです。一家は再会を喜び再び現代へ戻ろうとしますが、どうすれば戻れるのか皆目見当もつきません。その方法が分かるまで、一同は井尻の家に身を寄せることとしました。

幼なじみである廉姫と井尻は互いに密かに心を寄せていましたが、身分違いの恋は決して叶えられることはなく、廉姫には勢力拡大の為大蔵井高虎という男との縁談の話が浮上していました。しかし、ひろし達から未来の様子を聞いた廉姫の父の康綱は、未来では戦、戦国の世は終わりを迎え、武将毎の領土などなくなるという事実に驚きます。そして勢力争いに興味を失った康綱は、廉姫を大蔵井高虎の嫁にやる事を取りやめたのでした。

しかし大蔵井高虎は縁談を断られた事を口実に、康綱勢に戦を仕掛ける事としました。そしてその翌日、大軍が康綱の陣を取り巻き、収穫間際の作物を刈りつくすという非道を行なったのでした。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦のあらすじ【結】

井尻は何とか野原一家だけでも逃がそうとしますが、ひろし達は共に戦う事を決意します。そして車に乗り込み、何と敵陣に先陣を切って突っ込んで行ったのです。井尻達がその後に続き、戦が始まりました。激しい戦いの中、なんとしんのすけが敵の大将を倒したのです。大将が倒された事で戦は終結し、しんのすけにはその褒美として殿から褒美が授けられる事となりました。

しかしその帰り道、突然井尻が銃弾に倒れてしまいます。元々井尻はしんのすけが止めた2人匍匐兵に撃たれ死ぬ運命でしたが、しんのすけによってここまで命を永らえていたのでした。井尻は自分の命を永らえさせ、国と廉姫を守る時間をくれたしんのすけに感謝し、自身の小刀をしんのすけに渡し息を引き取りました。

そして別れの日がやってきます。ひろし達は再び車に乗り込み、現代へ戻る準備を進めていました。廉姫はしんのすけに自分が井尻を愛していた事、そしてこの先自分は誰に嫁ぐ事もないだろうという事をしんのすけに伝えます。そして野原家の車は湖から姿を消し、再び現代へと戻ってきたのでした。

Amazon 映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    間違いなくクレヨンしんちゃん史上最高傑作である。ちなみに私は小さいころからそして今もクレヨンしんちゃんファンで、映画は全作品観ている。どれもこれも面白くて大好きだけれど、それでも間違いなくこの作品がダントツであり、誰にでもお勧めしたい。

    クレヨンしんちゃんだからこそ感動するし、クレヨンしんちゃんだからこそ胸が熱くなるし、クレヨンしんちゃんだからこそ思いっきり笑える。ここまでずば抜けた世界観を持ってストーリーを語りきることができる作品は珍しい。文句ない100点の作品だ。

  2. 匿名 より:

    ラストがまたたまらない。クレヨンしんちゃんで人があんなに明確に死ぬことはもう先にも後にも又兵衛だけなのではないかと思う。あの死はどんなキャラクターも越えられない。そのくらい、重く美しい死にざまだった。彼のお礼の言葉のあと、しんのすけがただただ大粒の涙を流す。その涙がまた美しい。クレヨンしんちゃんの、コミカルでポップな絵柄なのに、だからこそ泣けるという不思議な感動だった。

    そしてラストシーンで廉が青空に浮かぶ雲を見上げて「見てるか、青空侍」というセリフでこの作品は幕を引く。本当に美しい終幕だった。

  3. 匿名 より:

    前作、オトナ帝国の逆襲と並んでクレヨンしんちゃん史上の最高傑作と謳われる本作。個人的にはこれが一番好きだ。好きだというには切なすぎて、今でも思い出すだけで涙があふれてくるほどである。

    まずキャラクターがいい。かっこいいのに不器用で、どんくさくて、しんのすけに振り回されながらも武士の誇りを失わない又兵衛と、気丈で明るくて、でも素直になれない美しい姫、廉という二人。また、廉の父も、彼らを取り巻く城の面々が本当に温かくて人間味あふれている。

    野原家はある意味脇役の様ではあるが、それでも野原家らしさは健在で、しんのすけのために全力を尽くすひろしとみさえの親としての優しさや強さもさることながら、戦に向かう前に家族を守ることと、やるべきことで思い悩むひろしの苦悩には胸を打たれる。又兵衛と廉を描きながらも、主役はきちんとしんのすけであり、野原一家の良さも描き切った作品だ。