映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』あらすじネタバレ結末と感想

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎の概要:「男はつらいよ」シリーズの第32作目。寅さんが寺の娘と一緒になるため本気で出家を考える。情緒あふれる備中高梁を舞台に、坊さんに扮した寅さんが大活躍する。マドンナは竹下景子。1983年公開の日本映画。

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 あらすじネタバレ

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 あらすじ【起・承】

葛飾柴又の帝釈天の参道にある「とらや」では、博(前田吟)とたこ社長(太宰久雄)が印刷会社の経営方針をめぐってけんかをしていた。そこへ備中高梁にいるという寅さん(渥美清)から“博の父の墓参りをしたいから寺を教えて欲しい”と電話がある。

墓参りを済ませた寅さんは寺の和尚(松村達雄)と娘の朋子(竹下景子)に引きとめられ、和尚と宴会をした挙句、そのまま一泊させてもらう。翌朝和尚はひどい二日酔いで法事に出られず、急遽寅さんが和尚の代役を務めることになる。

寅さんのニセ坊主は大変に評判が良く、寅さんはそのまま寺に居ついて和尚の手伝いをするようになる。父の3回忌で高梁を訪れた博とさくら(倍賞千恵子)と息子の満男(吉岡秀隆)は、坊主姿で法要に現れた寅さんを見て驚愕する。しかし“とても助かっている”という朋子の話を聞き、少し安心して東京へ帰る。

和尚には一道(中井貴一)という大学生になる息子がいたが、一道は写真家になりたいという夢を持っており、和尚の跡を継ぐ気はなかった。親子はとうとう大げんかをし、一道は勘当される。恋人のひろみ(杉田かおる)は必死で止めるが、一道は東京へ旅立ってしまう。

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 あらすじ【転・結】

和尚も朋子もショックを受けていたが寅さんの明るさに救われ、ますます寅さんを頼るようになる。町の人々は自分が婿養子に入るために寅さんが一道を追い出したのだとまで噂するようになっていた。

朋子は出戻り娘であり、和尚に“次に結婚するなら寅さんみたいな人がいい”と言っていた。ある晩、和尚の不注意でその話を寅さんに聞かれてしまい、翌朝寅さんは置手紙を残していなくなっていた。寅さんのいなくなった寺は殺伐とした空気になる。

柴又へ帰った寅さんは“出家したい”と言い出し、とらやの一同を驚かせる。寅さんは出家して朋子と一緒になることを本気で考えていた。しかし寅さんに厳しい修行ができるはずもなく、面倒を見ようとした御前様(笠智衆)を怒らせてしまう。

ひろみは一道に会うため日帰りで東京へ出てくる。一道は撮影スタジオでアルバイトをしており、なかなか仕事が終わらない。今日中に帰るというひろみをさくらたちが引きとめ、2人はなんとか会うことができる。

その数日後、今度は朋子がとらやへやってくる。突然の朋子の訪問に寅さんは舞い上がりバカ話ばかりしていたが、朋子はずっと何か言いたげであった。柴又駅のホームで朋子は寅さんに自分の想いを伝えようとする。しかし寅さんは話をはぐらかしてしまい、その態度に朋子は失望する。涙ぐむ朋子を見送った後、寅さんもまた旅に出る。

正月。博の家では印刷工場の一同が集まり、賑やかに新年を祝っていた。寅さんは瀬戸内海の因島で、いつか電車で会った男と再会を喜び合っていた。

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1983年
  • 上映時間:105分
  • ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
  • 監督:山田洋次
  • キャスト:渥美清、倍賞千恵子、竹下景子、中井貴一 etc

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 批評・レビュー

映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

寅さんは実はモテる

寅さんといえばいつもマドンナに片想いをして振られているイメージが強いだろうが、そんなことはない。本作でもマドンナの朋子は寅さんに惚れている。もちろん寅さんも朋子に惚れているから和尚の助手としてせっせと働いているのだ。つまり2人は両想い。普通の男女なら“それではお付き合いしましょうか”ということになるのだが、寅さんはそうならない。いきなり“所帯を持つ”ことを真剣に考えてしまうので、話がややこしくなる。

本作でも「朋子が好き=朋子と所帯を持つ=出家して寺の婿養子になる」と飛躍して考えすぎ、結局前へ進めない。非常にもどかしいがそれが寅さんなのだ。寅さんは自分のことを“遊び人だ”と言うが、寅さんほど誠実で純情な男はそういるものではない。それが寅さんの大きな魅力であり、だから寅さんはモテる。

一杯が二杯、二杯が三杯の法則

墓参りの後和尚と朋子に“お茶でもどうぞ”と引きとめられ、そのまま図々しく一泊した寅さんが、翌朝朋子に朝ごはんを勧められてこの「一杯が二杯、二杯が三杯の法則」を説明して帰ろうとする。(結局はそのままずっと居座ることになるのだが)

これはつまり「キリがない」ということを言っている。「続・男はつらいよ」でのセリフがわかりやすいので少し長いが紹介しておこう。“茶の一杯が二杯になり三杯になる。団子が出るか、また茶を飲むか、そのうち酒になるじゃないか。俺は一杯や二杯じゃすまねえぜ。気が付いた頃にはお銚子がずらっと並ぶんだ。さあ、もう腰が立たねえや。いっそのこと泊まっていくか。カラスかーと鳴いて朝になる。「おはよう!またお茶を下さい」、二杯になり三杯になる。団子が出るか、酒を飲むよ。どうする?俺は旅に行けなくなるじゃねえか”という法則である。

酒飲みならばこの法則の意味がよくわかるはずだ。こういう長ゼリフや口上をやらせると渥美清の右に出る者はいない。寅さんがこれをやりだすとファンは“きた!”と嬉しくなるわけで、“よ!日本一!”の一声もかけたくなる。これまた「寅さんファンの法則」だ。

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 感想まとめ

中井貴一と杉田かおるの若いカップルの初々しい恋が描かれている分だけ寅さんの出番が少な目だが、そこも含めて見ごたえのある作品だ。博の兄弟が遺産相続をめぐって言い争いをするシーンでは、長男、次男、三男、長女、それぞれの心理描写が素晴らしく、山田洋次監督の鋭い人間観察力が如実に表れている。

寅さんのニセ坊主ぶりは実に見事で爆笑必至。渥美清の底力を堪能できる。それにしても寅さんの恋は実らない。柴又駅での別れのシーンはあまりに切ない…。

Amazon 映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』の商品を見てみる