映画『イルマーレ(2006)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「イルマーレ(2006)」のネタバレあらすじ結末

イルマーレ(2006)の概要:ケイトはシカゴの病院で働くため、お気に入りの湖畔の家を引っ越した。次の住人に宛てた手紙をポストに入れておくが、なぜか手紙は前の住人であるアレックスに届いた。2人は手紙を通じて、思いを通わせるようになる。

イルマーレの作品情報

イルマーレ

製作年:2006年
上映時間:98分
ジャンル:ファンタジー、ラブストーリー
監督:アレハンドロ・アグレスティ
キャスト:キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、ショーレ・アグダシュルー、クリストファー・プラマー etc

イルマーレの登場人物(キャスト)

アレックス・ワイラー(キアヌ・リーブス)
建築家。父との間に確執がある。
ケイト・フォースター(サンドラ・ブロック)
新米医師。心優しい女性。
サイモン・ワイラー(クリストファー・プラマー)
アレックスの父親。有名な建築家。
モーガン・プライス(ディラン・ウォルシュ)
ケイトの元恋人。別れてからもケイトを忘れられず、アプローチをする。
アンナ・クリゼンスキー(ショーレ・アグダシュルー)
ケイトの同僚医師。サイモンの主治医。
モナ(リン・コリンズ)
アレックスの同僚。アレックスのことが好き。

イルマーレのネタバレあらすじ

映画『イルマーレ(2006)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

イルマーレのあらすじ【起】

ケイトはシカゴの病院で働くため、犬を連れてお気に入りの湖畔の家を引っ越した。シカゴの病院は患者も多く、医師のクリゼンスキーから慌ただしく説明を受けて患者を任される。アレックスは湖畔の家を購入した。家のポストに前の住人からの手紙が入っており、簡単な挨拶文と、“入り口の犬の足跡は前からあった”という追伸が書かれていた。だが、入り口にはそんな足跡など残っていなかった。

アレックスが入り口の塗装を塗り直していると、野良犬が走り抜けていった。入り口には手紙の通りに足跡が残った。バレンタインデー当日。ケイトは母と外でランチを食べながら、亡くなった父の話をしていた。母は父が持っていた本を持ち歩き、とても大切にしていた。その時、ケイト達の目の前の道路で事故が起こり、男性が道に倒れていた。ケイトは必死に救助活動をするが、男性は亡くなってしまう。

ケイトは心の傷を癒すため、湖畔の家を訪ねた。家は誰も住んでいなかったが、家のポストにはケイトに宛てた手紙が入っていた。そこには、湖畔の家には何年も人が住んでいなかったことが書かれていた。ケイトは間違いなく住んでいたことと、現在の西暦が2006年であることを手紙に書いてポストの中に入れた。

イルマーレのあらすじ【承】

アレックスはケイトの手紙に書かれていた住所を訪ねるが、更地のままだった。マンション建設予定地と書かれた看板を戸惑いながら眺めた。アレックスは再び筆を取り、マンションの完成が今から18ヶ月後であることを書いてポストに入れた。ケイトは戸惑いながらも、手紙が本当に2004年から届いているのなら、写真に書かれた日付の日に大雪が降るから注意しろと警告した。アレックスはケイトの話を信じなかったが、外を見ると雪が吹雪白く積もっていた。

アレックスは“こんなのあり得ない”とだけ書いてポストに入れた。家に入ろうとしたとき、ポストが勝手に動くのを見て慌てて中を開けた。そこには“そうかしら”と書かれた手紙が入っていた。その時、ケイトも勝手に動くポストを見ていた。中を開けると、“あり得ないことが起きている”と書かれた返事が入っていた。

ケイト達は手紙のやり取りを始め、お互いのことを手紙に書いた。アレックスは建築家として仕事をしているが、現在の仕事は収入のために仕方なくしていることを書いた。ケイトは手紙のやり取りから、同じ犬を飼っていることに気付いてジャックという名前だと教えた。

アレックスはお気に入りの散歩コースを地図に書きポストに入れた。時間を超え、ケイトはアレックスが辿った場所を散歩した。ケイトは一緒に歩けないことを淋しがったが、壁に“ケイト 僕は一緒にいるよ”というアレックスからのメッセージが書かれているのを見て、幸せそうに微笑んだ。

イルマーレのあらすじ【転】

アレックスは父のサイモンの元を訪ね、サイモンが設計した湖畔の家を買い取ったことを話した。だが、2人の間には確執があり、険悪な雰囲気になってしまう。

ケイトはちょっとしたゲームと称して、2年前に駅に忘れた父から贈られた本を見つけたら、ポストに入れてくれとアレックスに頼んだ。アレックスが駅に行くと、1組のカップルが別れを惜しんでいるのが見えた。電車の発車合図を聞き、女性は電車に乗り込んだ。すると、女性達の傍にあったベンチには、1冊の本が忘れられていた。電車に乗った女性は2年前のケイトだった。アレックスは電車を追いかけながら、ケイトの姿を見つめていた。

ケイトは元恋人モーガンに誘われ、ディナーに出掛けた。だが、入ったレストラン「イルマーレ」は人気店で、予約がずっと先まで埋まっていた。モーガンは恥をかいたことに腹を立て、過去の話を持ち出してケイトに八つ当たりをした。ケイトが男性とキスしていたことを、未だに引き摺っているのだ。

アレックスが同僚のモナからデートに誘われていると、ジャックが突然走り去ってしまう。慌てて追いかけると、ジャックはモーガンの傍で吠えていた。アレックスがモーガンに謝罪しながら話をしていると、夜に行われるケイトの誕生日パーティーに誘われる。アレックスはモーガンの存在に動揺するが、パーティーに伺うと返答してその場を離れる。

アレックスはモナと一緒にケイトの誕生日パーティーを訪れた。ケイトのことをただ見つめることしかできなかったが、家の前に座っていると、パーティーから抜け出したケイトが現れる。2人は本や初恋などについて穏やかに会話を楽しんだ。アレックスは真実を打ち明けられずに苦しむが、聞こえてきた曲に合わせてケイトとダンスを踊った。2人が抱きしめ合ってキスをしていると、モーガンとモナに見られ咎められる。

イルマーレのあらすじ【結】

サイモンが倒れて病院に運ばれるが、心臓発作で軽い症状だった。だが、早急に手術が必要で、主治医のクリゼンスキーは明日手術を行うことをアレックスに説明した。アレックスがサイモンを見舞うが、サイモンは心配されることを嫌がった。

アレックスはケイトに、湖畔の家は父が自分の手で建てたことを教えた。サイモンが建築家として無名だった頃に、妻へのプレゼントとして家を贈ったのだ。だが、有名になるにつれてサイモンは家族を顧みなくなり、耐えられなかった妻は家を出て行ってしまった。そして、妻は病に倒れて亡くなってしまう。サイモンは“家を出たときにあいつは死んだ”と言って妻の葬儀に出なかった。アレックスにはそれが許せなかったのだ。

ケイトは病院のカルテを見て、サイモンが手術をした日に亡くなったことを知る。同僚にシフトを変わってもらうと、慰めの手紙と2006年に出版されたサイモンの自伝をポストに入れた。サイモンの本には、湖畔の家と一緒に写るサイモンとアレックスの写真が使われていた。アレックスはその写真を見ながら泣き崩れた。

アレックスはケイトに会いたい思いが募り、“2年後”にイルマーレで会うことを約束する。ケイトは閉店まで待ち続けたが、アレックスは現れなかった。ケイトはショックを受け、今までの思いを手紙に書いてアレックスに別れを告げた。手紙にはバレンタインデーの日に事故で亡くなった男性を看取り、アレックスに慰められたことが書かれていた。

アレックスは手紙をポストに入れ続けたが、返事は返ってこなかった。ケイトはアレックスを忘れるため、モーガンと再び付き合うことを決める。アレックスは手紙を片付けると、湖畔の家の鍵をモーガンに託した。そしてモーガンの元に、アレックスの家から逃げ出したジャックが現れる。

ケイトは自宅の床下に隠されていた本を見つける。それは、ケイトが父から贈られた本だった。ケイトはアレックスを思い、その本を抱きしめた。2年後のバレンタイン。ケイトは家を改修するため、モーガンを連れてある建築業社を訪ねた。ケイトは事務所に飾られていた湖畔の家の設計図を見て、アレックスが描いたものだと気づく。だが、アレックスは2年前のバレンタインに亡くなっていた。

ケイトは湖畔の家に急ぐと、ポストに手紙を入れて祈った。手紙には2006年のバレンタインに事故に遭った男性がアレックスで、愛しているから会いに来ないで欲しいと書いた。そして、2年後に湖畔の家で会うことを約束した。ケイトがポストの前で蹲っていると、アレックスが現れる。2人はキスをして抱きしめ合った。

この記事をシェアする