映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のネタバレあらすじ結末

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の概要:アメリカでは誰もが知っている児童書である『世にも不幸せな物語』シリーズ。その大人気作品が、とうとう実写映画化。主演のジム・キャリーの流石というべき好演も必見。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の作品概要

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

公開日:2004年
上映時間:109分
ジャンル:アドベンチャー、ファンタジー
監督:ブラッド・シルバーリング
キャスト:ジム・キャリー、ジュード・ロウ、メリル・ストリープ、エミリー・ブラウニング etc

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の登場人物(キャスト)

オラフ伯爵(ジム・キャリー)
ボードレール家の財産を狙い続ける謎の男性。常に3兄弟の前に現れる。
クラウス・ボードレール(リーアム・エイケン)
ボードレール家の子供。本が好きで、多くの知識を蓄えている。
ヴァイオレット・ボードレール(エミリー・ブラウニング)
ボードレール家の長女。頭の良い発明家。
ミスター・ポー(ティモシー・スポール)
ボードレール家の遺産管理者。3兄弟に後継人を紹介する。
モンティおじさん(ビリー・コノリー)
3兄弟の後継人の1人。蛇の研究をしている。
ジョセフィーンおばさん(メリル・ストリープ)
後継人の1人。この世のあらゆるものに怯えている。
サニー・ボードレール(カラ・ホフマン&シェルビー・ホフマン)
3兄弟の末っ子。赤ちゃんで、噛む力が強い。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語のネタバレあらすじ

映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語のあらすじ【起】

とあるところに、ボードレールという三兄弟が暮らしていた。長女であるヴァイオレットは、無口ながらも常に何かしらの発明をしている天才児、その弟のクラウスは、本の虫で、あらゆる知識をその頭に詰め込んでいた。そして三番目、まだ赤ちゃんのサリーは、その強靱な歯で何でも噛み切ってしまうという特技を持っていた。

彼らは両親と共に、幸せな毎日を送っていた。しかし、その日々は突如として終わりを迎えることとなる。彼らの住む屋敷が火事となり、その炎と一緒に両親は亡き人となってしまったのだった。そうして、資産家だった両親が持つ莫大な遺産は、ヴァイオレットが引き継ぐこととなる。

その時、遺産管理者であるミスター・ポーが、兄弟の後見人としてオラフ伯爵という人物を紹介してきた。自らを俳優と名乗る伯爵は、ボロボロの家に住み、なんとも性格の悪い人物だった。そもそも、兄弟を引き取ったのもヴァイオレットの持つ遺産を横取りするためである。しかし、遺産はヴァイオレットがもう少し大きくならなければ入ってこない決まりになっている。それを知った伯爵は、兄弟を閉じ込めてしまうのだった。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語のあらすじ【承】

ヴァイオレットが成長するのを待っていられなくなった伯爵は、子供達を全員殺して遺産を自分が手に入れようと考える。伯爵は子供達を車に乗せると、何とその車を線路の上に停めたのだ。伯爵にロックをかけられたことによって、子供達は車から逃げ出すことができない。絶体絶命のピンチに陥る3人だったが、それぞれが自分達の特技を発揮することで、なんとか窮地を脱するのであった。

このことをきっかけに、ポーは子供達を違う人物の元へ預けることとする。次の後見人は、蛇の研究をしているモンティおじさんだった。風変わりだが心優しいおじさんとの日々を楽しむ3人だったが、ある日、助手として1人の男性が現れる。そして、それこそがあのオラフ伯爵だったのだ。

3人はオラフ伯爵のことを必死に訴えるが、中々モンティおじさんに聞き入れてもらえない。そして、子供達を引き取るためにはモンティが邪魔なオラフは、蛇の仕業に見せかけて、モンティを殺してしまうのだった。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語のあらすじ【転】

しかし、最終的にオラフの嘘は露見し、オラフはモンティおじさん殺害の容疑で警察に追われる身となる。再び後見人がいなくなった3兄弟は、次にジョセフィーンおばさんに預けられることとなる。彼女はこの世のあらゆるものに恐怖を感じている、少し変わった女性だった。彼女は、切り立った崖の上に立つ、ボロボロの家で1人暮らしていた。

安寧を手に入れたかのように思えた3兄弟。しかし、オラフは彼らのことをまだ諦めてはいなかった。ある日、買い物のために街に降りたおばさんと兄弟は、1人の船長と遭遇する。それは船長に化けたオラフだった。おばさんはオラフに気を許してしまい、その日の夜、遺書を残しおばさんは姿を消してしまう。

しかし、それも全てオラフがしかけたことだった。兄弟は協力して、おばさんの行方を追う。彼らはおばさんが残した暗号を見つけ、それを解き明かし、近くにある洞窟へと向かうのだった。そして、そこにはオラフに誘拐されたおばさんの姿があった。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語のあらすじ【結】

しかし、そこに現れた伯爵によって、子供達の助けも虚しくおばさんは殺されてしまう。また、その場面を見たポーは何を勘違いしたのか、伯爵が子供達を助け出したと考えてしまったのだ。こうして、再び伯爵が子供達の面倒を見ることとなる。

しかし、ここで伯爵は新たな事実を知る。なんと、相続人、つまりヴァイオレットが亡くなると伯爵は遺産を手に入れられないのである。唯一の方法は、伯爵とヴァイオレットが結婚することだった。そして、伯爵はサリーを人質に、無理やりヴァイオレットとの結婚式を開く。

妹を助け出すため、結婚を決意するヴァイオレットだったが、クラウスがそんな姉の窮地を救う。そして、子供達の訴えはとうとう大人に届き、伯爵は逮捕されたのだった。しかし、伯爵は陪審員をうまく味方につけ、忽然と姿を消したのだった。きっと、伯爵はまた彼らの元に現れることだろう。兄弟は焼け果てた自宅に戻り、明日を力強く生きて行く決心をするのだった。

Amazon 映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    シュールな「こびと物語」で始まり、エンドロールもオラフ伯爵VS3人の子供の追いかけっこが続く不思議な映画です。3人の勇敢な子供たちを紹介すると、長女ヴァイオレットは発明家。生活に役立つものを身の回りにある物(廃材等)で作ってしまうしっかり者。

    長男クラウスは読書家。広大な図書室で本を読みふけり、一度読んだ本は全て記憶するという。頭がよく頼りになります。そして、まだ赤ちゃんなのに存在感がスゴイ!末っ子のサリーは何でも噛む女の子。この子も頭が良くて大人の嘘をすぐ見抜いてしまう。

    なんだかこの映画に出る大人たちは皆、欲深く傲慢でダメ人間ばかり。子供たちが知恵と絆で困難を1つ1つ解決していく様を観ると、胸がスカッとします。本作の見どころは、3つ。まず、1つ目は、変装自在なオラフ伯爵VS子供3人の知恵くらべ。2つ目は、火事で亡くなった両親と望遠鏡の謎。3つ目は、エンドロールで流れる切り絵風アニメです。

    最後まで観客を楽しませようとする思いが徹底していて、何度も観たくなります。ただ、童話が原作ということもあり、つっこみどころ満載です。遠く離れた場所から巨大な虫眼鏡で火災を起こせるのか?とか、なぜ大人がヴァイオレットが無理やり結婚されそうなことにすぐ気が付かないのか?など変な点は多く、笑ってしまいます。

    銀行家のミスター・ポーや警察官が、オラフ伯爵をあやしいと思わないのも不思議です。大人になるということは、もしかしたら、疑問を持つことや立ち止まって考えること機会を失ってしまうことなのかもしれません。

  2. 匿名 より:

    大人と子供の知恵くらべという図式は、めずらしい物語ではないけれど、子供3人の知恵と絆がどんな困難にも勝るというダーク・ファンタジーです。大人がまぬけに見えるのがいい。映画もとても楽しいが、エンドロールに描かれる切り絵風のアニメーションが面白く心に残ります。全編をアニメーションにしても良かったのではないか。

    ティム・バートン監督なら人形アニメにしたのではと思う程、物語もオラフ伯爵、子供たちの全てが魅力的です。映画の冒頭から、”この映画は怖い映画です。観たくない人は映画館を出て下さい”というアナウンスするのも計算のうち。こんな事言われたら、観たくなりますよね。それから、レモニー・スケット役でジュード・ロウが出演しています。しかも声だけとか。

    カメオ出演が多い俳優なので、注意してみて下さい。オラフ伯爵役のジム・キャリーばかりではない俳優にもぜひ注目して下さい。

  3. 匿名 より:

    ジム・キャリーは、「マスク」(94)や「トゥルーマン・ショー」(98)でおなじみの個性派俳優。いつも強烈な存在感と笑いで魅せてくれます。本作では、3人の子供たちを執拗に追うオラフ伯爵役を派手に演じています。服装やメイクは違えども、台詞まわしが同じ!オラフ伯爵そのものなんです。おバカなキャラクターですが、不思議と憎めないのは、”子供たちを殺せないから”かもしれません。

    しかし、車に子供3人を残したまま、電車で轢き殺そうとした場面はさすがにやりすぎだと思います。子供に見せるのは遠慮したいです。とはいえ、テンポよく子供の前に現れ、すぐに正体がばれてしまう滑稽さなどユーモアたっぷりで楽しい。