映画『裁かれるは善人のみ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「裁かれるは善人のみ」のネタバレあらすじ結末

裁かれるは善人のみの概要:土地の収用を巡って、市長に対し一市民が友人の弁護士と共に訴訟を起こす。これにより危機を感じた市長は、あらゆる手を使って、密かにその家族と弁護士を陥れるのだった。作中、キリスト教での真実について語られるが、ストーリーとの対比として描かれている。

裁かれるは善人のみの作品概要

裁かれるは善人のみ

公開日:2014年
上映時間:140分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
キャスト:アレクセイ・セレブリャコフ、エレナ・リャドワ、ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ、ロマン・マディアノフ etc

裁かれるは善人のみの登場人物(キャスト)

コーリャ・セルゲーエフ(アレクセイ・セレブリャコフ)
車の修理工を営む男性。短気な面もあり、手先が器用。酒を飲むと暴力的になる。
リリア(エレナ・リャドワ)
コーリャの後妻。ロマとはあまりうまくいっていない。できれば事を荒立てたくないと思っている。
ディーマ・セレズニョフ(ヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ)
モスクワの弁護士。コーリャの友人で愛称はドミトリー。紳士的で友人思いだが、リリアの誘惑に負ける。
ヴァディム市長(ロマン・マディアノフ)
権力に溺れ、金でものを言わせる傲慢な男。世情に通じており、手回しに余念がない。
ロマ(セルゲイ・ポホダーエフ)
コーリャの息子で中学生。頭もそれほど良い方ではなく口が悪い。父を愛しているが、リリアに反発している。

裁かれるは善人のみのネタバレあらすじ

映画『裁かれるは善人のみ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

裁かれるは善人のみのあらすじ【起】

車の修理工場を営むコーリャは、妻と息子の3人家族。川の傍の小さな町で暮らしていた。ある日、コーリャの元に娯楽施設を建設するため、土地を収用せよと市の方から通告がある。
通告の土地は修理工場と温室と自宅がある場所で、取り上げられてしまえば生活ができなくなってしまう。土地の価格評価も随分と安い。コーリャは土地の収用を不当なものとして、市を訴えることにした。

モスクワで弁護士をしている友人ディーマは、コーリャの言い分を聞き協力。2か月かけて調査を行い市長の汚職の証拠を掴んだが、民事裁判では結局、敗訴してしまうのであった。

市長のヴァディムは世情に通じており、金と権力でものを言わせる人物だった。彼は市民を虫けらと呼んで憚らない。コーリャの土地を奪い、家族を追い出そうとしている。

判決が下されたその夜、酒に酔った市長がコーリャを訪ねて来る。コーリャとヴァディム市長は一触即発の勢いで口論を展開。双方共に酔っぱらっているため、口性がない。ディーマが冷静にその場を宥めてくれたお陰で、事なきを得た。

裁かれるは善人のみのあらすじ【承】

市長の本性を見たディーマは翌日、不法に侵入して来た市長を告訴しようとする。だが、検察や裁判所には、すでに市長の手が回っており、権限を持つ者が誰1人としておらず。そのせいで、コーリャは警察へと不当に勾留されてしまう。

ディーマは市長の元へ向かった。彼の過去をまとめた書類を出して交渉に入る。書類を見たヴァディムは土地の返還はできないが、請求してきた金の工面はできると言う。ディーマはひとまず、それで手を打った。

一方、リリアは警官の妻である友人の力を借りて、不当に捕まってしまった夫の釈放を頼んでいた。そして、家が取り壊された跡のことを考え、団地の部屋を下見させてもらう。
ディーマと合流したリリアは、彼から交渉結果を聞く。まだ決定ではないため、今後の動向を様子見といったところだろう。

ディーマの調査結果は思いの外、真相を得ていたらしくヴァディムはかんかんである。1年後には市長選挙が迫っており、この時期に過去の不正が暴かれてしまえば、彼の人生は終わりである。ヴァディムは部下達にディーマの素性を探らせるよう命令した。

コーリャはディーマとリリアのお陰で無事に釈放される。
翌日はコーリャの客である警官から射撃に招待されていた。コーリャ一家とディーマは、他の友人達と共に湖の畔へ向かう。射撃の的として空き瓶を並べ、まずは酒をコップ1杯ずつ飲み、酔った状態で的を狙う。外したら更に杯を重ねるルールだった。

的が無くなったところで小休止に入る。それぞれ自由に過ごし、コーリャは仲間達と車の傍で酒を飲んでいた。良い気分で酔っぱらっていたところへ、リリアとディーマの不倫を目撃した子供が叫びながら駆けて来る。コーリャは激怒して走った。

裁かれるは善人のみのあらすじ【転】

友情と夫婦間に亀裂が入った状態で、ヴァディムと会うことになったディーマ。山奥の人気のない場所へと連れて行かれ、拘束後に命を脅かされる。これ以上関わらずに手を引けということなのだろう。

どうにかコーリャの許しを得たリリア。早朝から工場へいつものように出勤。
ディーマはモスクワへ帰った。家では出て行くために荷物の整理を始める。
その最中、ロマは両親が自宅の地下で盛っているのを目撃してしまう。

ロマは元々、リリアに良い感情を抱いてはいない。それに加え、ディーマとの不倫騒動。ロマが好意を寄せる人々は皆、リリアによって傷つけられている。彼はそれが気に食わないのだ。ロマは感情に任せて、リリアが全てを壊したと叫ぶのだった。

その次の日からリリアが姿を消した。携帯も繋がらず、仕事場の工場にも出勤していない。外が暗くなっても帰宅せず。
リリアはもしかして、モスクワへ行ったのではないか。コーリャはそう考えていた。だが、行方不明者の捜索を願い出るには、3日は待たなければならない。ディーマへ何度も電話をかけてみるも、彼とも連絡は取れなかった。

3日目の朝。外は雨が降っていた。警官の友人がコーリャを迎えに来る。リリアが見つかったと言うのだ。パトカーに乗せられて向かった先は川の畔。そこには、息絶えたリリアが横たわっていた。

裁かれるは善人のみのあらすじ【結】

愛した妻も友人も、家も失ったコーリャは、深い悲しみから更に酒へと溺れていく。酔っていない時間がないほど、浴びるように酒を飲み続けた。全能の神はどこにいるのか。

翌早朝、警察の殺人課に強制連行されたコーリャ。自分にリリア殺害の容疑がかかっていることを知る。検視の結果、遺体には鈍器のような物で殴られた痕があり、その鈍器はコーリャの自宅付近から発見されたと言う。だが、彼にはさっぱりである。コーリャは殺人容疑で起訴されることになった。

ロマは警官の友人へ引き取られることになりそして、コーリャの家は無残にも破壊される。
裁判の結果、有罪と判決が下されたコーリャは、刑務所へ15年収監されることになった。その報告は市長であるヴァディムへも知らされ、彼は喜色満面として祝杯を挙げる。

市長ヴァディムの思惑は、まんまと成功を遂げたのであった。
季節は冬を迎え、町は白い雪で覆われていく。コーリャの土地には、娯楽施設が建設中だった。

Amazon 映画『裁かれるは善人のみ』の商品を見てみる