映画『ロスト・バケーション』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ロスト・バケーション』のネタバレあらすじ結末

ロスト・バケーションの概要:医学部生の主人公は母親の死により、自分の道を見失っていた。休暇を取り、母との思い出の場所であるビーチへとサーフィンに来た彼女は、そこで急死に一生を得る体験をする。サメとの息つく間もないアクションシーンは真に迫っている。

ロスト・バケーションの作品概要

ロスト・バケーション

公開日:2016年
上映時間:86分
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:ジャウマ・コレット=セラ
キャスト:ブレイク・ライヴリー、オスカー・ジャネーダ、ブレット・カレン、セドナ・レッグ etc

ロスト・バケーションの登場人物(キャスト)

ナンシー(ブレイク・ライブリー)
母の病気を治したくて医学部に入学したが、亡くなった為に自主退学している。趣味はサーフィン。気丈で賢い。妹と父の3人家族。
カルロス(オスカー・ジャネーダ)
現地人の気の良い男性。ビーチの近くに居住しており、1人息子がいる。

ロスト・バケーションのネタバレあらすじ

映画『ロスト・バケーション』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ロスト・バケーションのあらすじ【起】

テキサスに住む医学部生だったナンシーは、休暇を利用しメキシコにある秘密のビーチへ、サーフィンをしにやって来た。ここまで送ってくれた気の良いカルロスは、ビーチの名前を決して明かさなかったが、ビーチの沖ではサーフィンを楽しんでいる男性達が見えた。

意気揚々と準備を済ませ、海へ入るナンシー。透明度の高い美しいビーチで良い波も来る。正に秘密の場所だった。沖の青年2人と打ち解け、しばらくは3人でサーフィンを楽しむ。
休憩の為、一旦浜へ戻ったナンシーは、スマホで画像を眺める。母親の画像だ。このビーチにはナンシーの母親もかつて来た事があり、母との思い出の場所でもあった。

そこへ妹から着信がある。ビデオ電話で風景を見せると、妹は感嘆の声を上げた。電話中に父親と交代して会話。医学部を辞めた事を咎められる。ナンシーの母親は病気で亡くなった。母の病気を治したくて医学部に入ったナンシーだったが、母の死により道を見失っていたのだった。

じき夕方になろうとしている。青年2人はナンシーに注意を促して海から出た。たった1人、海に残ったナンシー。現れたイルカを追って沖に出る。向かった先には、浅瀬に乗り上げたクジラの死骸があった。クジラの体は鋭い牙で、至る所が抉られている。危機を感じたナンシーは急いで浜へ向かった。しかし、波に乗ったナンシーをサメの影が追う。彼女はサメにボードを押されて転倒。波に揉まれて前後不覚となった。

ロスト・バケーションのあらすじ【承】

浅瀬で転がり、ようやく海上へ出たナンシーだったが突如、足に食いつかれる。出血で赤く染まる海を、急いでクジラの死骸がある方へ泳いだ。クジラの上へ登り、自分の左足を確認。太腿を大きく抉られていた。彼女は足首につけていたバンドを、太腿に巻いて止血をする。

浜辺にはまだ、2人の青年がいた。必死で助けを呼ぶも声は届かず、無情にも車は走り去った。クジラの死骸が揺れる。サメが死骸を押しているのだ。ナンシーは必死にしがみついた。近くには遊泳禁止の目印としてブイがあったが、そこまで泳ぐには遠すぎる。だが、躊躇している場合ではない。サメが死骸へ突進。海へ飛び込んだナンシーは、泳いで近くの島へ上陸した。人が1人、横になれる程の小さな島だった。周囲には何もない。

太腿の大きな傷を2つのピアスで縫合。上半身に来ていたウェットスーツで傷を覆った。一先ずの応急処置だ。そうして、陽が沈む。ブイに明かりが灯った。
濡れた体には、夜気が酷く障る。ウェットスーツの片腕を破り、腕以外は着用した。バンドがきつすぎるのか、血流が滞って足が動かない。バンドを緩め、ウェットスーツの片腕を足に通した。

島には傷ついたカモメが1羽、ずっといる。周囲を見回すと、泳げる距離に自分のボードが浮いていた。カモメに声をかけると、驚く事に彼女の言う事を聞く。ナンシーは暗い海を泳いでボードを取りに向かうも、サメの背ビレが見えた為、急いで島へ戻った。

ロスト・バケーションのあらすじ【転】

翌日、満潮まで6時間。カモメが煩く鳴く。ナンシーは浜辺へと目を向け、昨日の青年2人の訪れを知る。彼らは能天気にも彼女の元へ向かっていたが、1人がサメに襲われる。もう1人は急いで島へ来たが、海中へ引き込まれてしまった。

満潮まで25分。サメは飽く事なく、島の周りを泳いでいる。血の匂いを追っているのだ。ナンシーはカモメを捕まえ、傷ついた羽を修復した。
サメの行動と距離を分析。襲われた青年が持っていた、水中カメラを拾いに向かう。傷だらけになりながらも、カメラを拾った。しかし、浅瀬にいたナンシーをサメが襲う。サメがサンゴに怯んだ隙を突き、元の小島へ戻ったナンシー。カメラの記録を見る。

満潮まで10分。カメラに記録を残して、浜辺方面へと投げ込んだ。左足は出血多量により、壊死が始まっていて力が入らない。ブイまでは、およそ30から40メートルと目測。カモメをボードの切れ端に乗せて逃がした後、大量のクラゲが出現。彼女は勇気を奮って、島から離れた。

クラゲの間を縫うように進む。クラゲに刺されつつブイへ辿り着くも、老朽化していた梯子が抜けて、ナンシーは海へ投げ出されてしまった。必死にサメへ攻撃して、ようやくブイへと乗り上がる。ほっと息を吐く。そこで、遠くの海を通る船を見つける。

ロスト・バケーションのあらすじ【結】

彼女はブイにあった信号弾を取り出して何度か撃つ。だが、船はその信号に気付かず、通り過ぎてしまう。絶望に打ちひしがれるナンシーを執拗に襲うサメ。
信号弾でサメに反撃をする。クジラの死骸から油が流れていた。そこへ弾を打ち込むと、火の手が上がり、サメにも引火。サメはブイへ突撃。古いブイは、ナンシーもろとも倒れてしまった。

更に追い打ちをかけるサメから必死に逃げる。ブイを留めていた鎖が外れそうになっているのを見たナンシーは、次の攻撃時に鎖へ掴まった。足のバンドを外して鎖に繋ぐ。留め金が外れた瞬間、彼女は鎖の重みで海底へ。それを追って来るサメ。錨には四方に鉄骨が突き出ていた。ナンシーがタイミングを計って身を翻すと、突進して来たサメは、突き出た鉄骨へ見事に突き刺さった。

浜辺でカメラの映像を見た少年は、父親のカルロスに助けを求めた。カルロスは浜辺まで流れ着いていたナンシーを救助。彼女は満身創痍で息を吹き返す。助かったのだ。羽を治したカモメも無事に、浜辺へとやって来ている。朦朧とした意識の中、ナンシーは母の笑顔を見た気がした。

1年後、テキサス州のガルベストンビーチに、回復したナンシーがいた。彼女は医学部を卒業し、無事に医師免許を取得。そして、父と妹を伴い再び、波乗りに向かうのだった。

Amazon 映画『ロスト・バケーション』の商品を見てみる